14歳以上 8.イベントサイト 「Future Gateway~未来とつながる5G×XR~」 https://www.takanawa-gateway-fest.com/event/event_detail/1003, Magic Leap社の軽量なウェアラブルヘッドセットで、リアルとデジタルを融合したインタラクティブな世界を提供する。モニターがなくても、シームレスにデジタルコンテンツに見て触れることができる。 ※受付状況に応じて、体験予約を行う場合がある。 「Takanawa Gateway Fest」 開業と同時に、案内ロボット、清掃ロボット、警備用ロボットがすでに実証実験を始めている, この実証実験では、消毒作業ロボットや軽食・飲料搬送ロボット、手荷物搬送ロボットやパーソナルモビリティを使用している, マッピング情報をもとに各種センサーで現在地や目標物を認識し、消毒剤を噴霧していく。通路が90度曲がっている部分もスムーズに向きを変えて移動する, CLINABOCL02(クリナボシーエルゼロ2)。開発元は日本信号とCYBERDYNE。吸塵型清掃ロボットの上部に消毒剤噴霧機能を搭載したもので、駅での運用に必要な点字ブロックやエクスパンションの乗り越えも可能, Whiz(ウィズ)。開発元はソフトバンクロボティクス。こちらも吸塵型清掃ロボットの上部に消毒剤噴霧機能を搭載したもので、床と同時に壁やドアノブなどの消毒作業を行なえる, PATORO(パトロ)。開発元はZMP。パトロールと消毒作業を行なう自律移動型ロボット。複数のカメラを搭載するほか、コミュニケーション用として表情を変えられる大型ディスプレイを前面に搭載している, 手荷物搬送ロボット。開発元はオムロン ソーシアルソリューションズ。手荷物を荷台に乗せ、利用者を目的地まで案内する。前面の大型ディスプレイには広告などを表示することもできる, Lifter付きSEED-Mover。開発元はTHK。軽食や飲料の運搬を想定したパーソナルサイズの小型配膳ロボット。この日は2階の通路から3階のミーティングスペースの前までホットコーヒーを運搬。フロア移動に使うエレベータは自動で乗り降りする(エレベータの操作は手動), DANDY AUTO-PILOT。開発元は花岡車輌。山手線をイメージした小型搬送ロボットで、軽食や飲料を目的地まで運ぶ。3階の通路からミーティングスペースの前までアイスコーヒーを運搬した, FRUTERA(フルテラ)。開発元はアンドロボティクス。軽食や飲料を目的地まで運ぶ搬送ロボットで、通信障害に強いWi-SUN無線通信を採用しているのが特徴。ミーティングスペースに準備された操作ボタンを押すと、通路に待機していた本機がスペース内のテーブル近くまでお菓子を運搬。終了操作をすると自動的に転回して元の位置まで戻った, 歩行領域EV(立ち乗りタイプ)。開発元はトヨタ自動車。2~10km/hで移動できる3輪車型のパーソナルモビリティ。駅や空港、工場など大規模施設での巡回や警備、手荷物を持った移動を目的としている, WHILL NEXT。開発元はパナソニック。車体はWHILLの「Model A」で、パナソニックの衝突防止機能を搭載したモデル。車いすタイプのパーソナルモビリティで、先頭車両を自動で追従する機能を持つ, 東日本旅客鉄道株式会社 技術イノベーション推進本部 データストラテジー部門部長 佐藤勲氏. JR東日本(東日本旅客鉄道)は7月27日、田町駅~品川駅間に3月14日に開業した高輪ゲートウェイ駅で行なっているるロボットによる実証実験を報道公開した。, 現在、駅周辺で行なわれている「品川開発プロジェクト(第I期)」(2024年開業予定)における導入を目指して、実証実験が進められている。, 高輪ゲートウェイ駅では、JR東日本グループが検討している最新の駅サービス設備の導入に向けた実証実験が各所で行なわれている。車いすの利用者でもタッチしやすい最新改札機や、天井に取り付けられた50台のカメラで人の動きを感知して会計処理を行なう無人コンビニもその一つだ。, 今回公開したロボットの実証実験では、消毒作業ロボット3台、手荷物搬送ロボット1台、軽食・飲料搬送ロボット3台、パーソナルモビリティ2台が使われている。, 消毒作業ロボットは、マッピングした情報をもとに人が歩く程度のスピードで自律移動し、手すりやベンチなどに霧状にした消毒剤を噴霧する。消毒作業は人通りがなくなる終電後の夜間を想定しているが、複数のセンサーを搭載し、人や障害物を自動的に避ける機能も搭載されている。, 手荷物搬送ロボット、軽食・飲料搬送ロボット、パーソナルモビリティは、まちづくり共創パートナー向けに実証実験が行なわれているものだ。まちづくり共創パートナーとは、品川開発プロジェクト(第I期)においてJR東日本と協業するパートナー企業であり、通常非公開エリアとなっている高輪ゲートウェイ駅の改札外2階および3階に設けられた「Partner Base Takanawa Gateway Station」において、意見交換や実証実験を行ないながら再開発を進めている。そのパートナー向けに、おもてなしと未来を体感してもらうために用意されたのが前記した3台だ。, 手荷物搬送ロボットは、利用者の手荷物を目的地まで運搬するもので、将来的にはインバウンド需要も想定しつつ、開発エリア内の物流への活用を目指している。軽食・飲料搬送ロボットは、お菓子などの軽食やコーヒーなどの飲料を非接触でオフィスや執務スペースなど屋内の利用者に届けるものだが、将来的には公園などの屋外空間での活用も見込んでいる。パーソナルモビリティは、Partner Base Takanawa Gateway Stationでの移動に際して快適性と新しい移動体験を提供するものだ。, 取材に対応したJR東日本 技術イノベーション推進本部 データストラテジー部門部長の佐藤勲氏は、「高輪ゲートウェイ駅は新しいイノベーションの発信拠点として位置付けておりまして、今までもいろいろなタイプのロボットの実証実験であったり、無人店舗の導入などを進めてきました。現在新たにご利用者がより安心して利用できるように新しいタイプのロボットの実証実験を始めています」と、今回公開された実証実験の目的を説明。, 今回の実証実験に使われたロボットについては、「開業後は社会状況の変化により、パブリックシーンにおける消毒作業、非接触でお客さまに物を届けるというのが重要になってきています。そのような理由から今回は消毒作業のロボット、搬送ロボットの実証実験に取り組んでいます。また、2024年に完成が予定されている品川開発プロジェクト(第I期)のオープンに合わせて、お客さまが自由にスムーズに移動していただくためのパーソナルモビリティの導入に向けてテストしています」と答えた。, JR東日本、高輪ゲートウェイ駅前で「Takanawa Gateway Fest」開催。仮囲いにアート作品を展示、トートバッグに再活用, 高輪ゲートウェイ駅は「無人決済店」「AIを活用した案内/警備ロボット」などJR東日本の「やってみよう」が盛りだくさん, 「高輪ゲートウェイ駅」開業に向けた品川駅の「山手線」「京浜東北線」線路切換工事を公開, JR東日本、山手線/京浜東北線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」公開。2020年春開業に向け“9割方”完成, JR東日本のQRコード対応自動改札機を初体験、新宿駅・高輪ゲートウェイ駅で実証実験スタート. Impress Corporation. 2020年8月27日(木)~2020年8月28日(金) jr東日本(東日本旅客鉄道)は7月27日、田町駅~品川駅間に3月14日に開業した高輪ゲートウェイ駅で行なっているるロボットによる実証実験を報道公開した。 4.実施場所 ※ 本イベントはリアルタイムの遠隔コミュニケーションは実施しない。 6.参加方法 XRとは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR)複合現実)といった仮想空間を活用した先端技術の総称。, 1.イベント名称 本イベントスペースにて、開催日当日先着にて参加受付予定 7.参加費用 Fest」サイトにて確認のこと。 All rights reserved. そのゲートを通し、世界各国の人や、観光地とのMRを使ったコミュニケーションイメージを楽しめる。 2020年7月23日(木)~2020年7月26日(日) 3.実施期間・イベント開催日 2020年8月13日(木)~2020年8月16日(日) Copyright ©2018Impress Corporation. 2020年7月16日(木)~2020年7月19日(日) ※”Takanawa Gateway Fest”の来場には事前Web予約が必要。 All rights reserved. ドコモは、今後も最先端の空間コンピューティング技術と5Gの持つ高速・大容量・低遅延といった特長を融合し、XRサービスの創出と市場の拡大をめざす。 ※イベント開催日は予告なく変更となる場合がうる。最新情報は「Takanawa Gateway 以下日程、各日 午前11時~午後7時40分(予定) 「Takanawa Gateway Fest」ではさまざまな最新技術を駆使した体験イベントが予定されている。, ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。, 【日本初】5G×XR「Magic Leap 1」ドコモとJR東日本が高輪ゲートウェイ駅前で高速通信と仮想現実の体験イベント開催, https://www.takanawa-gateway-fest.com/event/event_detail/1003, https://www.nttdocomo.co.jp/product/magicleap1/, 最新技術と未来を描くイベント「Takanawa Gateway Fest」高輪ゲートウェイ駅前で7/14開幕 迫力映像や顔パス、モビリティ体験など, 【速報】ドコモ「未来とつながる5G×XR」を高輪で体験してきた マジックリープ1の仮想空間で近未来の5Gコミュニケーション体験, 動く広告塔「HOSPI Signage」が電動モビリティを誘導 駅利用客の移動をサポート パナソニック「高輪ゲートウェイ駅」で実証実験, パナソニックが改造WHILLで自動追従と自動停止機能の実証実験 高輪ゲートウェイ駅で MaaS活用をにらむ, 高輪ゲートウェイ駅での実証実験に花岡車輌が無人搬送車を出展 9月1日から軽食、飲料の搬送する実証実験を予定, ドコモが5G時代の新たなソリューション創出をめざす「docomo 5G DX AWARDS 2020」の募集期間延長 7月末まで, NTTドコモが小型軽量なMRヘッドセット「Magic Leap 1」を正式発売 リアルとデジタルがシームレスに融合したMR空間とは, 5GとARスマートグラス活用の遠隔作業支援システム「AceReal for docomo」発売 ドコモとサン電子 遠隔から現場作業を支援, NTTドコモ「docomo 5G DX AWARDS 2020」入賞企業決定!最優秀賞ほか最終選考10社と応募内容を発表, 配膳ロボット「フルテラ」がお肉をテーブルまでお届け!下膳もOK 「個室ダイニング 天空 品川港南口」が実証実験, ロシアNIS貿易会がVR空間でイベント「Beauty Fair Japan 2020」を開催 ロシア化粧品・美容製品市場に進出する日本企業を支援, メカ好き集まれ!ゼンマイ仕掛けで動くステンレス製の組み立てキット「Time for Machine」 全7種、Makuakeで先行販売開始, 「ぷよぷよ」のソースコードを使ってプログラミング学習する『ぷよぷよプログラミング』が日本電子出版協会会長賞を受賞, ドコモがスマホアプリ対応の通信型ドライブレコーダーと「ドコモ ドライバーズサポート」を発表 家族と繋がる. 「Takanawa Gateway Fest」内の本イベント周辺エリアでは5Gネットワークが利用できる。このイベントでは、「Magic Leap 1」で表現される大容量の映像データを、5Gネットワークを活用して配信する。体験者が複数人同時にイベント体験している間も、遅延なくスムーズな再生を実現する、としている。 NTTドコモは、2020年7月16日(木)から、「JR高輪ゲートウェイ駅」の駅前特設会場にて東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)が開催する「Takanawa Gateway Fest」で、2社共催のバーチャルコミュニケーション体験イベント「Future Gateway~未来とつながる5G×XR~」を開催する。 詳細は下記。 2020年8月6日(木)~2020年8月9日(日) 体験者が「Magic Leap 1」を装着すると、目の前に現れたゲートが開き、未来の高輪の街が出現。 2020年9月3日(木)~2020年9月6日(日) 2.内容 5.参加条件 このイベントのコンセプトは、「5G」が普及した未来のコミュニケーション。現実と仮想を組み合わせるウェアラブルデバイス「Magic Leap 1」(マジックリープワン)と、高速・大容量通信が可能な5Gを活用することで、世界各地の人と今までよりもリアルで新しいコミュニケーション体験を楽しむことができる。参加は14歳以上が対象で、料金は無料。なお、ドコモの5Gネットワークを活用して体験できる「Magic Leap 1」のイベント開催は日本初。(冒頭の画像は体験イメージ), このイベントでは、新型コロナウィルス(COVID-19)感染防止対策を実施した上での運営が行われる。具体的な対策内容はTakanawa Gateway Festウェブサイトで公開するが、同時入場者数を当初予定の半数以下に制限、VRゴーグルなど直接身に着ける機材は使用毎の消毒を徹底するとしている。 2020年8月20日(木)~2020年8月21日(金) 無料 「Future Gateway~未来とつながる5G×XR~」 「JR高輪ゲートウェイ駅」 駅前特設会場 “Takanawa Gateway Fest” イベントスペース 2020年7月30日(木)~2020年8月2日(日) NTTドコモは、2020年7月16日(木)から、「JR高輪ゲートウェイ駅」の駅前特設会場にて東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)が開催する「Takanawa Gateway Fest」で、2社共催のバーチャルコミュニケーション体験イベント「Future Gateway~未来とつながる5G×XR~」を開催する。 https://www.nttdocomo.co.jp/product/magicleap1/