効果が弱まってくると、「邪悪を赦さぬ世界(−1)」名義のように数字で弱体度合いがわかるのだが、超存在たる異聞帯の王とまともに戦える段階になるまでは、たとえデバフが弱体化することはあっても、消えることはない。 すべての『悪』の排斥のため廻り続ける世界で、カルデアのマスターを待つものとは———, 戦闘で注意したい点は、異聞帯の王が世界そのものの創造と破壊を管理しているレベルで支配しているため、プレイヤーサイドのサーヴァントがデバフによって抑えつけられ、十全に力を発揮できないこと。 ペペは定例会議で発言の多さの割に自身の異聞帯の状況を語っていなかったが、その実、ベリルの心配をしている場合ではないぐらい自滅寸前の状況に成り果てており、「どうしようもなく詰んでる」と判断するのも納得の有り様であった。 【予想】人権水着アビーちゃん楽しみ → アビーちゃんって来たらクラスは何になるの?w, 【ネタ】フレリストって数回他クラスのリストタップしたら再度更新できるんだなwwww⇒●●だぞ・・・wwww, 【鯖】和鯖はりゅーたん以外が変態・馬鹿・頭がおかしいのどれかに当てはまるなwwwww, 【ストーリー】というかBB今回やらかしたこと割と洒落になってないと思うんですけどねwwww, 【予想】スカスカ師匠は回復持って無さそうだから結局●●と並べて使うことになりそうwwww, 【イベント】北斎のところまで進んだけどここ流石に悔しさ出し過ぎじゃない?wwwww. 前述の悪魔獣・カリも、その実態はインドの地の抑止力が生み出した存在であり、この急激な変化に対する大地の悲鳴と呼ぶべきものであった。それが現地の住民を殺傷するだけの存在になってしまったのは、皮肉というほかはない。 神を信じる人々はカリに襲われた者は逆説的に「善性を失ったから」「祈りが足りなかったから」と決めつけるが、実際問題本当にそうだったのかは誰にもわからない。 そして神が完全なる世界の完成を急ぐあまり、ユガの周期は短縮され続け、現在では再生から荒廃まで約10日、周期回数は5桁という極まった異常な短さと回数となっており、「年」やら「月」といった長期の時間を取り扱う概念が人々から失われつつある。 4 : Genesis Destruction Cycle: Yuga Kshetra: The Black Final God! 第2部 第4章「Lostbelt No.4 創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神」Lostbelt No. 中国異聞帯同様、版図が拡大している様子が見られないが、その異聞深度は格段に高い。 状態変化として、初期から「邪悪を赦さぬ世界」によって「Quick・Arts・Busterの性能全て」「HPの回復効果量」「弱体耐性」が下がっている。 「ユガ」とはいわゆる世界全土の輪廻転生の周期を意味しており、ユガが進む前ならば穏やかで豊かな環境だった大地(年季の入った引きこもりですら「あ、世界キレイ。お花畑キレイ」となるほど)も、ユガが進むと見違えるほど荒れ果て、地面は乾燥して植物は軒並み枯れ朽ち、砂に覆われた天候に包まれ生物が生息するにはおよそ適さない環境へと急変する。住民の心も、まるでそれに連動するかのように荒んでいく。そして、最終的には世界そのものが破壊されるが、輪廻によって新しく再生する。 『海外の反応』ソードアート・オンライン アリシゼーション 第16話 アニメ 『海外の反応』ダンジョンに出会いを求めるのはまちがっているだろうかⅢ 第6話「リューさんベストガール」「ベル対ディックス … 異聞帯が「異変を境に世界のあり方が決定的な変化を終えた世界」とするなら、この世界は「いまだ変化の過程」であるためこの定義に当てはまらず、その性質はどちらかというと特異点の状況に近いという異例のもの。 FateGo最速アンテナ 『FGO(フェイトグランドオーダー)』の攻略wikiです。最新のイベント攻略情報や素材の集め方、サーヴァントのランキングやクエストの攻略方法などを掲載。初心者にもわかりやすいように攻略方法を解説しているので、FGO(FateGO)攻略の参考にどうぞ! それは繰り返す破壊と再生、崩壊と創造の神話。 更に「悪」とみなされる「不完全」の基準は極めて潔癖で、心に善性がない者が排除されるのは一例に過ぎない。 そしてユガが一巡する滅亡〜創世の際に「消去」され、初めからそんな者など存在しなかった世界に改変された状態で再編される。 シャドウボーダーがこれを探査するも全く手ごたえがなく全てが弾かれている感覚を受け、担当のペペロンチーノも「四角」と便宜的に呼称しているその物体を不可解に感じており、デイビットの所感ではこの異聞帯にとってのアキレス腱と予想されている。 この急速な輪廻の行き着く果ては「完全なる世界」ではなく「完全なる無」。 さらに本章からはNPCサーヴァントに概念礼装が装備されるようになった。 また、シャドウボーダーが最初にこの異聞帯へ突入する際、虚数空間から浮上する時のアナウンスで「汎人類史残存数値」という用語が登場した。 ストーリー上で現在ユガがどの段階にあるかが重要であることから、ユガの切り替わりはストーリー上で円盤が表示される形で明確にプレイヤーへと伝えられる。 つまり、文字通り「神という"一個人”に不要と"認識"されるか否か」だけで全てが決まっており、どんなに邪悪でも神がそれに気づいていなかったら次のユガに残る。善なる人でも神にそう「誤解」されてしまったら次のユガに残れない。 ここまでおかしくなったのは、「異星の神」の使徒の1人が介入したことがきっかけであった。第2部1章におけるクリプターの定例会議ではペペが自分の異聞帯の異変を少しだけ報告しているため、少なくとも数ヶ月前あたりを境にこの状況が出来上がっていったようである。 この仕様変更は本章以前の既存のメインストーリーにもやや遅れて反映され、話に関わるゲストを実戦で無理なく活用する機会が増す事となった。, シオン・エルトナム・ソカリスが言うには、膨張と収束を繰り返す謎の異聞帯で、PVではノイズがかかり常に揺れ動いているという意味深な演出があった。 FGOまとめアンテナ 前章「人智統合真国シン」の2018年11月末から、約8ヶ月弱という今までの倍の期間を開けて本章は実装される事になり、その間やきもきさせられたユーザーも多数。 タイトルの文字列と併せて観察してみれば、「創世⇔滅亡」「膨張⇔収束」と、対になる単語が2組も存在している。 過剰なペースで破壊・修正・再生を早回しした事で、輪廻の度に住民の記憶の整合性に明らかな破綻が見られていく。ちなみにこのユガ(小ユガ)の繰り返し自体も、より大きな単位のユガの一部であり、その大きな単位のユガ自体が終焉に近づいていた(大カリ・ユガ)。だが、そこに待っているものは、不完全な存在の排除が終わった世界の完成ではなく、輪廻の繰り返しに耐え切れない異聞帯そのものの崩壊であり、カルデア一行が来訪した頃には小ユガの輪廻数回という猶予しか残っていない有様に陥っていた。 以降もクオリティ重視の為、以前の半分の密度でシナリオを進行していく事が公表された。 また、空想樹も目立つ形で明確に目視できるため、空想樹の捜索によけいな手間をかける必要は感じさせない。