化粧品は、euで販売されるためには、1人の責任者がそれに割り当てられている必要があります。 この人は前と製品が市場に置かれた後、両方のeuの化粧品規制で、この製品の適合を確認する必要がありま … (1)EUでは、1967年に導入し数次の改訂を経て実施されている既存の化学物質規制制度があるが、同制度の下では、1981年9月18日を基点に、「新規化学物質」と「既存化学物質」を分類している。新規化学物質については、EU指令 67/548/EECに基づき、製造・輸入業者が行った安全性評価を基に行政が審査を行い全ての物質の安全性を確認している。一方、約3万種類が市場に流通しているとされている既存化学物質については、EU規則 793/93に基づき、行政が安全性評価を行い規制等の措置をとっ … 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2019/08/19/SUNSCREEN-REGULATIONS-IN-THE-WORLD-FROM-EUROPEAN-UNION-USA-CANADA-TO-CHINA, EUの「○○フリー」表現への規制について書かれたガイダンスは、化粧品最終製品において「何は容認され」「何は容認されないのか」がまとめられていますが、依然として混乱は残っているようです。


それを受けて、いま業界を知っておくべき内容がまとめられています。 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2019/11/08/REACH-RESTRICTED-SUBSTANCE-LIST-FOR-COSMETICS-MICROPLASTICS-TATTOO-INK-AND-PMU-CYCLIC-SILOXANES, Cruelty Free International(クルーエルティフリー インターナショナル=動物実験廃止を求める国際団体)がその認証の証としている「跳躍するバニー」の人気が高まっており、その認証手続き中の案件が200を超えるような状態になっているようです。 TRADE DIRECTORATE-GENERAL, Policy Coordination Unit, European Commission, Commission Implementing Regulation (EU) 2016/670 of 28 April 2016 introducing prior Union surveillance of imports of certain iron and steel products originating in certain third countries, Regulation (EC) No 1013/2006 of the European Parliament and of the Council of 14 June 2006 on shipments of waste, Guidelines for customs controls on transboundary shipments of waste — Public summary, This document does not constitute a legally binding act, Regulation (EU) 2015/755 of the European Parliament and of the Council of 29 April 2015 on common rules for imports from certain third countries, EU restrictive measures in response to the crisis in Ukraine, Regulation (EU) 2015/478 of the European Parliament and of the Council of 11 March 2015 on common rules for imports, Directive 2006/123/EC of the European Parliament and of the Council of 12 December 2006 on services in the internal market, Regulation (EU) 2019/287 of the European Parliament and of the Council of 13 February 2019 implementing bilateral safeguard clauses and other mechanisms allowing for the temporary withdrawal of preferences in certain trade agreements concluded between the European Union and third countries, Regulation (EU) 2016/1037 of the European Parliament and of the Council of 8 June 2016 on protection against subsidised imports from countries not members of the European Union, Regulation (EU) 2015/1843 of the European Parliament and of the Council of 6 October 2015 laying down Union procedures in the field of the common commercial policy in order to ensure the exercise of the Union’s rights under international trade rules, in particular those established under the auspices of the World Trade Organization (codification), Council Directive 76/211/EEC of 20 January 1976 on the approximation of the laws of the Member States relating to the making-up by weight or by volume of certain prepackaged products, Regulation (EU) No 608/2013 of the European Parliament and of the Council of 12 June 2013 concerning customs enforcement of intellectual property rights and repealing Council Regulation (EC) No 1383/2003, Regulation (EC) No 1013/2006 of the European Parliament and of the Council of 14 June 2006 on shipments of waste, Regulation (EU) 2015/479 of the European Parliament and of the Council of 11 March 2015 on common rules for exports, GUIDE FOR EU EXPORTERS-Trade Defence Instruments, anti-dumping anti-subsidy safeguards, 中国がm-クレゾールのAD問題で仮決定、日米EU企業から保証金を徴収(中国、日本、米国、EU), WTO紛争会合開催、EUの対米措置承認、米国の対中追加関税措置は上訴へ(中国、米国、EU、世界), 欧州委、対米対抗措置へのWTO判断受け、交渉による解決をあらためて強調(米国、EU), EU、ベラルーシとロシアへの新たな制裁で政治合意、ルカシェンコ大統領も対象に(EU、ロシア、ベラルーシ), 適用法令:域内サービスに関する2006年12月12日付指令2006/123/EC(, 貿易障壁を導入した第三国が問題解決のために措置を講じた場合、欧州委員会は、調査手続きを一時中断し、第三国が講じた解決策の実行を監視する。, EUと当該第三国との間の交渉に基づく協定の締結が紛争解決のために最善であると考えられる場合は、欧州委員会は調査手続を中断し、第三国と交渉を実施する。, EUと当該第三国との間に友好的な解決が不可能なことが明らかである場合、既存の優遇措置の一時停止・撤廃や、関税率の引き上げまたは輸入特別税の導入、輸入割当制の適用やその他の輸出入要件の変更などの対抗措置を講じる。, 国際レベルでの諮問手続きを経る必要がある場合は、通商政策による対抗措置に先立ち、WTOの紛争解決手続きか、またはその他の適切な国際紛争解決機関に当該紛争の処理を依頼する。, 包装済み製品の重量または容量の事前処理に関する加盟国法の近接に関する1976年1月20日付理事会指令76/211/EEC(, 知的財産権の税関執行に関する2013年6月12日付欧州議会・理事会規則608/2013(, 軍事目的または軍をエンドユーザーとする二重用途物品・技術(民生と軍事目的の双方に使用可能なすべての物品、ソフトウェア、技術)のロシア向け輸出の禁止, 特定のエネルギー関連製品・技術のロシア向け輸出について、加盟国当局による事前許可(輸出ライセンス)制の導入(ロシアの深海や北極海の油田探査・生産やシェールガス開発・生産プロジェクト向けは禁止), ロシアの深海や北極海の油田探査・生産やシェールガス開発・生産プロジェクトに必要なサービス(掘削、坑井試験、検層と仕上げ、特殊船舶の提供)の禁止, 第三国での保護貿易的措置に対応するためのEU輸出業者向けガイドブック(2010年版、PDF)". 国によって大きく異なります。 ジェトロ:「EU 輸入管理その他 アンチダンピング措置」(344KB), 概要

原則として、タバコ、洗剤、および化粧品の開発のための動物実験を禁止する。連邦政府は、連邦参議院の同意の下、厚生省が以下のいずれかの状況と認める場合においてのみ例外を要求することができる: 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2019/07/18/EU-CONFIRMS-OPINION-ON-SOLUBILITY-OF-SYNTHETIC-AMORPHOUS-SILICA, この特集では、化粧品業界が知っておくべき、世界各国におけるサンスクリーン製品についての規制をまとめています。 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2019/06/04/REGULATION-CHANGE-THE-END-OF-FREE-FROM-CLAIMS-FOR-BEAUTY-AND-PERSONAL-CARE, 「○○フリー」表現への規制強化が実施されるにあたって、どういったことを認識しておくべきか?について、Institute of Personal Care ScienceのBelinda Carli氏に話を聞きました。 動物実験の実施の禁止(Testing ban)と 2.ECの法令によって定められている場合, 1998 年11 月、化粧品の安全性関連の法律(The Cosmetic Products (Safety) Regulations)によって、化粧品の原料から完成品にいたるまですべての動物実験を禁止。 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN.COM/ARTICLE/2019/08/07/THE-CBD-TREND-LOOKS-LIKE-A-GOLD-RUSH-BUT-REGULATION-REMAINS-A-BIG-OBSTACLE, 2月に、タルクに含まれるアスベスト、およびタルクを含む化粧品に関するテスト方法について議論するミーティングを開催しました。
詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2020/01/02/SCCS-COSMETICS-SAFETY-OPINIONS-ON-DHA-ALUMINIUM-AND-ZPT-OPEN-FOR-COMMENT, 化粧品へのアレルゲン物質の表示(特に香料について)は、欧州において長い間議論されてきましたが、直近の評定は先週終了しました。 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2019/09/13/FREE-FROM-CLAIMS-COSMETICS-EU-DISCUSSION-WITH-COSMETICS-EUROPE-DIRECTOR-GENERAL-JOHN-CHAVE, EUにおける、美容業界におけるカンナビジオール(CBD)の情勢は単純なものではないですが、業界はCBDに関連する調査の件数が増えることに伴い、ルール(規制)を理解し把握することが求められています。 ない.(化粧品・医薬部外品の製造販売ガイドブック2008) 現時点で代替法は規制官庁に完全には受け入れられていないが,スクリ ーニングツールまたは総合的安全性プログラムの一部として有用. CAMPAIGNの陳情資料として2004年に作成した資料からの転載です。現在は、EU化粧品規則に則った規制に移行しています。EU域内で禁止が実施される以前の状況の記録として残しました。現在の状況はJetroのサイトが参考になります。, 市民運動の高まりを受け、1990 年代後半から、EU各国では化粧品の動物実験について法的規制を設ける国が増えています。, 1997 年5月、「動物実験法(The Dutch experiments on animals act)」によって、化粧品の新製品開発、既存の製品の動物実験を禁止。, 条文和訳 ている。また、2013 年よりeu 化粧品規則が施行され、化粧品中に含まれるナノ物質に関し、安全 性データの届出、表示等が義務づけられている。このような状況の中で、国際的な動きとして、 oecd 工業ナノ材料作業部会(wpmn Tel:00 800 67891011(EU内)、+32-2-299 96 96(EU以外), なお、食品、農水産品を日本から輸出する際の制度情報については、品目別にまとめた以下ページも参照のこと。, EUと第三国間で合法的に取引される物質が、麻薬・向精神性物質の密造に流用されることを防ぐための規制がある。, EUでは、廃棄物の輸送について、EU加盟国間の輸送、EU加盟国内における輸送、EUから第三国への輸出、第三国からEUへの輸入、EUを通過するトランジットのそれぞれについて、廃棄物輸送の2つの目的([1] 埋め立てまたは焼却による廃棄物の「処分」、[2] リサイクル目的の「リカバリー(recovery)」)に区別して詳細規定が定められている。 第7条 第5項 なお、本規制を含むEU「デジタル単一市場(DSM)戦略」については、ジェトロ 地域・分析レポート 特集「EUデジタル単一市場 構築への進捗状況と課題」も参照のこと。, 域内外の輸出業者向けに、EUへの輸入関連情報(関税、要件、特恵、割当、統計等)を提供する。, 二重用途物品、特定危険化学品、農産品輸出入ライセンス制度、食品衛生、特殊な野生動植物保護、薬物規制、模造品および海賊版、廃棄物輸送, ロッテルダム条約の実施規則である規則649/2012が適用される。同規則については 、次のPDFの「4. 1.CBD関連製品製造メーカーは、現行のGMP(cGMP)に準拠すること All rights reserved.

詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2020/02/19/EUROPEAN-COMMISSION-PUBLISHES-TITANIUM-DIOXIDE-CLASSIFICATION, 妊娠期間中に、ブチルパラベンを含む化粧品を使用することが、子どもの肥満リスクを高める恐れがある、という調査結果が明らかになりました。 新たに開発される化粧品および「生産物に関する法令」によって取り決められた既存の化粧品のためにいかなる動物実験も行ってはならない。, 1998 年5月、「動物保護法(Tierschutzgesetz 1998 (German Animal Protection Act 1998)」により、タバコ、洗剤とともに、化粧品開発のための動物実験を原則禁止。「原則」ではありますが、改正後現在まで1件もそれらの実験は許可されておらず、実質上の禁止と言えます。, 条文和訳 特記事項 さよなら、じっけんしつ ~脱・動物実験をめざす情報サイト~, ガンジーの言葉ではない可能性が高いー「国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物のあつかい方でわかる」, <海外ニュース>「持続可能性のためのEU化学物質戦略」は動物実験からの脱却も目指す, 10月17日、増補改訂版 『犬が殺される』刊行記念のオンラインセミナーを開催します, 環境省と面談:犬猫以外の動物の基準は、来年の施行時には手をつけない! その後も具体的計画なし. EUは、化粧品が合法的に循環させてもよいかどうかを判断する多くの規制があります。 欧州連合を構成する28カ国で化粧品を販売する前に完了しなければならない様々な複雑なステップがあります。.