© 2007-2020 User Local,Inc. 要約したい文章を入力し、「自動要約する」のボタンを押してください。10,000文字までの文章を要約することができます。 サンプル: 芥川龍之介 『蜘蛛の糸』 ファイルアップロード. URL JAPANのサーバーで処理されます。 検査対象の文章. All Rights Reserved. Ledge編集部が開発した誤字脱字チェックAIの仕組みの解説とデモを紹介!概要の説明から前処理、学習工程と、AIのなかで使っているRNN(Recurrent Neural Network)というニューラルネットワークを動かす環境構築まで説明しています。 文章校正ツール「文賢」が、AIを使った誤字チェック機能を追加してパワーアップする。なぜAIなのか? Web担当者にどう関係してくるのか? 詳しく話を聞いた。 西 倫英(Web担編集部) 2018/4/12 7:00 Web担当者/仕事 | 事例/インタビュー. シェア 339 ツイート 85 はてブ 34 noteで書く. ※noteで即興ショートショート執筆中。, コピー年鑑に載るようなカッコいいキャッチコピーを、いわゆる「レスポンス広告」で書いてしまう人を見かけますけど、こちらはもっと泥臭いですよねぇ。, 文章を書くとき、事前に文字数指定したダミーテキストをエディタに出力してみて、おおよそのボリューム感をつかんでおくと、けっこう便利ですよ。, Macでライブ変換(自動変換)をオフにする方法や、自動変換機能が使いづらい原因、それを踏まえた効果的な活用テクニックなどを紹介。, 現役ライターであり、これまで30種類近い校正ツールを試してきた管理人が、ATOKクラウドチェッカーの仕様や使い方を分析し、活用方法を模索してみました。, 長文暗記の手法って、文章を深く理解する作業と同義なので、実は文章力アップにも役立つんですよね。文章スキルも身につくと考えれば、面倒で退屈な試験勉強に張り合いが出るかも?, 『ライカツ』では、文章が上手くなりたい人・文章で稼いでいきたい人向けに、役立つノウハウやアプリなどの情報を発信しています。, それぞれの得意分野を上手に活かしながら、最適な組み合わせを模索してきたいものですね。, ダミーテキスト(サンプルテキスト)が作成できる文章ジェネレーター10選【日本語生成】. 未来予測AI; チャットボット; よくある質問; Tweet; 文章を自動要約する . 筆者が2020年現在、最もおすすめしたい文章校正・推敲ツールがこちらの「文賢」です。 料金はそれなりにかかってしまう(初期費用10,800円+月額1,980円 ※税抜)ので、導入に躊躇してしまう方も多いかもしれませんが(※筆者も以前はそうでした)、一度使ったらその便利さで手放せなくなること間 … datum studioが開発した、aiで文章を自動校正するツールです。 DATUM STUDIO AI文章自動校正ツール f8394084-05cc-4a5b-8ac8-829c74236137 copyright © 2016-2020 PRUV, All rights reserved. Copyright ©2020 Impress Corporation, An impress Group Company. 0 / 文章をWebサイトから読み込む. 無料コースでは1日5回まで瞬間添削が可能、有料コースも月1,000円で瞬間添削が無制限に利用が可能になる。 一方で瞬間添削といってもaiによる自動判定のようなもので、そこまで正確性・柔軟性はないよ … 女性トップリーダーが本音で語る――2018年、デジタルマーケティングの展望と課題とは?【インフォバーン今田素子×Panasonic山口有希子対談】(前編), 女性トップリーダーが本音で語る――これからの働き方、生き方、組織のあり方【インフォバーン今田素子×Panasonic山口有希子対談】(後編), Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。, 購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。, Excelのカラースケール風にHTMLのtableを見やすくするjQueryプラグイン, 第3世代のBIツールは「データを民主化」する! Qlikが進めるデータ価値の全従業員への開放, Twitterの新しい広告「プロモトレンドスポットライト」って何? 動画広告活用Tipsも聞いた, マーケティングでAIはどう活用するべき? ZOZOテクノロジーズの野口さんに聞いた, コロナ禍で注目の「プチギフト」 コンビニ商品のクーポンをTwitterやLINEで配布, デジタルマーケティングの即戦力を2日間で育てます! 第17期「企業Web担当者 初級講座」11/12~11/13【2020年11月度】, 【11/9~11オンラインlive】サッポロビール、スシロー、ダイキンなど登壇全60講演, 「第3回 SNS運用担当者育成 実践ワークショップ」 ~公式アカウント“中の人”が身につけるべきSNSマー ケティング知識とノウハウ~ 12/23(水)オンライン開催, 「読まなきゃ」からの脱却を! 生田さんが提案する「本を読む習慣の身に付け方」とは?, 高校生がなりたい職業、学年が上がるにつれ明確に? 高校1年・2年・3年で1位はすべてバラバラ【LINEリサーチ調べ】, 世界74カ国・1,877人のCIO、今後増加させたいのは「従業員の生産性」が最上位【ガートナー調べ】, 「Web面接」は面接官の反応が薄くて不安? 最終選考は対面で判断してほしい就活生が多数派【リクルートMS調べ】, 博報堂DYメディアとTwitter Japanが「Brand Bird」サービスで広告主のブランド成長を支援, Twitterが複数画像をセットした「カルーセル広告」リニューアル、広告効果高める設計に, Webマーケッター瞳の監修者から学べる! 「デジタルマーケティング初心者のためのKPI攻略講座」, AppsFlyerが広告を見た人と見ていない人を比べて分析する「Incrementality」を提供開始, DATUM STUDIOとFICCが「データマーケティングコンサルティングサービス」を提供開始, Twitterが24時間しか表示されない「フリート」を日本で公開、いまを伝える新しい形, スマホでのコンテンツ視聴、サイトによっては広告データの転送量が半分以上に。平均でも4割【角川アスキー総研調べ】, 定着しなかったテレワーク? 推奨企業でも「週2日以下」が3分の2を占めるように【LINEリサーチ調べ】, Instagramのリーチ数を増やす“タグ映え”がアップデート? 「発見」入りするための“2つの最適化”, 「LINE広告ってリーチ数はスゴイけど、お高いんでしょう?」LINEに突撃! 気になる疑問の本音は?, 録画より生?―見てもらえるウェビナーを作るTipsと「関心引き上げウェビナー」の重要性. 当ブログでも、以前から文章校正を自動で行ってくれるツールをいろいろと紹介してきました。 【無料/有料】日本語の文章校正ソフト・ツール28種【Win/mac】 人工知能(gpt-2)による日本語の記事文章自動作成アプリを無料提供しています。文章の冒頭(120文字程度)を書いてもらえれば、あとは機械が書きます。、日本語対応です。ブログ作成のネタに、または現状のaiの文章作成ソフトがどんなものなのか、触れてもらえる機会になればと思います。 https://store-images.s-microsoft.com/image/apps.56056.2021ae75-18a3-4566-941b-badd47ed2831.7636edb1-06a0-4d98-b1ce-154bc0cb4428.5b45c183-0582-4a93-95ae-5d51cb2c093c, This application is available only in Japanese 要約したい文章を入力し、「自動要約する」のボタンを押してください。10,000文字までの文章を要約することができます。, テキストファイルをアップロードすることができます。アップロードされた中身を自動で要約します。, 人気のニュースをダイジェストとして表示しています。6時間ごとにランキングが更新されます。. つい先日、印刷会社大手の凸版印刷がAIを活用した文章校閲・校正ツールを発表しましたね。, 当ブログでも、以前から文章校正を自動で行ってくれるツールをいろいろと紹介してきました。, AIといっても、元となるアルゴリズム(ルール)を手入力で設定するものと、ディープラーニング等を活用してルール作成から自動で行ってしまうものがありますが、今回は後者に特化して情報を集めてみようかと。, というわけで、この記事では以前紹介していなかったツールも含め、ディープラーニング技術を活用したAI(人工知能)文章校閲・校正ツールをまとめています。, これらを上手に活用すれば、生産性の向上だけでなく文章のクオリティのアップを期待でき、一石二鳥ですよ。, 特定の業界や企業特有の表記や専門用語の学習を得意としており、誤字脱字やレギュレーションチェックなどを自動で行ってくれるというもの。, コストは初期費用500万円〜+月額50万円〜とことで、完全に業務用のサービスですね。, 単なる校閲・校正支援ソフトではなく、総合的な「文章作成アドバイスツール」を目指し、積極的にバージョンアップを繰り返しているツール。, 2018年のアップデートにより、誤字脱字チェックにディープラーニングを採用。これにより従来の8.7倍という検出数を実現しました。, コストも初期費用10,800円+月額1,980円と比較的手頃。書くことを仕事にしている人なら、充分以上に元が取れるはずです。, Microsoft Azure(Microsoft Cloud Everywhere)上で提供されている文章校正ツール。, ディープラーニング(LSTM)を使ったAIシステムを独自開発しており、証券業界に強みを持っているとのこと。, 凸版のシステムもそうですが、金融系の文章は専門用語が多かったりルールが明確だったりして、AIと相性がいいのかもしれませんね。, APIとして無料公開されており、プログラムが読める方なら誰でも高性能ツールを試すことができます(※デモ版あり)。, Proofreading API(文章校閲・校正ツール)のほかにも、Text Classification API(文章分類ツール)やText Suggest API(文章自動作成ツール)など、様々な機能を無料で使うことが可能です。, 「Publish MakerX」というCMSのオプション機能として提供されています。, WordPress等にもこういった校正ツールがいずれ実装されていくのかもしれませんね。, サイバーテック、AI(人工知能)による校正サービスの提供を開始 ~「Publish MakerX」のオプションとして提供開始~, 数万単位の契約書を解析して得たデータを元に、契約書に潜むリスクなどを判定してくれます。, デザインレイアウトされたチラシを画像認識AIによって自動解析、元データの文章と比較してミスや漏れなどをチェックすることができます。, 今回紹介した他にも、大日本印刷(DNP)がAI Insideと組んでAI校閲・校正ツールの開発を進めていたりと、様々な業界で文章校正にAIを活用しようという動きが活発化してきています。, 以前、↓の記事で紹介したように、元となる文章自体もAIで自動作成するツールなんてものも出てきています。, 文章生成ツールはライターの仕事を奪えるか?文章自動生成アプリ9選【フリーソフトあり】, とはいっても、文章というものは筆者によっても作品・記事によっても校閲・校正のルールが微妙に異なりますし、そのあたりの人間すら言葉にできないニュアンスや感覚をAIが理解するには、まだまだ時間がかかりそうです。, 文章に対する理解が深まれば深まるほど、校閲・校正の世界の奥深さに気付かされるばかり。, なんでもすべて機械やツールで行おうとするのではなく、それぞれの得意分野を上手に活かしながら、最適な組み合わせを模索してきたいものですね。, 書く人。広告コピー・コラム・小説など、いろいろ書いてます。 ※PRUV Personalに登録すると入力した文章の統計データを記録して参照できます。. Webサイトの担当者は、文章に触れる機会が多い。会社や商品の説明文だったり、プレスリリースだったり、キャンペーンの告知文だったりとさまざまな文章を作成していることだろう。, しかし専門的なトレーニングを受けているわけではなく、「実は文章に自信がない」という人も多いのではないだろうか。, そんな人のために、「文賢(ブンケン)」という校閲・推敲ツールがある。このツールが、AI技術を使って誤字脱字チェックを導入するという。, 「AIが誤字脱字をチェックしてくれる」とは、どういうことだろうか? 同プロジェクトに共同で取り組むウェブライダー、SPJ、レッジの3社に詳しく話を聞いた。, 言葉を軽んじるのではなく、どんなタイミングで、どんな言葉を伝えればいいのか。文賢が、そうしたことをもっと大事にするための手助けになればと思います。(ウェブライダー 松尾氏), 松尾茂起氏(以下、松尾)文賢は、ブラウザから利用できるクラウドのツールで、文章を校正したり推敲したりする手助けをしてくれます。文章を扱うすべての人に向けたツールで、具体的にはライター、編集者、社内報を作る広報の方などに利用していただいています。, ――「AIが誤字脱字をチェックする」プロジェクトが進行中と伺いました。なぜAIを使おうと考えたのですか?, 松尾文賢を開発するなかで、抱えていた課題があったんです。それは「日本語の誤字脱字を検出するのが難しい」ということ。間違っている文章を検出するためには、膨大な「間違った文章のデータ」が必要になるんですね。, ということをレッジさんと話していたら、「それ、AIで検出したらいいんじゃないですか? やりましょうよ」と言われたのが始まりです。それでレッジ、SPJ、ウェブライダーの3社でプロジェクトがスタートしました。, 岡田孟典氏(以下、岡田)誤字脱字検出のプログラムとAI開発は、レッジが担当しています。, 江口天氏(以下、江口)われわれは、主に自然言語処理の実装等に関するアドバイスを担当するということで加わりました。2017年の11月ごろですね。, ――自分で書いた文章の間違いって、自分で見つけるのは難しいんですよね。プロジェクトはどのくらい進んでいるのでしょうか。, 松尾AIを使った誤字脱字チェック機能は4月18日の実装を予定しています。想像していたよりも「日本語という言語の壁が高い」ということがわかって、その壁をようやく越えつつあります。こうしたアプローチでの日本語の研究って、なかなか前例がないんですよね。, 江口他言語、たとえば英語はホワイトスペースで単語が区切られるから、判別しやすいですよね。その場合は、単語辞書と突き合わせてスペルミスを発見するなど、ルールベースの手法が有効になります。, 日本語は単語の数も結びつき方のパターンも多くて、とても複雑です。なので、ディープラーニング(LSTM)などによる単語の学習にもとづく、スペルミスの検知といった手段を使用する必要性があります。, 村橋由美子氏(以下、村橋)使われている漢字の違いで意味が変わることもありますよね。漢字とひらがなの使い分けもありますし。表記は特定の書籍や文献を参考にされている方も多いと思いますが、漢字、あるいはひらがなを使ったから間違いというわけではない。, 岡田ディープラーニングで誤字を見つける仕組みは「『次に来る正しい単語』を予測し続けて、予測にない単語がくるとそれが引っかかる」という形になっています。だからわざわざ間違った文章を大量に用意しなくても、正しい文章のデータを学習すればいいわけです。, 松尾いわゆるオープンなデータを中心に学習させています。「うちの記事を学習に使っていいよ」と協力してくれるメディア企業さんもいて、メディアの記事を中心に正しい文章のパターンを大量に学習しているところです。, 松尾リリースでも説明文でも、自分が書いた文章に自信が持てるようになります。文賢を利用いただいているのは、企業の方が多いんです。まさにWeb担当者の方とか、Webメディアの方とかですね。将来は、社内で「ブンケン通した?」「はい」みたいな会話がされるようになればいいなと考えています。, 社内だけでなく、外部のライターさんとのコミュニケーションもスムーズになりますよ。文章に自信がないと、プロのライターさんに日本語の指摘をするのが怖いという人もいるかもしれません。ツールが指摘してくれれば、それを伝えるのは簡単です。, 松尾さらに、校正不足がきっかけで起きるトラブル、炎上の防止にもなります。経営者の方にも導入してほしいと考えていて、開発中のAIを使った誤字脱字チェック機能を実装したら、エンタープライズ版を用意する予定です。エンタープライズ版では、複数のユーザーで、より柔軟に文賢を使える機能の追加を考えています。, 松尾今は個人用のプランだけなのですが、初期費用が10,800円で、月額利用料金が1,980円です(2018年4月時点)。ひと月にランチ2回ぶんと思えば高くないと思いますよ。, ――校正機能のパワーアップ、私も楽しみです! Web担読者にひとことずつお願いできますか。, 松尾文賢は「楽をするためのツール」ではありません。自分の文章に自信を持って、文章についてきちんと向き合うためのツールです。だから「自動で文章を書いてくれる」とか、そういう方向には向かいません。, 言葉って癒やしにもなるし、凶器にもなりますよね。企業SNSも当たり前の今、言葉を軽んじるのではなく、どんなタイミングで、どんな言葉を伝えればいいのか。そうしたことをもっと大事にできるようになる手助けになればと思います。, 村橋最初は文賢を1人で作っていたのですが、今はいい仲間が増えて、いろいろなことができるようになりました。松尾も言いましたが、文賢はあくまで「文章を書く人」を補助して、支えるツールです。なので、文章を書く場面で気軽に文賢が使えるよう、APIを提供することも予定しています。そうすればCMSなどでも使っていただけるようになるので。, 江口今回はライティングツールのお手伝いをしていますが、われわれは、自然言語処理を核にした地に足の着いたAIソリューションを提供しています。今は「AI」という言葉が乱用されて、誤解があるように感じているんです。AIも当然できることとできないこと、向いていることとそうでないことがあるんですね。AIは人間を超越した知性ではなく、人間の判断を助長し、セカンドオピニオンとして正しく使用されるべきもの。そういった意味では「マシーンインテリジェンス」と呼ばれる方がより適切かと思っています。, 岡田このプロジェクトでは、メディア企業の方から「ぜひ協力させてほしい」と言ってもらえることが多いです。具体的にどうしていくかは未定ですが、輪をコミュニティのように広げていき、そういった熱いパワーを、文章作成を支援するという形で世の中に還元していけたらと考えています。, 2004年インプレス入社。書籍編集部でWebマーケティング、SNS、スマートフォン、Webデザインなどの書籍の編集を担当し、現在はWeb担当者Forum編集部に所属。, モバイルデバイスとインターネットが大好き。最近の興味はバーチャルリアリティ、人工知能、キノコ。, 最近(過去90日間)の記事で、Facebookの「いいね!」が多かった記事をお見逃し無く。, デジタルマーケティングの即戦力を2日間で育てます! 第17期「企業Web担当者 初級講座」11/12~11/13【2020年11月度】   2,617 いいね!, 【11/9~11オンラインlive】サッポロビール、スシロー、ダイキンなど登壇全60講演   777 いいね!, 加速する時代の変化に対応するための「これからのマーケティング」とは?   493 いいね!, キャリアの軸はPR。軸からスキルを広げてパラレルキャリアを見据えた働き方をしたい   448 いいね!, 「第3回 SNS運用担当者育成 実践ワークショップ」 ~公式アカウント“中の人”が身につけるべきSNSマー ケティング知識とノウハウ~ 12/23(水)オンライン開催   445 いいね!, 「Webなんて仕事にならないよ!」そんな時代に生田さんを支えた本とは?   381 いいね!, 「読まなきゃ」からの脱却を! 生田さんが提案する「本を読む習慣の身に付け方」とは?   364 いいね!, 高校生がなりたい職業、学年が上がるにつれ明確に? 高校1年・2年・3年で1位はすべてバラバラ【LINEリサーチ調べ】   323 いいね!, BtoBオウンドメディアで、月間200万PV超を実現したカオナビの手法   295 いいね!, Facebookいいね!の多い記事Twitterで言及の多い記事はてなブックマーク人気記事, 文章校正ツール「文賢」が、AIを使った誤字チェック機能を追加してパワーアップする。なぜAIなのか? Web担当者にどう関係してくるのか? 詳しく話を聞いた。, (左から)ウェブライダー 村橋由美子氏、松尾茂起氏、SPJ 江口天氏、レッジ 岡田孟典氏. ペルソナの作成・活用はなぜ失敗してしまうんでしょうか?/インフォバーンの井登友一さんに聞いてきた, 意外? 博報堂の“2021年ヒット予想”はすでに今年世間を席巻した新サービス【博報堂・生活総研調べ】, 検索順位が1位で表示回数も多いのにクリックされない幽霊クエリの正体は?【SEO情報まとめ】, SEO歴15年のプロが振り返る「検索の潮流」② スパム・検索品質・評判・モバイル、そしてAIの時代, 「炎上」― その怖さ、2020年下半期の最新事例、発生から拡大までのプロセスとは?, 47都道府県「魅力度」の次は「ストレス」でランキング! ベスト&ワーストがまったく異なる結果に【ピースマインド調べ】, 1記事当たりの平均PV20倍に伸長! 大日本印刷DNPが取り組んだSEO施策とは?, 2022年卒の学生が注目する企業、新型コロナウイルスの影響を超えて「伊藤忠商事」が1位に【文化放送CP調べ】, Google Analytics for Firebaseのデバッグモードで、アプリのイベント送信をリアルタイムに確認, 注意すべき点がいっぱい! Twitter・Instagram・Facebookでプレゼントキャンペーンを実施する具体的な方法を解説【We Love Social特選記事】, ニューノーマル時代の「不満」から、CX発想のヒントを見つけよう【電通デジタルコラム】, 「Googleアナリティクス4プロパティ」(GA4)にカスタムディメンション / カスタム指標が登場!【アユダンテ スタッフコラム】, note「P&G流マーケティングの教科書」が40万PV超え!Marketing Demo代表・石井賢介が語る「マーケティング思考の学び方」, マーケティングやデータ分析など7つのテーマで全18講演を紹介! 【11/9-11開催 Web担イベント】. こんな悩みをお持ちのあなたのために、ライター歴10年以上の管理人が、世の中にある文章校正ツールを(試せるものは)すべて試したうえで、万人におすすめできる優秀なものを3つ厳選してみた。, ※ここで紹介されていないツールを見つけた方は、メールやTwitterなどで教えて下さい。, どれだけ魂を込めた内容でも、誤字脱字やタイプミス、不適切な表現などがひとつでもあれば、文章の質はガタ落ち。内容の信頼性にケチがつくだけでなく、書き手自身の信用問題にすらなる。恐ろしい。, あなたはクライアントに原稿やメールを送ったあとで、文章のミスを発見したことがあるだろうか? いまこの記事を書きながら思い出すだけでも、全身の血の気が一気に引く。アレは恐怖体験だ。, というわけで、人間よりもこういった作業が得意なソフトウェアに任せられるものはすべて任せ、僕らは内容のクオリティアップや、他のことに時間を使おう。今すぐに。, 紹介する3つのツールは、実際に僕が仕事やプライベートで毎日のように活用しているものばかりなので、質は保証できる。, この記事を読めば、面倒だった文章チェック作業を大幅に効率化し、クオリティをアップさせるためのヒントがきっと見つかるはず。ぜひご一読あれ。, チェック作業の効率化だけでなく、総合的な推敲支援や自身の文章力アップを求めている人におすすめなのがこちらのサービス。, このツールには、基本的な校正機能に加えて、文中の動詞や感情を示す言葉を抽出し、3,500以上の表現データベースから自動で言い回し(言い換え)をリコメンドしてくれる機能が搭載されている。, リコメンドされた表現をそのまま使ってもいいが、表現例をきっかけに「自分ならどういった言い回しにする?」のように思考を深めていくと、文章力向上や自分らしい文体の発見につながる。, ざっと挙げてみても、これだけの項目をチェックしてくれる。個別にON/OFFも可能。しかも爆速。, 特に、独自ルール設定が超便利。クライアントの表記ルールに合わせたり、自分なりの文体でチェックリストが作れてしまう。プロの物書きならば、この機能の重要さが骨身に染みてわかるはず。, オンラインツールなので、ブラウザさえあればWindowsでもMacでも使える。台数制限もない。, まさに文章作成支援ツールの全部乗せ。プロの物書きやアフィリエイターだけでなく、JTB、KDDIといった有名企業も積極的に導入しているというのもうなずける。, 単純な誤字脱字の検出精度はまだまだという欠点もあるが、他のツールと組み合わせることである程度はカバーできる(僕はそうしてる)。アップデートにも意欲的なので今後に期待したい。, しかし、本気で「文章」で稼いでいきたいなら、時短効果とクオリティアップへの投資と考えれば、きっと元は取れるはず。ぜひ取ってほしい。, 昔からのプロ御用達ツールだけあり、その完成度はさすがの一言。僕が独自におこなったテストでもダントツの検出精度を誇った。, 当然、項目ごとのON/OFFも可能だし、独自ルールの設定もできる。こちらもいわゆる「全部乗せ」のツールだ。, 別売で記者ハンドブックや医療・サイエンスの辞書プラグインもあるので、専門ジャンルのライターにはありがたい。, ただし、対応OSはWindowsのみ。バージョンアップ版の発売が近そうなので、迂闊に手を出しにくいのもちょっと気になる。やはり時代は月額課金のクラウドツールだろうか。, こちらもそれなりの価格。前述の同じ校正エンジンを使った『ATOKクラウドチェッカー』はATOK Passportのおまけで使えるので、ATOKユーザーはそちらもおすすめ。, ちなみに、このツールと文賢を組み合わせれば、互いの欠点を補い合う最強の文章チェックシステムが完成する。ぜひ試してみてほしい。, 精度そこそこ、機能も最小限でいいから、とりあえず無料で校正ツールが使いたいという人はこちら。, 他のブログやサイトではEnnoをおすすめしていることが多いが、僕はPRUVをすすめたい。, なぜならPRUVには、独自ルール設定機能が付いているから。無料ツールとしては破格だ。チェック精度もEnnoと比べて遜色ない。, もちろん、↑の有料ツールと比較すれば数段見劣りしてしまうが、はじめて文章校正ツールを試してみたいという人は、まずこういった無料ツールを触ってみてほしい。それも、なるべく早くに。, 校正エンジンの違いを活かして、有料ツールと複数組み合わせたダブルチェック・トリプルチェックを行うのもいい。僕はそうやって活用してる。, これらが校正ツールとして質が劣るわけでは決してない。それぞれに活きる場所があるので、利用シーンに合わせて使い分けてほしい。, おすすめの文章校正ツールを紹介したところで、お次はこれらツールのポテンシャルを最大限引き出すためのコツを3つほど紹介する。, よってひとつの文章校正ツールに頼るのではなく、いくつかのツールを併用するのがおすすめ。, 文章をコピべするだけなので大した手間じゃない。このわずかな手間が、結果に大きく作用する。, 今回紹介した3つのツールは、どれも自分独自の校正ルール(辞書)が作成できる機能を搭載している。, もしもツールの見落しを発見してしまったとしても、自分でルールに追加しておけば同じ過ちは二度と繰り返さない。これがツールの強みだ。人間は何度だって間違える。, できればプリントアウトするか、縦書きエディタにコピべしたり、フォントを変えるなどして、執筆時と違う環境でチェックするのがおすすめ。, 次に、僕がこれらツールを使ってどのようにチェック作業を効率化しているか、具体的に解説してみようと思う。, 漠然と「読みやすさ」「わかりやすさ」といっても基準が曖昧なので、明確なチェックリストを用意しておくと作業がぐっと効率的になる。, という2つのチェックリストが用意されている。これらを一つ一つ確認しながら、文章を直していく。, この他にも、自分なりに気をつけるべきポイントを「ブログ用」「小説用」などに分けて登録し、目的に合わせてチェックするようにしている。, お次は、動詞や形容詞などに注目し、より読む人の心にダイレクトに届く表現を模索する。, 類語辞典片手に一つひとつ確認してもいいが、文賢の表現データベースを活用するともっと効率化できる。, 前述したように、文賢がサジェストしてくれる表現そのままに直すのではなく、そこからさらに自分なりの言い回しを模索していくのがコツだ。, 漢字/ひらがなの開き・閉じや、ひらがな/カタカナの使い分けなど、いわゆる「表記ゆれ」と呼ばれるものが文中に散見されると、それだけで質が低くみられがちなので注意する。, こちらも文賢のチェック機能が便利。独自設定も可能なので、自分なりの表記ルールを作りあげよう。, 基本的な「文章校正」は、他の推敲作業を終えてから行う。新たに手直しした場所にミスが生まれる場合があるからだ。, 文賢の「校閲支援」ツールをそのまま使ってもいいが、僕はより精度の高いJust Right!を使っている。もっとコスパ良く済ませたい人は、同じ校正エンジンを使ったATOKクラウドチェッカーでもいい。, 仕事で作成する文章など、少しの誤字脱字も許されないようなものは、他のツールも併用して二重・三重のチェックを行う。, ※ごくまれにだが、無料アプリでしか発見できない誤りなどがあったりするので、校正ツールは奥が深い。, これらの共通点は、明確な正解が決まっていないということ。逆に、これこそが僕ら人間の強みと言える。答えのない問いについてあれこれ考えるのは、書くことの大きな楽しみのひとつだ。, 機械が得意なことはすべて彼らに任せ、僕らは人間らしい作業に集中する。そうすることで真にクオリティの高い文章が生み出せるのだと思う。, ツールと人間とが互いの短所を補い合い、長所を活かし合う関係が作れれば、単なる作業効率アップだけでなく、これまでになかった素晴らしい文章が生み出せるように、きっとなるはず。, ミスを上司にネチネチと叱られ、クライアントの反応に怯える日々は、今日で卒業しよう。, その先には、生まれ変わった文章で颯爽と仕事をこなす未来のあなたが、きっと待っている。, 書く人。広告コピー・コラム・小説など、いろいろ書いてます。