「新約聖書」に記述されてことである以上、どの宗派でもパンとワインは神聖な意味合いは消えていないといえるでしょう。 そんなわけで、神聖なワインを誕生日や結婚記念日など、特別な気持ちを込めてプレゼントするのはいかはでしょうか? 「ものみの塔」 喫煙 ― 神はどう見ておられるか, 録音データのダウンロード・オプション  |  「ものみの塔」 喫煙 ― 神はどう見ておられるか, シェアする プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 ワインの歴史は古く遡ることができます。今回はキリストの血です。, キリスト教ではワインはキリストの血と考えられていることから、ミサや祭儀においても使われます。 16世紀, 「わたしがいのちのパンです。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。」ヨハネの福音書6章35節, イエスは私たちの捧げる小さなもの(お祈りや、思いやりも含めて)を増やして、私たちが十分恵に与るだけではなく、他の人々にまで幸せが及ぶようにしてくださることで、神様の御業に参加させてくださるのです。, 画像出典:Wikimedia Commons Copyright (C) シエル・エ・ヴァン. 二大宗派よりはるかに遅くに起きた宗教改革より、プロテスタントの教会が誕生し、「聖変化」の思想は変化しました。パンとワインが実際にキリストの体と血に変わるわけではなく、これは象徴的な儀式にすぎないという扱いになりました。, しかし、プロテスタントでも象徴とししての儀式であるとはいえ、パンとワインを完全に軽視しているともいえません。 「ものみの塔」 喫煙 ― 神はどう見ておられるか. アンブロシウス・フランケン 聖書には食にまつわるさまざまな話が出てきます。本書では11の話題を取り上げ、それらを解説するなかで聖書の新たな読み方を提示していきます。あわせて身近な材料を使って、聖書時代の人々が食べた料理を再現するレシピを紹介しています。 観光​旅行​で​ベツレヘム​に​来​た​人​たち​は,旧​市街​の​史跡​を​幾つ​も​見て回っ​た​の​で,おなか​を​すかせ,何​か​地元​の​食べ物​を​味わい​たい​と​思っ​て​い​まし​た。旅行​者​の​一​人​が,ファラフェル​を​出す​レストラン​に​目​を​留め​まし​た。ファラフェル​と​は,味​の​良い​ヒヨコ​豆​を​つぶし​て​トマト​や​玉ねぎ​など​の​野菜​と​一緒​に​ピタ​・​パン​に​挟ん​だ​食べ物​です。皆​は,この​おいしい​軽食​を​取っ​て​新た​な​力​を​得,旅​を​続け​まし​た。, それら​旅行​者​たち​は​知ら​なかっ​た​か​も​しれ​ませ​ん​が,質素​な​その​ピタ​・​パン​を​食べ​た​こと​は,その​日​に​経験​し​た​中​で​最も​いわれ​の​ある​事柄​だっ​た,と​言え​ます。ベツレヘム​と​は「パン​の​家」と​いう​意味​で​あり,その​地域​で​は​幾千​年​も​昔​から​パン焼き​が​行なわ​れ​て​き​まし​た。(ルツ 1:22; 2:14)ピタ​・​パン​は​今日,ベツレヘム​なら​では​の​パン​の​一つ​と​なっ​て​い​ます。, ほぼ​4,000​年​前,ベツレヘム​から​南方​へ​少し​行っ​た​場所​で,アブラハム​の​妻​サラ​は,不意​に​訪れ​た​客​3​人​に​食事​と​し​て​焼きたて​の​パン​を​供し​まし​た。(創世記 18:5,6)サラ​が​使っ​た「上等​の​麦粉」は,エンマ​小麦​か​大麦​の​粉​だっ​た​か​も​しれ​ませ​ん。その​パン​を,大急ぎ​で​準備​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。練っ​た​パン​生地​を,焼く​ため​に,熱し​た​石​の​上​に​置い​た​の​だろ​う​と​思わ​れ​ます。―列王​第​一 19:6。, そう​し​た​記述​から​分かる​とおり,アブラハム​の​家族​は​自分​たち​で​パン​を​作っ​て​焼き​まし​た。遊牧​生活​を​送っ​て​い​た​の​で,サラ​や​その​僕​たち​は,パン​を​焼く​の​に,故郷​の​ウル​で​普通​に​使わ​れ​て​い​た​よう​な​かまど​は​使え​なかっ​た​こと​でしょ​う。また,用い​た​上等​の​麦粉​も,地元​産​の​穀物​を​ひい​た​もの​でし​た。持ち運べる​手臼​と,恐らく​は​すり鉢​と​すりこぎ​を​使っ​て​粉​に​する​の​は,重​労働​だっ​た​と​思わ​れ​ます。, それ​から​4​世紀​後,モーセ​の​律法に​は,手臼​を​借金​の​担保​と​し​て​取っ​て​は​なら​ない​と​いう​規定​が​あり​まし​た。手臼​は​人​の「魂」つまり​生計​の​もと​だっ​た​から​です。(申命記 24:6)それ​が​なけれ​ば​家族​は​日用​の​パン​を​作れ​なかっ​た​ため,神​は​手臼​を​肝要​な​もの​と​ご覧​に​なっ​た​の​です。―「 聖書​時代​の​日​ごと​の​粉ひき​と​パン焼き」と​いう​囲み​を​ご覧​ください。, 聖書​に​は​パン​へ​の​言及​が​約​350​回​あり​ます。聖書​筆者​たち​は​しばしば​パン​と​いう​語​を​食物​の​同義​語​と​し​て​用い​まし​た。イエス​も​教え​た​とおり,神​に​仕える​人​は​確信​を​抱い​て,「今日​この​日​の​ため​の​パン​を​わたしたち​に​お与え​ください」と​祈る​こと​が​でき​ます。(マタイ 6:11)この「パン」は​食物​一般​を​指し​て​おり,イエス​が​そう​言っ​て​教え​た​とおり,わたしたち​は​日々​の​糧​を​得る​ため​に​神​に​頼る​こと​が​でき​ます。―詩編 37:25。, しかし,パン​すなわち​食物​より​も​重要​な​もの​が​あり​ます。「人​は,パン​だけ​に​よら​ず,エホバ​の​口​から​出る​すべて​の​ことば​に​よっ​て​生き​なけれ​ば​なら​ない」と​イエス​が​言っ​た​とおり​です。(マタイ 4:4)その​言葉​は,イスラエル​人​が​神​の​供給​し​て​くださる​もの​に​全く​依存​し​て​い​た​時代​を​念頭​に​置い​て​語ら​れ​まし​た。神​から​の​食物​の​供給​は,イスラエル​人​が​エジプト​を​出国​し​て​間​も​なく​始まり​まし​た。民​が,シナイ​砂漠​に​入っ​て​1​か月​ほど​過ぎ​た​頃,食糧​が​なくなっ​て​き​た​ため,その​不毛​の​荒野​で​餓死​し​て​しまう​と​考え​て,エジプト​で​は「パン​を​満ち足りる​まで​食べ​て​い​た」と​不平​不満​を​述べ​た​の​です。―出エジプト​記 16:1‐3。, エジプト​の​パン​は​味​が​良かっ​た​に​違いあり​ませ​ん。モーセ​の​時代,エジプト​で​は​パン焼き​職人​たち​が​人々​に​多種​多様​な​パン​や​菓子​を​提供​し​て​い​まし​た。と​は​いえ,エホバ​は​ご自分​の​民​を​どんな​パン​も​食べ​られ​ない​まま​に​する​こと​ など​意図​し​て​おら​れ​ませ​ん​でし​た。「いま​わたし​は​あなた方​の​ため​に​天​から​パン​を​降らせる」と​約束​なさい​まし​た。まさに​その​とおり,天​から​の​パン​が,朝早く​地上​に​現われ​まし​た。見​た​ところ​露​か​霜​の​よう​な「細かい​薄片​状​の​もの」です。イスラエル​人​たち​は,それ​を​初めて​目​に​し​て,「これ​は​何​だろ​う」と​言い合い​ます。「これ​は​エホバ​が​食物​と​し​て​あなた方​に​お与え​に​なっ​た​パン​です」と​モーセ​は​説明​し​まし​た。民​は​それ​を​マナ​ *と​呼び,その​パン​が​その​後​40​年​間,民​を​支え​た​の​です。―出エジプト​記 16:4,13‐15,31。, 当初​イスラエル​人​は,奇跡​に​よっ​て​生じ​た​マナ​に​感激​し​た​に​違いあり​ませ​ん。「蜜​を​入れ​た​平焼き​菓子」の​よう​な​味​で,一人一人​に​十分​の​量​が​あり​まし​た。(出エジプト​記 16:18)しかし,時​たつ​うち​に​民​は,エジプト​で​食べ​て​い​た​多種​多様​な​もの​が​ない​こと​を​不満​に​思う​よう​に​なり,「目​に​する​もの​と​いえ​ば​ただ​マナ​ばかり​だ」と​愚痴​を​言い​まし​た。(民数記 11:6)後​に​は,「わたしたち​の​魂​は​この​卑しむ​べき​パン​に​うんざり​し​た」と,怒り​を​ぶちまけ​まし​た。(民数記 21:5)彼ら​に​とっ​て,「天​から​の​パン」は​結局,嫌悪​の​情​を​起こさ​せる​よう​な​もの​に​なっ​た​の​です。―詩編 105:40。, 実際​パン​は,他​の​多く​の​もの​と​同様,ある​の​が​当たり前​と​思わ​れ​がち​です。しかし​聖書​に​は,軽んじ​て​は​いけ​ない​極めて​特別​な​パン​の​こと​が​述べ​られ​て​い​ます。その​パン,すなわち​イエス​が​昔​の​イスラエル​人​から​ひどく​嫌わ​れ​た​マナ​に​なぞらえ​た​パン​は,人​に​永遠​の​益​を​得​させる​もの​です。, イエス​は,耳​を​傾け​て​い​た​人​たち​に,こう​語り​まし​た。「わたし​は​命​の​パン​です。あなた方​の​父祖​は​荒野​で​マナ​を​食べ​まし​た​が,それでも​死に​まし​た。これ​は​天​から​下っ​て​来る​パン​で​あり,だれ​で​も​それ​を​食べる​者​が​死な​ない​ため​の​もの​です。わたし​は​天​から​下っ​て​来​た​生き​た​パン​です。だれ​で​も​この​パン​を​食べる​なら,その​人​は​永久​に​生き​ます。そして,本当​の​こと​です​が,わたし​が​与える​パン​と​は,世​の​命​の​ため​の​わたし​の​肉​な​の​です」。―ヨハネ 6:48‐51。, 耳​を​傾け​て​い​た​人​たち​の​多く​は,「パン」や「肉」の​比喩​ 的​な​意味​を​理解​でき​ませ​ん​でし​た。しかし,その​例え​は,極めて​適切​な​もの​です。当時​の​ユダヤ​人​に​とっ​て,文字どおり​の​パン​は​日​ごと​の​糧​で​あり,それ​は,古代​の​イスラエル​人​に​とっ​て​荒野​で​の​40​年間​マナ​が​糧​で​あっ​た​の​と​同じ​です。マナ​は,神​から​の​贈り物​でし​た​が,人​に​永遠​の​命​を​得​させる​もの​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。一方,イエス​の​犠牲​は,信仰​を​働か​せる​人​に​まさに​その​よう​な​賞​を​得​させる​もの​です。イエス​は​まさしく「命​の​パン」な​の​です。, だれ​で​も,恐らく​おなか​が​すい​た​時​に​は,パン​に​手​を​伸ばす​こと​でしょ​う。そして,そう​し​た「日用​の​パン」を​神​に​感謝​する​か​も​しれ​ませ​ん。(マタイ 6:11,「欽定​訳」[英語])わたしたち​は,おいしい​糧​を​ぜひ​感謝​する​と​とも​に,イエス​・​キリスト​と​いう「命​の​パン」の​価値​を​決して​忘れる​こと​が​ない​よう​に​し​たい​もの​です。, では,モーセ​の​時代​の​感謝​の​念​に​欠け​た​イスラエル​人​と​は​異​なり,計り知れない​価値​の​ある​この​パン​を​当たり前​の​もの​と​は​考え​て​い​ない​こと​を,どの​よう​に​示せる​でしょ​う​か。イエス​は,「もし​わたし​を​愛する​なら,あなた方​は​わたし​の​おきて​を​守り行なう​でしょ​う」と​言い​まし​た。(ヨハネ 14:15)ですから,イエス​の​おきて​を​守り行なう​人​に​は,パン​を​食べる​喜び​を​とこしえ​まで​も​味わう​と​いう​見込み​が​ある​の​です。―申命記 12:7。, ^ 10節 「マナ」と​いう​語​は,ヘブライ​語​で「それ​は​何​か」と​いう​意味​の「マーン フー」と​いう​表現​に​由来​する,と​考え​られ​ます。, 粉ひき。女性​たち​は​通常,手​で​粉​を​ひき​まし​た。一日​の​早い​時間​に​行なっ​た​仕事​の​一つ​です。(箴言 31:15。マタイ 24:41)族長​時代,一般​に​栽培​さ​れ​て​い​た​の​は​エンマ​小麦​で,その​穀粒​は​殻​が​簡単​に​は​取れ​ませ​ん​でし​た。その​ため,脱穀​は​容易​で​は​なく,すり鉢​に​入れ​て​たたく​か​手臼​で​ひく​か​する​必要​が​あり​まし​た。まず,麦​を​湿らせ,たたき,天日​干し​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。次い​で,ふるい​に​かけ​て​穀粒​だけ​集め,それ​を​臼​で​ひき​ます。, 家族​の​必要​を​賄える​だけ​の​粉​を​ひく​に​は​何​時間​も​かかり​まし​た。ですから,聖書​時代​に​は​どの​町​で​も​大抵「手臼​の​音」が​し​て​い​まし​た。(エレミヤ 25:10)その​仕事​を​主婦​で​は​なく​粉​屋​が​行なう​よう​に​なる​と,動物​の​回す​比較​的​大きな​臼石​も​使わ​れる​よう​に​なり​まし​た。―マタイ 18:6。, パン焼き。日々​の​仕事​と​し​て​次​に​行なわ​れ​た​の​が,パン焼き​です。主婦​は​麦粉​に​水​を​混ぜ​て​練り,生地​を​焼い​て​パン​を​作り​まし​た。(創世記 18:5,6)熱し​た​石​の​上​で​焼く​だけ​の​人​も​いれ​ば,小型​の​かまど​を​使う​人​も​い​まし​た。(レビ​記 2:4。イザヤ 44:15)エジプト​の​ファラオ​など​著名​な​人​たち​は,自分​の​食べる​パン​を​専門​の​職人​に​作ら​せ​まし​た​が,後代​に​は​一般​庶民​も​パン​を​買う​よう​に​なり​まし​た。(創世記 40:17。サムエル​第​一 8:13。イザヤ 55:2)エレミヤ​の​時代,エルサレム​に​は「パン焼き​人​の​通り」が​あり,ネヘミヤ​の​時代​に​エルサレム​の​塔​の​一つ​は「焼きかまど​の​塔」と​呼ば​れ​て​い​まし​た。―エレミヤ 37:21。ネヘミヤ 12:38。, Copyright © 2020 Watch Tower Bible and Tract Society of Pennsylvania. イエスが5千人以上の人々に食物を与えた出来事は、4つの福音書全てに書かれています。どのようにしてそれだけ大勢の食事を用意されたのでしょうか。聖書の記事から見ていきます。, イエスは5つのパンと2匹の魚を手に感謝の祈りを捧げました。マタイの福音書には”五つのパンと二匹の魚を取り、天を見上げて神をほめたたえ” と記されています。すると、この大勢の人々が食べて満腹するほどの量を満たすことが出来たのです。, 女性と子供を除いて男性が500人ということは、女性と子供を含めると全員で10,000人から15,000人は居たと思われます。, イエス・キリストは、私たちの心と身体の両方の栄養を用意してくださる「いのちのパン」として来てくださったのです。, ここに、大麦のパン五つと、魚二匹を持っている少年がいます。でも、こんなに大勢の人々では、それが何になるでしょう。, わたしがいのちのパンです。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。. 「新約聖書」に記述されてことである以上、どの宗派でもパンとワインは神聖な意味合いは消えていないといえるでしょう。, そんなわけで、神聖なワインを誕生日や結婚記念日など、特別な気持ちを込めてプレゼントするのはいかはでしょうか? パンとワインが実際にキリストの体と血に変わるわけではなく、これは象徴的な儀式にすぎないという扱いになりました。 しかし、プロテスタントでも象徴とししての儀式であるとはいえ、パンとワインを完全に軽視しているともいえません。 All Right Reserved. 命のパンを味わったことがありますか, 電子出版物のダウンロード・オプション 利用規約 プライバシーに関する方針, https://assetsnffrgf-a.akamaihd.net/assets/m/2014404/univ/art/2014404_univ_sqr_xl.jpg, https://assetsnffrgf-a.akamaihd.net/assets/a/wp/J/20140601/wpub/wp_J_20140601_lg.jpg, シェアする アントワープ王立美術館所蔵 「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』と書いてある。 」(このみことばは、申命記8章3節の引用です) イエスがそのように答えたのは、メシアとしての使命に忠実であったからです。 ©Copyright2020 光の色彩を求めて.All Rights Reserved. 特に教会で結婚式をあげた夫婦には最適ではないでしょうか?. これは「新約聖書」の中の最後の晩餐のシーンが元になっています。食事がすみ、イエスはワインの杯を手にし、弟子たちに話したシーンです。, 「これを受けて飲みなさい。これは私の血の杯、あなた方と多くの人のために流されて罪の赦しとなる新しい永遠の契約の血である。これを私の記念として行いなさい」, ワインはキリストの血、また、パンはキリストの肉体ということになり、これを「聖餐論」と呼びます。この場合には、パンとワインは「聖体」と呼ばれます。 イエスは舟から上がり、大勢の群衆をご覧になった。そして彼らを深くあわれんで、彼らの中の病人たちを癒やされた。 ※聖書箇所はすべて新改訳2017を使用しています。, テンペラと油彩を用いて 目に映る世界を、繊細で色彩豊かに 描き出すことが、日々の喜びです。, このブログでは、美しい名画の紹介、聖書の中の心動かされる記事の紹介、絵画の技法について綴っています。. 命のパンとは何でしょうか。聖書にはパンへの言及が約350回あり,イエスを天からのパンと呼んでいます。古代イスラエルのマナには,今日どんな意味があるでしょうか。 しかし、この「聖餐論」については現在に至ってもなお、各教派で議論がされるポイントがあります。, 基本的な部分はそれほどの変化はありませんが、儀式の部分について差異があるのです。キリストの肉体と血がパンとワインであるというその実体の機密部分として、神の恩寵を得る行為として、教派によってその扱い方には差が出てくるのです。, 例えばですが、儀式で使われるパンが、カトリック教会では無発酵のものを、東方正教会では発酵パンを使うことになります。, カトリックと東方正教会といえば、古代ローマ帝国でキリスト教を大きく二分した宗派です。日本人はカトリックとプロテスタントが二大宗派のように思う傾向が強いですが、実はこちらが正解です。, この二大宗派であるカトリック教会と東方正教会では、伝統的に聖体のサクラメントを7つある秘跡・機密の一つとしてきました。この思想は「聖変化」とよばれ、パンとワインがミサの中で実際にキリストの体と血に変わる、つまり聖なる変化を起こす、という教義のことです。 イエスは5つのパンと2匹の魚を手に感謝の祈りを捧げました。マタイの福音書には”五つのパンと二匹の魚を取り、天を見上げて神をほめたたえ” と記されています。すると、この大勢の人々が食べて満腹するほどの量を満たすことが出来たのです。 夕方になったので、弟子たちはイエスのところに来て言った。, パンと魚を増やす奇跡