蜂は全世界20万種以上、日本にも4000種以上が生息しています。 蜂は世界中に20万種以上が生息している昆虫です。日本だけでも4000種以上が確認されており、その姿・生態は多様なパターンに分かれています。 <体型上の分類とその例> 防護服が用意できない場合は、厚手の素材で、なるだけ白いものを身につけ、長袖、長ズボン、軍手、帽子を着用します。皮膚は露出しないようにします。, 巣の入り口を確認します。ほとんどの巣の入り口は一つですが、まれに複数ある場合があります。蜂が逃げないよう入り口にテープを貼ったり物を詰めるなどして準備をします。 このとき途中でやめないように注意します。薬剤が切れて途中で駆除が終わってしまうと危険ですので、薬剤は十分余裕を持つように準備してください。 越冬をした女王蜂は、春頃から活動を始め、巣作りをして働き蜂を生んで行きます。働き蜂が動けるようになると、巣はさらに大きくなり、オスと次世代の女王蜂を産みます。そして秋頃には働き蜂は死に絶え、新しい女王蜂が越冬します。, このように大きな集団を形成し、親が子の面倒を見るだけではなく、集団全体で生きていく種類の昆虫を、社会的昆虫と言います。この仲間には蜂とアリがいます。社会的昆虫は生物的には大きな成功を収めており、陸上の動物の現存量の大きな部分を占めるといわれます。, ミツバチは太古の昔より人間に飼われており、人間は蜂蜜を採取してきました。また蜂は植物を受粉させるのに大きな役割を占めており、世界の作物の1/3を受粉していると言われます。また蜂は作物を荒らす虫などを食べる益虫でもあります。, 蜂は社会的昆虫であるため、大きな巣にたくさんの個体が生活しており、その周りを飛び回って近づくものを攻撃してきます。そのため、蜂の害は針に刺されるということと、その大きな蜂の巣が人間の居住地の近くに作られるということになります。, 蜂の巣はかなり大きなもので、見ると焦ってしまいますが、パニックになると余計危険です。蜂の巣を見つけた時に注意することについて記述します。, 蜂の中でも特に危険なスズメバチは、一匹の蜂を攻撃するとフェロモンを発して他の蜂を呼び寄せ、一斉に攻撃をしてきます。この時実際に攻撃をしていなくても、人間が手で激しく追い払うような動きをしたり、大きな声を出したり、激しく動いたりすると、攻撃だとみなされて、蜂の攻撃を誘発してしまいます, 人間は道具を使う生き物ですので、危険を察知すると本能的に遠距離からの防衛や攻撃をしようと、リーチを取ろうとします。そのため、蜂の巣を見つけると、つい棒で突ついたり石や枝を投げたりしてしまいますが、このようなことは大変危険ですので止めるようにしましょう。おとなしい性格のミツバチでも、巣に振動を与えられると、一気に攻撃をしてくることがあります。, こちらに攻撃の意図があるかないかを蜂に理解してもらうことは不可能ですので、そもそも蜂の巣に近づかないことが大切になります。庭の木の手入れの際には、蜂の巣がないか事前によく確認するようにしましょう。去年蜂の巣が作られた場所は、今年の蜂にとっても居心地のよい場所というわけなので、今年も巣を作られる可能性があります。そういった場所を記憶しておき、近づく時は注意と確認をするようにしましょう。, 蜂は蜂同士で殺し合うほど、自分の巣を守るという防衛本能の強い生物です。敵に対しては特殊なフェロモンを撒き散らして仲間を呼び、大勢で攻撃をしてきます。蜂は社会的昆虫と呼ばれ、個体ごとに役割が決まっています。働き蜂はまさに巣を守ることが役割であるため、巣を攻撃してくる者に対しては、容赦なく攻撃をしてきます。 蜂の種類によっては通気口などに巣を作ります。ここに網を張ることも予防効果があります。ただ高い場所にある通気口に網を張るのは危険を伴いますし、マンションなどの場合は、管理組合などの了解が必要になるかもしれません。, 単独営巣期に蜂の巣の予防に効果のあるものには、市販の蜂の嫌がる成分が含まれているスプレーが効果的です。即効性があり、スプレーによっては一か月前後の予防効果もあります。 数多くいる蜂類の中でももっとも危険度が高く、人への被害が多いのは「スズメバチ属」の仲間です。日本に生息するスズメバチ属8種のうち、広い範囲に分布している6種を危険度が高い順番に紹介していきます。また、一部地域のみに生息する種、海外からの移入が確認された種についてもあわせて解説します。 近隣の県につきましては、別途交通費2000円, 日本には約4,000種類もの蜂が生息していますが、このうち人を刺す代表的な蜂はミツバチ・アシナガバチ・スズメバチの3種類です。, 特に気を付けたいのがスズメバチで、日本でも毎年スズメバチに刺されて命を落とす事例が数十件ほど報告されています。, 一言にスズメバチといっても色々な種類が存在します。福岡の郊外でよく見られるのがコガタスズメバチとキイロスズメバチの2種類で、特に後者は人を刺す件数が最も多い蜂といわれています。, コガタスズメバチはスズメバチの中で最も凶暴とされるオオスズメバチを小さくしたような姿をしていますが、森の中などに巣を作るオオスズメバチに対し、家の軒下や屋根裏など都市近郊に巣作りをするため、身近なところで注意が必要です。, 福岡周辺で蜂の被害にお困りの方は、迅速・安心対応に定評のある福岡タウンサービスにご相談ください。ミツバチ・アシナガバチ・スズメバチなど、蜂の種類問わず対応可能です。, もし蜂に刺されてしまったら、安全な場所に避難した後、すぐに刺された部分を手で掴んで体内に注入された毒液を絞り出します。, 蜂の毒は水溶性なので、毒液を絞り出したら水道水やペットボトルのミネラルウォーターなどできれいに洗い流すのが効果的です。, よく漫画などで毒液を口で吸って吐き出すという描写がありますが、もし口腔内に傷があった場合、傷口から毒液が侵入する可能性があります。口を使って処置することはやめましょう。, 蜂の針が残っている場合はなるべく早めに抜くのが望ましいですが、指でつまむと毒液が再注入されてしまうおそれがあります。ピンセットで抜くか、指などで弾いて横に払い落とします。, 手元に抗ヒスタミン軟膏(市販の虫刺され薬など)があれば、患部に塗っておくと腫れや痛みなどの症状を緩和することが可能です。, なお、ここまでの手当はあくまで応急処置です。できるだけ早めに病院を受診し、然るべき治療を受けましょう。, 特にこれまで蜂に刺されたことがある方は、体内に抗体が作られており、2度目に刺されたときにアナフィラキシーショックを引き起こすおそれがあります。, 場合によっては死にいたることもありますので、自己判断せずに医師の診断を仰ぎましょう。, 福岡タウンサービスでは、人にとって恐ろしい害虫となる蜂を速やかに駆除し、安全を確保します。福岡エリアで蜂駆除を検討されている方はぜひご相談ください。, 福岡市では自治体による蜂の駆除サービスは行っていませんが、蜂駆除の仕方について相談することが可能です。, 蜂駆除の相談は各区役所の地域整備部生活環境課にて受け付けていますので、蜂を見かけたら管轄の区役所に問い合わせてみるのも一つの方法です。, ただ、相談は平日の午前9時~午後5時までと限定的で、土日祝日や年末年始は対応不可となっています。, また、蜂駆除自体は別途業者に依頼しなければなりませんので、時間に余裕が無い場合は蜂駆除サービスのプロに最初から相談することをおすすめします。, 福岡タウンサービスは年中無休・24時間営業を行っており、福岡エリアであれば最短30分で訪問可能です。, 相談・見積もりは一律無料ですので、蜂を見かけた方や蜂の巣を発見した方はぜひ福岡タウンサービスの蜂駆除をご利用ください。, 人を刺す蜂の種類は複数ありますが、日本ではミツバチ・アシナガバチ・スズメバチの3種に注意する必要があります。もし蜂に刺されたら、すぐに毒液を出して水で洗い流した後、早めに病院を受診しましょう。, 蜂に何度も刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こし、命に危険が及ぶ可能性がありますので、身近なところで蜂や蜂の巣を見かけたら、プロに蜂駆除を依頼することをおすすめします。, 福岡エリアはもちろん、その他地域の蜂駆除にも対応しておりますので、蜂にお困りの方はお気軽にお問い合わせください。, 日本には主に、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチという3種類の人を刺す蜂がいます。その他にも被害は少ないですが、人を刺す可能性のある他も蜂も多く存在しています。