朝潮 太郎(あさしお たろう、1929年(昭和4年)11月13日 - 1988年(昭和63年)10月23日)は、本名は米川 文敏(よねかわ ふみとし)、鹿児島県徳之島出身(出生地は兵庫県武庫郡、現在の神戸市)で、高砂部屋に所属していた大相撲第46代横綱。現役時代の体格は身長189cm、体重145kg。得意技は左四つ、寄り[1]。, 1948年(昭和23年)10月場所、本名の米川で初土俵。当時奄美は米軍の占領下にあったので兵庫県の親戚・大沢徳城を頼って貨物船に忍び込み密航。奄美が返還されるまで兵庫県(神戸)出身と番付に書かれていた[3]。力士となってから故郷奄美の返還運動にも参加し奄美返還後は鹿児島県出身と書かれた。濃い胸毛と太い眉毛で人気を博し、当時は"一に朝潮、二に長嶋、三に三島由紀夫"と胸毛の濃い著名人を謳うフレーズが聞かれた[4]。東宝映画『日本誕生』に手力男命の役で出演したり、週刊少年マガジン創刊号の表紙も飾った[4]。大阪場所で強く、「大阪太郎」と呼ばれた横綱だった。優勝は5回あるがそのうち4回が大阪(あと1回は九州)、横綱昇進を決めたのも大阪だった[1]。左ハズ、右上手で挟み付けるように攻めた時の強さは特筆すべきものがあり、期待通りの出世を遂げた[1]。, 入門に際して前田山は「6尺1寸、29貫の大男がいるので、指導する気があったら君が連れに来い」と米川を紹介されたといい、入門時には逸材が入ったと記者クラブが大騒ぎであったと伝わるが、半ズボンに進駐軍のセーターといういでたちをしていたため初めて米川を見た前田山は米川がそれほど大きくないと錯覚したという。しかし当時としては異例の巨体であったため、相撲界隈では「100年に1度の巨体」と評された[5]。当時立派な服など持っていなかった米川に4代高砂は、色は焼けているが比較的立派な服を譲り、密入国者であり配給を受けられない米川にヤミ米を買って食べさせた。しかし物資に恵まれない時代に特別扱いを受けていた米川を僻む者も少なくなかったという。当時の奄美大島の力士に共通していた弱点として下半身が脆く、前田山は志村正順との対談で「大体、私のほうへは奄美からたくさん青年がきてますが、向こうの者は全部腰から下がいけないんですね。食べ物の関係かなんか知りませんが」「結局足の訓練が足らない。歩かないんだ。まあ毒ヘビのハブがおるからと思うて、歩かないのかもしれないけど(笑)」と呟いていた。そのため、前田山は多い日では4時間も米川に四股を踏ませ、東冨士と稽古を行わせた。前田山が現役であったころは自ら胸を出した[6]。, 1951年(昭和26年)1月場所、年6場所制実施(1958年)以前では羽黒山に並ぶ、序ノ口から所要7場所の最速で新入幕を果たす[3]。1952年(昭和27年)9月場所は4日目に羽黒山、9日目に千代の山を初顔で破り、10勝5敗と二桁勝利を挙げて初の殊勲賞を受賞した。翌1953年(昭和28年)1月場所で小結を通り越して新三役(関脇)に昇進して11勝4敗の好成績を挙げ、2回目の殊勲賞を受賞した。入門当初から世話になり積極的に稽古をつけてくれた東富士(東冨士改め)の引退により一度は低迷して平幕に下がるが1956年(昭和31年)3月場所関脇で12勝3敗の成績で大関・若ノ花、平幕の前頭15枚目・若羽黒との決定戦に進出。下馬評は当然、大関の若ノ花有利だったがこれに勝って初優勝を果たした[1]。その優勝決定巴戦の取組では左四つに組みとめた朝潮が盤石の形となり、最後はうっちゃりに来る若ノ花をがぶって寄り倒し。続く格下の若羽黒も一蹴した[7]。これは(若ノ花、若羽黒が優勝した場合でも)昭和生まれの力士初の幕内優勝でもあった。, 翌5月場所に大関昇進を賭けたが8勝7敗に終わり失敗に終わった。しかし1957年(昭和32年)3月場所は初日から12連勝し、史上初の横綱大関総なめ(同じ高砂一門の松登と休場した吉葉山を除く)の快挙を成し遂げ、13勝2敗で2回目の優勝を果たし、場所後、大関に昇進した。1958年(昭和33年)3月場所も13勝2敗の成績で関脇・琴ヶ濵との決定戦を制して優勝し大阪場所3連覇、大阪太郎の名を定着させた[4]。同年11月場所は14勝1敗の成績で4回目の優勝。この場所千秋楽の若乃花との相星対決では朝潮が突っ張りから素早く左四つに組み止めて先に上手を引き、有利な体勢から再三寄り立て、若乃花が残すと朝潮は右上手投げから頭を付け、左をハズにあてて必死に寄り切った[5]。1959年(昭和34年)3月場所は優勝こそ逃したが、13勝2敗の好成績で1月場所の11勝4敗という成績は問題視されたが横綱になった[1]。当時、胸毛のある力士は横綱になれない[8]というジンクスを見事破った[4]。昇進時の口上は「お受けします。横綱の名に恥じぬよう一生懸命頑張ります」であった[9]。横綱土俵入りでは4代高砂から「君は上手にしようと思わんでいい」と指導されたこともあって、少なくとも横綱初期においてはゆっくりとしたものに仕上がった。, しかし横綱昇進以後は脊椎分離症などに悩まされ[3]強弱の差が激しく、強い朝潮と弱い朝潮の2人がいるといわれ[4]、ある時朝潮にいい所なく負けた出羽錦が「今日は強い方の朝潮と当たっちゃった」と言っていた。また休場が多いため「や印の横綱」とまで言われた[4]。横綱在位3場所目で2回以上の休場という記録は昭和以降4人目[10]。横綱になっても足腰の脆さは残っていた[6]。その後はしばらく優勝することがなかったが、1961年(昭和36年)3月場所は4日目に栃光に敗れたのを除いて白星を重ね、14日目に大関・琴ヶ濵を押し倒して13勝1敗、14日目に5回目の優勝を決めた。千秋楽は大関・柏戸に上手投げで敗れたものの13勝2敗で再起を果たした。この場所は「弱い朝潮は生まれたばかりの息子をあやすために東京に残って、強い朝潮1人だけが大阪に来た」と言われた。5月場所は初日から3連敗で休場、7月場所は初日から7連勝し、千秋楽に12勝2敗同士で大関・大鵬との相星決戦に臨んだが敗れて12勝3敗。千秋楽の取組では、大鵬が右から張って左差し、朝潮は右上手を取って左から攻めたが、大鵬は右上手を取ると、上手投げで朝潮の体を崩し、左ハズから体を崩して大鵬が勝利[11]。この場所が最後の光だった[4]。結局素質は戦後最高とまで言われながら連覇も全勝もなく一時代を築けなかった。体を前に小さく屈めて対する鶏追いの型で小兵力士には強く、栃錦には一時期不戦勝も含めて6連勝と健闘し、通算対戦成績も13勝16敗、若乃花はたびたび彼に苦杯を嘗め、通算対戦も16勝17敗(上述の決定戦も含めれば17勝17敗)と互角に闘った。また、大関・若羽黒には21勝3敗と圧倒的に強く、大関・琴ヶ濱にも18勝11敗と勝ち越しており、一時期は7連勝したこともあった。その一方で関脇・鶴ヶ嶺には10勝8敗と苦手にしていた。, 1962年(昭和37年)1月場所、番付に名を残しながら同場所前に現役引退を表明。横綱在位数は1961年(昭和36年)までの16場所だった(番付上は17場所)。本来は振分親方となるはずだったが親友である松登の引退の際に名跡を貸していたため当時の一代年寄制度を利用して朝潮のまま親方になる。現役力士から名跡を借りている親方は、本来は名跡の持主が引退すれば返さなければいけないが、松登は年寄名跡がなくこのままでは廃業かと心配していた。この時振分(松登)のもとを訪ね自身は横綱の特権が使えることからそのまま貸し続けることを快諾したという。同年大山(髙登)が亡くなり振分親方が大山部屋を継承すると自身は振分を襲名。一時期独立して振分部屋を経営したが後に部屋を閉じて高砂部屋に戻った。, 1971年(昭和46年)の4代目高砂(元横綱・前田山)が亡くなったことに伴い、5代目高砂[1]となり、高砂部屋を継承し、先代から引き継いだ高見山、富士櫻、自分の代に入門した朝潮(現高砂)、小錦、水戸泉(現錦戸)らを育てた[3]。, また、1975年(昭和50年)の大関・貴ノ花の初優勝に際し、審判部長として、貴ノ花の兄・二子山審判部副部長に優勝旗を授与させるはからいも見せた。, 1987年4月に軽い脳梗塞で倒れ、1988年(昭和63年)9月場所中、弟子で西サモア出身の幕内力士だった南海龍が飲酒による素行問題を起こすと(その後南海龍は廃業)、その後10月11日風呂に入った後、脳溢血で倒れ緊急入院。しかし意識は戻らないまま、同年10月23日に58歳で死去した。同年行なわれた若乃花還暦土俵入りの際には、「来年は儂の番だ」と自身の還暦土俵入りを楽しみにしていたという。ただしこの土俵入りに向けて他人に見せられる身体にするため当時50代後半という高齢に鞭をうちジョギングなどのハードトレーニングをしていたといいこれも急逝の遠因ではないかと指摘する声もある。赤い綱も用意していたが使われることなくお蔵入りとなった。, 1995年7月、出身地の徳之島町に銅像が建てられた。2006年12月の徳之島巡業の折には、孫弟子にあたる横綱朝青龍が銅像の前で土俵入りを行っている。, 夫人ら家族は長野県茅野市でちゃんこ鍋屋「相撲茶屋 よねかわ」を経営。長男はフジテレビプロデューサーの米川一成。, 北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)62ページから63ページ, 「稽古を熱心に行えば毛という毛が擦り切れるのであって、毛が残っているということは稽古が足りない」という意味でこういったジンクスが成り立った。, Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p62, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=朝潮太郎_(3代)&oldid=78633399, 初優勝の時の優勝パレードで着る紋付がなく、大柄な大山親方(元髙登)に頼んで借りたがそれでもまだ朝潮には小さかったため借りる相手がおらず、師匠に「ええい、それなら裸で行けい」と言われて史上初の締込姿での優勝パレードになった。, 1958年ごろの朝潮は相撲記者からの相撲関連の質問にあまり答えず、ファンの女学生や野球の話、『, 結婚後のある時、朝潮は妻に頼んで4代高砂から扶養控除等(異動)申告書を貰おうとしたが、4代高砂は「ばかいえ。朝汐は(昭和)23年からヤミ米食わしてやってきてるんだから、そんなものがあるがわけない」断った。しかし朝汐は他の3人か4人を通じて何度も申し出た。4代高砂は朝汐の物事を忘れる様子に驚き、最終的には「朝汐、君が23年に相撲取りになったとき、お前のとこ(徳之島)はもう外国だったんだ」と諭したという, 1986年、弟子の小錦が暴力団事務所の相談役と会食した件で協会から3か月10%の減給処分を受けた。小錦は外国人であることも関係し、事情を知らなかったとして処分されなかった, 幕内最高優勝:5回(1956年3月場所、1957年3月場所、1958年3月場所、1958年11月場所、1961年3月場所), 殊勲賞:4回(1952年9月場所、1953年1月場所、1955年1月場所、1956年3月場所). 1955年 高知県 室戸市生まれ。 本名は長岡末弘(ながおか すえひろ)。 愛称は「大ちゃん」で名前にかすりもしないが、これは体の大きさが由来。. 本項では現在年寄・高砂である4代目について記述する。. 朝潮 太郎(あさしお たろう、1955年12月9日 - )は、高知県安芸郡(現在の高知県室戸市)出身で高砂部屋所属の元大相撲力士。最高位は東大関。現在は年寄・7代高砂浦五郎。本名は長岡 末弘(ながおか すえひろ)、現役時代の体格は身長183cm、体重183kg。得意手は突き、押し、左四つ、寄り。 概要. 朝潮 太郎(あさしお たろう、1929年(昭和4年)11月13日 - 1988年(昭和63年)10月23日)は、本名・米川 文敏、鹿児島県 徳之島出身(出生地は兵庫県武庫郡、現在の神戸市)で、高砂部屋に所属していた大相撲第46代横綱。 現役時代の体格は身長189cm、体重145kg。得意技は左四つ、寄り 。 朝潮 太郎(あさしお たろう、1929年(昭和4年)11月13日 - 1988年(昭和63年)10月23日)は、本名・米川 文敏、鹿児島県徳之島出身(出生地は兵庫県武庫郡、現在の神戸市)で、高砂部屋に所属していた大相撲第46代横綱。現役時代の体格は身長189cm、体重145kg。得意技は左四つ、寄り[1]。, 1948年(昭和23年)10月場所、本名の米川で初土俵。当時奄美は米軍の占領下にあったので兵庫県の親戚、大沢徳城を頼って貨物船に忍び込み密航、奄美が返還されるまで兵庫県(神戸)出身と番付に書かれていた[2]。力士となってから故郷奄美の返還運動にも参加し奄美返還後は鹿児島県出身と書かれた。濃い胸毛と太い眉毛で人気を博し、当時は"一に朝潮、二に長嶋、三に三島由紀夫"と胸毛の濃い著名人を謳うフレーズが聞かれた[3]。東宝映画『日本誕生』に手力男命の役で出演したり、週刊少年マガジン創刊号の表紙も飾った[3]。大阪場所で強く、「大阪太郎」と呼ばれた横綱だった。優勝は5回あるがそのうち4回が大阪(あと1回は九州)、横綱昇進を決めたのも大阪だった[1]。左ハズ、右上手で挟み付けるように攻めた時の強さは特筆すべきものがあり、期待通りの出世を遂げた[1]。, 入門に際して前田山は「6尺1寸、29貫の大男がいるので、指導する気があったら君が連れに来い」と米川を紹介されたといい、入門時には逸材が入ったと記者クラブが大騒ぎであったと伝わるが、半ズボンに進駐軍のセーターといういでたちをしていたため初めて米川を見た前田山は米川がそれほど大きくないと錯覚したという。しかし当時としては異例の巨体であったため、相撲界隈では「100年に1度の巨体」と評された[4]。当時立派な服など持っていなかった米川に4代高砂は、色は焼けているが比較的立派な服を譲り、密入国者であり配給を受けられない米川にヤミ米を買って食べさせた。しかし物資に恵まれない時代に特別扱いを受けていた米川を僻む者も少なくなかったという。当時の奄美大島の力士に共通していた弱点として下半身が脆く、前田山は志村正順との対談で「大体、私のほうへは奄美からたくさん青年がきてますが、向こうの者は全部腰から下がいけないんですね。食べ物の関係かなんか知りませんが」「結局足の訓練が足らない。歩かないんだ。まあ毒ヘビのハブがおるからと思うて、歩かないのかもしれないけど(笑)」と呟いていた。そのため、前田山は多い日では4時間も米川に四股を踏ませ、東冨士と稽古を行わせた。前田山が現役であったころは自ら胸を出した[5]。, 1951年(昭和26年)1月場所、年6場所制実施(1958年)以前では羽黒山に並ぶ、序ノ口から所要7場所の最速で新入幕を果たす[2]。1952年(昭和27年)9月場所は4日目に羽黒山、9日目に千代の山を初顔で破り、10勝5敗と二桁勝利を挙げて初の殊勲賞を受賞した。翌1953年(昭和28年)1月場所で小結を通り越して新三役(関脇)に昇進して11勝4敗の好成績を挙げ、2回目の殊勲賞を受賞した。入門当初から世話になり積極的に稽古をつけてくれた東富士の引退により1度は低迷して平幕に下がるが1956年(昭和31年)3月場所関脇で12勝3敗の成績で大関・若ノ花、平幕の前頭15枚目・若羽黒との決定戦に進出、下馬評は当然大関若ノ花有利だったがこれに勝って初優勝を果たした[1]。その優勝決定戦の取組では左四つに組みとめた朝潮が盤石の形となり、最後はうっちゃりに来る若ノ花をがぶって寄り倒し。続く格下の和羽黒も一蹴した[6]。これは昭和生まれの力士のはじめての幕内優勝でもあった。, 翌5月場所に大関昇進を賭けたが8勝7敗で失敗に終わった。しかし1957年(昭和32年)3月場所は初日から12連勝し、史上初の横綱大関総なめ(同じ高砂一門の松登と休場した吉葉山を除く)の快挙を成し遂げ、13勝2敗で2回目の優勝を果たし、場所後大関に昇進した。1958年(昭和33年)3月場所も13勝2敗の成績で関脇・琴ヶ濵との決定戦を制して優勝し大阪場所3連覇、大阪太郎の名を定着させた[3]。同年11月場所は14勝1敗の成績で4回目の優勝。この場所千秋楽の若乃花との相星対決では朝潮が突っ張りから素早く左四つに組み止めて先に上手を引き、有利な体勢から再三寄り立て、若乃花が残すと朝潮は右上手投げから頭を付け、左をハズにあてて必死に寄り切った[4]。1959年(昭和34年)3月場所は優勝こそ逃したが、13勝2敗の好成績で1月場所の11勝4敗という成績は問題視されたが横綱になった[1]。当時、胸毛のある力士は横綱になれない[7]というジンクスを見事破った[3]。横綱土俵入りでは4代高砂から「君は上手にしようと思わんでいい」と指導されたこともあって、少なくとも横綱初期においてはゆっくりとしたものに仕上がった。, しかし横綱昇進以後は脊椎分離症などに悩まされ[2]強弱の差が激しく、強い朝潮と弱い朝潮の2人がいるといわれ[3]、ある時朝潮にいい所なく負けた出羽錦が「今日は強い方の朝潮と当たっちゃった」と言っていた。また休場が多いため「や印の横綱」とまで言われた[3]。横綱在位3場所目で2回以上の休場という記録は昭和以降4人目[8]。横綱になっても足腰の脆さは残っていた[5]。その後はしばらく優勝することがなかったが、1961年(昭和36年)3月場所は4日目に栃光に敗れたのを除いて白星を重ね、14日目に大関・琴ヶ濵を押し倒して13勝1敗、14日目に5回目の優勝を決めた。千秋楽は大関・柏戸に上手投げで敗れたものの13勝2敗で再起を果たした。この場所は「弱い朝潮は生まれたばかりの息子をあやすために東京に残って、強い朝潮1人だけが大阪に来た」と言われた。5月場所は初日から3連敗で休場、7月場所は初日から7連勝し、千秋楽に12勝2敗同士で大関・大鵬との相星決戦に臨んだが敗れて12勝3敗。千秋楽の取組では、大鵬が右から張って左差し、朝潮は右上手を取って左から攻めたが、大鵬は右上手を取ると、上手投げで朝潮の体を崩し、左ハズから体を崩して大鵬が勝利[9]。これの場所が最後の光だった[3]。結局素質は戦後最高とまで言われながら連覇も全勝もなく一時代を築けなかった。体を前に小さく屈めて対する鶏追いの型で小兵力士には強く、栃錦には一時期不戦勝も含めて6連勝と健闘し、通算対戦成績も13勝16敗、若乃花はたびたび彼に苦杯を嘗め、通算対戦も16勝17敗(上述の決定戦も含めれば17勝17敗)と互角に闘った。また、大関・若羽黒には21勝3敗と圧倒的に強く、大関・琴ヶ濱にも18勝11敗と勝ち越しており、一時期は7連勝したこともあった。その一方で関脇・鶴ヶ嶺には10勝8敗と苦手にしていた。, 1962年(昭和37年)1月場所、番付に名を残しながら同場所前に現役引退を表明。横綱在位数は1961年(昭和36年)までの16場所だった(番付上は17場所)。本来は振分親方となるはずだったが親友である松登の引退の際に名跡を貸していたため当時の一代年寄制度を利用して朝潮のまま親方になる。現役力士から名跡を借りている親方は、本来は名跡の持主が引退すれば返さなければいけないが、松登は年寄名跡がなくこのままでは廃業かと心配していた。この時振分(松登)のもとを訪ね自身は横綱の特権が使えることからそのまま貸し続けることを快諾したという。同年大山(髙登)が亡くなり振分親方が大山部屋を継承すると自身は振分を襲名。一時期独立して振分部屋を経営したが後に部屋を閉じて高砂部屋に戻った。, 1971年(昭和46年)の4代目高砂(元横綱前田山)が亡くなったことに伴い、5代目高砂[1]となり、高砂部屋を継承し、先代から引き継いだ高見山、富士櫻、自分の代に入門した朝潮(現高砂)、小錦、水戸泉(現錦戸)らを育てた[2]。, また、1975年(昭和50年)の大関・貴ノ花の初優勝に際し、審判部長として、貴ノ花の兄二子山審判部副部長に優勝旗を授与させるはからいも見せた。, 1988年(昭和63年)9月場所中、弟子で西サモア出身の幕内力士だった南海龍が飲酒による素行問題を起こすと(その後南海龍は廃業)、その後間もなくして脳溢血で倒れ緊急入院。しかし意識は戻らないまま、同年10月23日に58歳で急死した。同年行なわれた若乃花還暦土俵入りの際には、「来年は儂の番だ」と自身の還暦(60歳)土俵入りを楽しみにしていたという。ただしこの土俵入りのために他人に見せられる体にするため当時50代後半という高齢に鞭をうちジョギングなどのハードトレーニングをしていたといいこれも急逝の遠因ではないかと指摘する声もある。赤い綱も用意していたが使われることなくお蔵入りとなった。, 1995年7月、出身地の徳之島町に銅像が建てられた。2006年12月の徳之島巡業の折には、孫弟子にあたる横綱朝青龍が銅像の前で土俵入りを行っている。夫人ら家族は長野県茅野市でちゃんこ鍋屋「相撲茶屋 よねかわ」を経営。長男はフジテレビプロデューサーの米川一成。, 北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)62ページから63ページ, 稽古を熱心に行えば毛という毛が擦り切れるのであって毛が残っているということは稽古が足りないという意味でこういったジンクスが成り立った。, http://mymemo.xyz/wiki/index.php?title=朝潮太郎_(3代)&oldid=95642, 初優勝の時の優勝パレードで着る紋付がなく、大柄な大山親方(元髙登)に頼んで借りたがそれでもまだ朝潮には小さかったため借りる相手がおらず、師匠に「ええい、それなら裸で行けい」と言われて史上初の締込姿での優勝パレードになった。, 1958年ごろの朝潮は相撲記者からの相撲関連の質問にあまり答えず、ファンの女学生や野球の話、『, 結婚後のある時、朝潮は妻に頼んで4代高砂から扶養控除等(異動)申告書を貰おうとしたが、4代高砂は「ばかいえ。朝汐は(昭和)23年からヤミ米食わしてやってきてるんだから、そんなものがあるがわけない」断った。しかし朝汐は他の3人か4人を通じて何度も申し出た。4代高砂は朝汐の物事を忘れる様子に驚き、最終的には「朝汐、君が23年に相撲取りになったとき、お前のとこ(徳之島)はもう外国だったんだ」と諭したという, 1986年、弟子の小錦が暴力団事務所の相談役と会食した件で協会から3か月10%の減給処分を受けた。小錦は外国人であることも関係し、事情を知らなかったとして処分されなかった, 幕内最高優勝:5回(1956年3月場所、1957年3月場所、1958年3月場所、1958年11月場所、1961年3月場所), 殊勲賞:4回(1952年9月場所、1953年1月場所、1955年1月場所、1956年3月場所). 朝潮 太郎(あさしお たろう、1929年(昭和4年)11月13日 - 1988年(昭和63年)10月23日)は、本名は米川 文敏(よねかわ ふみとし)、鹿児島県 徳之島出身(出生地は兵庫県武庫郡、現在の神戸市)で、高砂部屋に所属していた大相撲第46代横綱。 現役時代の体格は身長189cm、体重145kg。 伊勢ケ浜親方は第63代横綱旭富士として活躍していました。親方の現役時代はどのようなものだったのでしょうか。親方の現在とおかみさん、子どもにつ... 大相撲の人気力士御嶽海関の母親をテレビで見た時「あれっ」と思った人も多いのではないでしょうか。日本人と違うようだと。実は御嶽海関はフィリピン... 照強関といえば大量の塩まきが有名ですね。これでもかっというくらい塩を持って豪快にまきあげます。そもそもなぜそんなに大量の塩をまくようになった... 大相撲の土俵入りを彩る化粧まわしは見るものを楽しませてくれます。力士はみんな個性的なものを身につけていますよね。イケメンで人気の阿炎関もいろ... 舞の海さんのお嫁さんはどんな人で子供は何人いるのでしょうか。年収や評判、親方にならなかった理由、新弟子検査で頭にシリコンを埋めた挿話をご紹介... 大相撲観戦ではいろいろな化粧まわしを見られる土俵入りを楽しみにしている人もいるのではないでしょうか。力士はそれぞれ個性のある化粧まわしをして... 翔猿関はイケメン力士として人気がありますが彼女はいるのでしょうか。近いうちに結婚があるのかどうか、兄弟や四股名の由来についてもご紹介します。... 元大関豪栄道が指導を受けた境川部屋は角界屈指の厳しい稽古で知られています。師匠の境川親方とはどのような人なのでしょうか。また奥さんであるおか... 朝乃山関を全力で応援する富山県民です。長い間大相撲から遠ざかっていましたが、朝乃山関の登場で再び大相撲を見始めました。他の力士たちも注目しています。.