!』(シアタードラマシティ・日本青年館), 2012年5 - 8月、『ダンサ セレナータ』 - ルイス、新人公演:イサアク・バルトロウ(本役:柚希礼音)『Celebrity-セレブリティ-』, 2012年9月、『ジャン・ルイ・ファージョン-王妃の調香師-』(バウホール・日本青年館) -, 2012年11 - 2013年2月、『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』『めぐり会いは再び 2nd〜Star Bride〜』 - エルモクラート・オズウェル・マーキス『Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)』 - エトワールオムA/アルデバラン/ヴァルゴオムS3/エトワールギャルソンA、新人公演:ムッシュエトワール/スペシャルエトワール/ヴァルゴオムS1/アドレオム(本役:柚希礼音), 2013年5 - 8月、『ロミオとジュリエット』 - 死(麻央侑希と役替わり)/ティボルト(紅ゆずると役替わり), 2013年10月、『日のあたる方(ほう)へ-私という名の他者-』(シアタードラマシティ・日本青年館) - ジキル/イデー, 2014年11月、柚希礼音スーパー・リサイタル『REON in BUDOKAN〜LEGEND〜』(, 2018年7 - 8月、『WEST SIDE STORY』(梅田芸術劇場) - トニー, 2018年10 - 12月、『白鷺(しらさぎ)の城(しろ)』 - 幸徳井友景/安倍泰成/, 2019年11 - 2020年2月、『El Japón(エル ハポン)-イスパニアのサムライ-』 -, 2020年8 - 9月、『FLYING SAPA-フライング サパ-』(梅田芸術劇場・日生劇場) - オバク, 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜, 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』, 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』, 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』, 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』, 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』, 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』. そこで、今回は各組で新人公演主演をされた方、つまり 未来のトップスター候補生をまとめていきたいと思います♡♡, 宝塚大劇場・東京宝塚劇場で上演されている通常公演と同じ演目を下級生のみで作り上げるものです。, 宝塚歌劇団に入団してから7年目までの下級生・中堅生のみが出演することのできる公演で、, 宝塚大劇場での公演期間に1回。東京宝塚劇場での公演期間に1回。1作品につき2回のみ上演される公演です。, 新人公演で、トップスターさんが演じる主役を演じることができるのは 未来につながるとても栄誉なことです。, トップスターの方から直々にご指導いただけたり、トップスターさんと同じ衣装で真ん中に立つことができたりと、本来トップスターの人しか見ることのできない世界を 経験することができます。, 今後の舞台人生(宝塚人生)においてとても大きなターニングポイントになることは間違いなしです!!下級生の間にどれだけ経験を積むことができるかで、これからの宝塚人生に大きく影響します。, 実際に、トップスターになられた方々も新人公演で主演を経験している人がほとんどです。それほど 宝塚研究生にとって 新人公演はすごく大切な舞台です。, 元雪組トップスター早霧せいなさんの大劇場主演作品5作品のうち4作品において永久輝せあさんが新人公演主演をされています。※新人公演主演作品は、組替え前ですので 全て雪組公演です。, 2019年11月11日付で花組へと組替えし、同年11月25日より、明日海りおさんの後任として三井住友カードVJAグループの新イメージキャラクターに就任されています。, 同期の柚香光さんが花組トップスターになられて、新生花組がスタートされましたが、未だ大劇場にてお披露目公演が上演されていません。ですのではっきりは分かりかねますが花組3番手スターだと思われます♡, 元花組トップスター明日海りおさんのお役を新人公演で3度務められました♡退団公演も聖乃あすかさんが新人公演で主演を務められています。, 新人公演最後の年で手に入れた主演の座。ですが、コロナ感染の影響で まだ上演の予定が発表されていない状況です。, 2017年2月20日付で雪組から月組へと組替え。新人公演主演作品は組替え前ですので、全て雪組公演です!!, 新人公演主演に初めて抜擢されたのは研2(入団2年目)。7年目最後の年には、名作『エリザベート』のトートを演じています♡, 新人公演最後の年に初主演♡コロナ感染の影響で東京宝塚劇場での新人公演は中止となりました。, 新人公演最後の年に初主演!!同期の礼真琴がトップスターに就任し、新生星組で3番手スターとして活躍されています♡, 宝塚大劇場公演は終えているのですが、東京宝塚劇場での公演はコロナ感染の影響でいつ上演されるのか分からない状況です。, 新人公演最後の年に初主演♡2019年12月23日付で星組から宙組へと組替え。新人公演主演は星組公演です。, 2014年〜2020年の新人公演主演経験者を書き出してみましたが、結構たくさんいて驚きました。実力を試される新人公演で何度も主演に抜擢されている方は、本当にすごいですね!!それだけ実力があり、期待された存在なのでしょうね。, 2014年〜2020年の間で新人公演主演を務め、現在花組・星組でトップスターに就任されている柚香光さん(95期)・礼真琴さん(95期)。お2人とも新人公演主演3作品に抜擢されています。, 新人公演最高学年で主演に抜擢されるケースがわりと多いのかなと感じました。また、新人公演主演を何度も務めずとも、男役2番手、3番手の役をいただき 新人公演で 舞台に立つことの 経験を積み、舞台人として成長することが大切なのかなと思いました♡, この中から将来トップスターが生まれることは間違い無いでしょうね♡これからの新人公演も楽しみです!!, 関西在住の宝塚ファンです。多くの方々に宝塚の素晴らしさを知ってもらうために、情報発信していきます♡, 花組|永久輝せあが‥!一部配役・ポスター画像公開♡『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』【宝塚歌劇】, 聖乃あすか|ポスター画像公開♡『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』【宝塚歌劇 花組】. ) トップに立つ可能性が見えてきている方々:若手路線系 (就任確率50%?) ここに入るのは、劇団推しも考慮して、新人公演主演複数回経験者で、ここ2年程の間に新公もしくはバウ主演があるスターか … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 雪組の比較的他組の影響を受けづらい、じっくり育つ雰囲気の中で、新人公演を5回も主演!, ここ最近、新人公演5回主演を果たしているのは、宙組の真風涼帆さんくらいしか思いつきませんので、すごい経歴です。, その後も、バウホールや東上公演で順調に主演を重ね、トップスターに必要な3つの条件をすべてクリアしている状態です。, わたくし、きりん。の予想では、望海風斗さんは2020年10月11日の千秋楽をもって退団する可能性が高いのではないかと考えていましたが、2月17日に退団の発表がありましたので、確実なものとなりました。, ①望海さんが2020年3月~4月のコンサート『NOW! !』を開催②望海さんの宝塚カレンダー掲載月③彩風さん主演の全国ツアーが決定, トップスターに就任する【時期】は現トップスター・望海風斗さんの退団日の翌日付となります。, 『宝塚おとめ』の表紙を飾ると翌年に退団するという傾向が高いとも言われていますので、それを合わせると4つほど理由が見当たりますね。, 彩風さんは、『炎のボレロ』『Music Revolution! 1 新人公演とは? 2 【花組】新人公演主演 経験者. 杜 けあき(もり けあき、1959年 7月26日 - )は日本の女優。 元宝塚歌劇団 雪組トップスター。. ここ最近、新人公演5回主演を果たしているのは、宙組の真風涼帆さんくらいしか思いつきませんので、すごい経歴です。 その後も、バウホールや東上公演で順調に主演を重ね、トップスターに必要な3つの条件をすべてクリアしている状態です。 ZOOM ME! 1991年 には4期上の 久世星佳 ・ 若央りさ や1期上の 真織由季 ・ 大海ひろ らを飛び越し月組2番手男役スターとなる。 1993年 に初舞台から7年(正式には6年半)で月組トップスターに就任。 月組 東京宝塚劇場公演『welcome to takarazuka -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』千秋楽 ライブ中継・ライブ配信の実施について . かなめさん(涼風真世さん)の頃よりゆる~く宝塚を見守ってます。ちえさん(柚希礼音さん)との出会いで宝塚生活に激変!全ての組を鑑賞。星組贔屓、礼真琴さん、ことふうがオアシス! 宝塚大劇場での公演期間に1回。 少し前の公式発表になりますが、4月4日に月組「ピガール狂騒曲」の新人公演、その他配役が発表されました。その中で、ちょっと気になることがあり…。天紫珠李ちゃんはなんの役もつかないの?気になったのはじゅりちゃん(天紫珠李さん)でした。 新人公演とは? 新人公演とは・・ 宝塚大劇場・東京宝塚劇場で上演されている通常公演と 同じ演目を下級生のみ で作り上げるものです。. 次期トップスターに関しては、雪組の2番手である彩風咲奈さんが就任することはほぼ決定だと考えられます。, 彩風さんは2017年11月、望海風斗さんが雪組トップスターに就任すると同時に2番手に就任しました。, 雪組でじっくりと経験を重ねながら、東上公演主演など本公演以外でも成長を遂げている彩風さん。, トップスターになるには充分すぎる経歴の持ち主と言え、望海風斗さんの後任として次期トップスターになるのは、ほぼ確実でしょう。. 雪組トップスター・望海風斗の退団は2020年10月11日という予想が的中!その理由と雪組の次期トップスター&トップ娘役を大予想!... 【最新】宝塚の現役男役スターを人気ランキング!ネットユーザーの声である【検索数】【アクセス数】などをもとに最新版を作成!5組のトップスターや2番手は果たして何位なのか?... 唯一の宝塚歌劇専門チャンネル【タカラヅカ・スカイ・ステージ】ではどんな番組が見れるのかを徹底解説。舞台作品だけだと思ったら大間違い!観劇の予習やスターの素顔など魅力あふれる番組を紹介しています。... 【必見】宝塚スカイステージを無料で見る方法!視聴方法や料金は?無料放送日も知りたい!. 少し前の公式発表になりますが、4月4日に月組「ピガール狂騒曲」の新人公演、その他配役が発表されました。, じゅりちゃんは現在研6で、男役さんから娘役さんに転向した後、娘役3~4番手あたりで活躍してきました。, 「エリザベート」ではマデレーネ役を演じ、「夢現無双」では新人公演ヒロインをつとめ、その後轟悠さん主演の「チェ・ゲバラ」ではヒロインも演じています。, 私は彼女が娘役に転向した直後は「これはトップ娘役候補だな!」と確信していました。もともとじゅりちゃんが好きなこともあったんですけど。, まあ、正直現在はちょっと不透明かな…と思わずにはいられないのですが、それにしたって、まさかの新人公演で配役なし、というのは大きな違和感があります。, ただ、じゅりちゃんは番手がある子(だと思っている)なので、全く役がつかない、ということは考えづらいかなと思っています。, しかし、同期の結愛かれんちゃんも配役にないので…。この線もアリ得るのかなあと思ってしまいますね。, 逆に14年入団の研7の方々は出ているのに…(あと16年入団の研5の方々も出ている)。, 自分で思いついておいてなんですけど、公演の途中で組替えをするなんてありえないのでこれはないでしょう。, 仮に組替えがあるとしても、新人公演の配役は大きな影響を及ぼさない気が…しますが…どうなのでしょう…。, だいたい次のトップ娘役さんになる場合、あまり派手な役つきでないことが多いです(「エリザベート」は除く…って感じですけど)。, なのでもしや!?もしやなのか~!?と思いましたが、かれんちゃんも役がついてないところを見ると、うーんなんか違うのかな…と。, かれんちゃんに役がついていてじゅりちゃんについていなかったらこの線も結構ありえるのでは!?と思うのですが。, まあ、今回のじゅりちゃんに限った話ではないんですが、配役をみるにかなり若い世代を重視して使いたい傾向にあるのかな?という感想です。, 娘役さんに転向して、それこそトップ娘役レースに参戦したといってもいいらんぜくん(蘭世惠翔さん)ははーちゃん(晴音アキさん)のお役と、しっかりと芯を持ったキャラクターであろう(想像ですけど、はーちゃんは技術がある分キャラが立った役が多いので…)ところに配置されていますし。, とはいえ娘役2番手、くらげちゃん(海乃美月さん)の役は、「出島小宇宙戦争」でも愛らしかった菜々野ありちゃんはらんぜくんと同期ですね…。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 在団中は花組を中心に観ていましたが、今はゆるっと全組観劇。 観劇の記録がメイン…といいつつ、宝塚に関する雑記も多いです。 関西在住なため、宝塚大劇場で公演されているタイミングで観劇することが多いので、ネタバレが嫌!という方はご注意くださいね。, 今日のひとこと(2020.010.27):最近初めてべーちゃん出演のCMを観ました。カワイイ!!, キャスト | 月組公演 『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』 | 宝塚歌劇公式ホームページ, 月組公演 『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』のキャストをご紹介します。, 今後の大劇場ラインナップ(雪組・星組・花組)のポスター・画像を見つつダラダラ喋りたい。, 11月9日発売の明日海りおさん掲載雑誌「えんぶ」「TVガイドPerson」感想。どっちも濃くてよい!, 明日海りおさんFC限定イベント@赤坂ACTライブ配信がめっちゃよかったって話(ネタバレなし)。, 【月組】重軽のバランスが絶妙。「WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲」全体ざっくり感想(2020.09.29)※ネタバレなし, 【月組】「WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲」キャスト別感想1(珠城・美園), 【月組】アドリブも毎回楽しめた!My楽が終わったので総括「WELCOME TO TAKARAZUKA / ピガール狂騒曲」(2020.10.23&26). 真風 涼帆(まかぜ すずほ、7月18日[1][2] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役。宙組トップスター[3]。, 熊本県菊池郡[2][1]、県立大津高等学校出身[2]。身長175cm[2][1]。血液型B型[4]。愛称は「ゆりか」、「すずほ」[1][2]。, 2006年、宝塚歌劇団に92期生として入団[1][5]。宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台[2][5][1]。その後、星組に配属[1][5][6]。, 2009年、安蘭けい・遠野あすかトップコンビ退団公演となる「My dear New Orleans」で、新人公演初主演[5][7][8]。続く柚希礼音・夢咲ねねトップコンビ大劇場お披露目となる「太王四神記」で、2度目の新人公演主演[5][8]。その後も5度に渡って新人公演主演を務める[9][6][8]。, 2013年、「日のあたる方へ」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初主演[7]。, 2015年5月11日付で宙組へと組替え[7][6][1]。同年、朝夏まなと・実咲凜音トップコンビ大劇場お披露目となる「王家に捧ぐ歌」より、新生宙組の2番手となる[7]。, 2016年、「ヴァンパイア・サクセション」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場公演)で、2度目の東上公演主演[7][3]。, 2017年11月20日付で宙組8代目トップスターに就任[6][9]。相手役に星風まどかを迎え、年末の「タカラヅカスペシャル2017」でプレトップお披露目[10]。, 2018年、「WEST SIDE STORY」(東京国際フォーラム公演)で、トップコンビお披露目[9]。, 2019年、「オーシャンズ11」の再演では、自身が星組時代の新人公演で演じた主役のダニー・オーシャンを、本役として再び演じることとなり、本公演への凱旋を果たした[6]。, 母がダンス教室をやっていたこともあり、小さい頃から踊ることが好きだった[11]。6歳下の弟がおり、よく面倒をみていた[11]。, 中学3年の時に熊本で月組全国ツアー公演「大海賊/ジャズマニア」を観劇し、宝塚と出会う[11]。会場に置いてあった音楽学校の願書を目にし、母の勧めもあり中学卒業時に受験するも、何の準備もせずに臨んだため、二次試験で不合格となる[11]。受験後に、花組公演「琥珀色の雨にぬれて/Cocktail」を観劇し、「やっぱりここに入りたい」と強く思うようになり、高校入学後に声楽やバレエを習い始める[11]。, 高校2年の時、体育祭の創作ダンス発表にクラスで取り組み、学校の代表に選ばれ、熊本県の発表会に参加して入賞したことがある[4][11]。, 高峰妙子・・初代瀧川末子・・奈良美也子・・汐見洋子・・神代錦・・打吹美砂・・越路吹雪・・淀かほる・・星空ひかる・・麻鳥千穂 ・・甲にしき - 安奈淳、松あきら&瀬戸内美八 - 榛名由梨&安奈淳 - 安奈淳 - 松あきら - 松あきら&順みつき - 順みつき - 高汐巴 - 大浦みずき - 安寿ミラ - 真矢みき - 愛華みれ - 匠ひびき - 春野寿美礼 - 真飛聖 - 蘭寿とむ - 明日海りお - 柚香光(現役), 秋田露子・・初代春日花子・・初代大江美智子・・久美京子・・打吹美砂・・日下輝子・・宮城野由美子・・鳳八千代・・夏亜矢子・・美和久百合・・竹生沙由里・・上原まり(固定でない) - 上原まり&北原千琴 - 美雪花代 - 若葉ひろみ - 秋篠美帆 - ひびき美都 - 森奈みはる - 純名里沙 - 千ほさち - 大鳥れい - ふづき美世 - 桜乃彩音 - 蘭乃はな - 花乃まりあ - 仙名彩世 - 華優希(現役), 高砂松子 - 初代瀧川末子 - 奈良美也子 - 三浦時子 - 汐見洋子 - 神代錦 - 打吹美砂 - 大路三千緒 - 藤波洸子 - 打吹美砂 - 畷克美 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 恵さかえ - 但馬久美 - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 星原美沙緒 - 磯野千尋 - 夏美よう - 高翔みず希(現役), 秩父晴世 - 打吹美砂 - 楓茂美 - 玉野ひかり - 日下輝子 - 櫻野美也子 - 玉野ひか留 - 美山しぐれ - 桃山千歳 - 桂木ゆたか - 睦千賀&桂木ゆたか - 御幸沙智子&歌川波瑠美 - 歌川波瑠美 - 藤園さとみ - 銀あけみ - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 磯野千尋 - 一原けい - 梨花ますみ - 高翔みず希 - 悠真倫 - 紫峰七海 - 花野じゅりあ - 芽吹幸奈 - 冴月瑠那(現役), 天津乙女・・門田芦子・・小夜福子・・佐保美代子・・久慈あさみ・・南悠子・・故里明美・・藤里美保・・内重のぼる・・古城都 - 大滝子&榛名由梨 - 大滝子 - 榛名由梨 - 大地真央 - 剣幸 - 涼風真世 - 天海祐希 - 久世星佳 - 真琴つばさ - 紫吹淳 - 彩輝直 - 瀬奈じゅん - 霧矢大夢 - 龍真咲 - 珠城りょう(現役), 住江岸子・・笹原いな子・・初代有明月子・・雲野かよ子・・勿来なほ子・・轟夕起子・・浦島歌女・・淡島千景・・固定スター不在(筑紫まり、加茂さくらら)・・八汐路まり - 初風諄 - 小松美保 - 五條愛川 - 黒木瞳 - こだま愛 - 麻乃佳世 - 風花舞 - 檀れい - 映美くらら - 固定スター不在 - 彩乃かなみ - 固定スター不在 - 蒼乃夕妃 - 愛希れいか - 美園さくら(現役), 初瀬音羽子 - 天津乙女 - 門田芦子 - 小夜福子 - 佐保美代子 - 室町良子 - 美吉左久子 - 畷克美 - 故里明美 - 沖ゆき子 - 美山しぐれ - 水代玉藻 - 麻月鞠緒 - 朝みち子 - 汝鳥伶 - 邦なつき - 汝鳥伶 - 立ともみ - 夏河ゆら - 出雲綾 - 越乃リュウ - 飛鳥裕 - 憧花ゆりの - 光月るう(現役), 山部志賀子 - 野花千代 - 天城月江 - 沖ゆき子 - 葦城まこと - 朝倉道子 - 畷克美 - 清川はやみ - 睦千賀 - 恵さかえ - 恵さかえ&岬ありさ - 小柳日鶴 - 葉山三千子 - 榛名由梨 - 有明淳 - 汝鳥伶 - 京三紗 - 葵美哉 - 梨花ますみ - 夏河ゆら - 光樹すばる - 嘉月絵理 - 越乃リュウ - 花瀬みずか - 憧花ゆりの -綾月せり - 光月るう - 夏月都(現役), 高峰妙子・・雪野富士子・・初音麗子・・春日野八千代・・明石照子・・真帆志ぶき・・郷ちぐさ&汀夏子 - 汀夏子 - 麻実れい - 平みち - 杜けあき - 一路真輝 - 高嶺ふぶき - 轟悠 - 絵麻緒ゆう - 朝海ひかる - 水夏希 - 音月桂 - 壮一帆 - 早霧せいな - 望海風斗(現役), 御垣悦子・・初代紅千鶴・・櫻町公子・・深緑夏代・・乙羽信子・・固定スター不在(東郷晴子ら)・・新珠三千代・・浜木綿子・・加茂さくら・・大原ますみ・・摩耶明美&高宮沙千 - 高宮沙千 - 東千晃 - 遥くらら - 固定スター不在 - 神奈美帆 - 鮎ゆうき - 紫とも - 花總まり - 月影瞳 - 紺野まひる - 舞風りら - 白羽ゆり - 愛原実花 - 固定スター不在 - 舞羽美海 - 愛加あゆ - 咲妃みゆ - 真彩希帆(現役), 2代目若菜君子 - 桂よし子 - 秋月さえ子 - 初音麗子 - 春日野八千代 - 天城月江 - 東郷晴子 - 登代春枝 - 美吉左久子 - 大路三千緒 - 睦千賀 - 曽我桂子 - 銀あけみ - 真咲佳子 - 京三紗 - 箙かおる - 飛鳥裕 - 梨花ますみ - 奏乃はると(現役), 千村克子 - 梢音羽 - 清川はやみ - 壬生櫻子 - 緋櫻陽子 - 水原節子 - 淡路通子 - 三鷹恵子 - 三鷹恵子&木花咲耶 - 曽我桂子&葉山三千子 - 曽我桂子 - 岸香織 - 尚すみれ - 真咲佳子 - 沙羅けい - 北斗ひかる - 飛鳥裕 - 灯奈美 - 未来優希 - 麻樹ゆめみ - 奏乃はると - 千風カレン(現役), 春日野八千代・・葦原邦子・・南悠子・・寿美花代・・那智わたる・・上月晃・・鳳蘭&安奈淳 - 鳳蘭 - 瀬戸内美八 - 峰さを理 - 日向薫 - 紫苑ゆう - 麻路さき - 稔幸 - 香寿たつき - 湖月わたる - 安蘭けい - 柚希礼音 - 北翔海莉 - 紅ゆずる - 礼真琴(現役), 梓真弓・・浅茅しのぶ・・宮城野由美子・・初風諄・・大原ますみ - 固定スター不在(衣通月子、奈緒ひろき、初風諄ら) - 遥くらら - 東千晃 - 姿晴香 - 南風まい - 南風まい&湖条れいか - 南風まい - 毬藻えり - 白城あやか - 月影瞳 - 星奈優里 - 渚あき - 檀れい - 白羽ゆり - 遠野あすか - 夢咲ねね - 妃海風 - 綺咲愛里 - 舞空瞳(現役), 門田芦子 - 汐見洋子 -(星組廃止中)- 神代錦 - 水原節子 - 御山櫻 - 天城月江 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 葉山三千子 - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種(現役), (星組廃止中) - 美吉左久子 - 汐風享子 - 瑠璃豊美 - 由美あづさ - 汐風享子 - 畷克美 - 鳴海潮 - 瑠璃豊美 - 木花咲耶&水代玉藻 - 木花咲耶 - 麻月鞠緒 - 但馬久美 - 新城まゆみ - 萬あきら - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種 - 白妙なつ(現役), 姿月あさと - 和央ようか - 貴城けい - 大和悠河 - 大空祐飛 - 凰稀かなめ - 朝夏まなと - 真風涼帆(現役), 花總まり - 紫城るい - 陽月華 - 野々すみ花 - 実咲凜音 - 固定スター不在 - 星風まどか(現役), 1期生 - 2期生 - 3期生 - 4期生 - 5期生 - 6期生 - 7期生 - 8期生 - 9期生 - 10期生, 11期生 - 12期生 - 13期生 - 14期生 - 15期生 - 16期生 - 17期生 - 18期生 - 19期生 - 20期生, 21期生 - 22期生 - 23期生 - 24期生 - 25期生 - 26期生 - 27期生 - 28期生 - 29期生 - 30期生, 31期生 - 32期生 - 33期生 - 34期生 - 35期生 - 36期生 - 37期生 - 38期生 - 39期生 - 40期生, 41期生 - 42期生 - 43期生 - 44期生 - 45期生 - 46期生 - 47期生 - 48期生 - 49期生 - 50期生, 51期生 - 52期生 - 53期生 - 54期生 - 55期生 - 56期生 - 57期生 - 58期生 - 59期生 - 60期生, 61期生 - 62期生 - 63期生 - 64期生 - 65期生 - 66期生 - 67期生 - 68期生 - 69期生 - 70期生, 71期生 - 72期生 - 73期生 - 74期生 - 75期生 - 76期生 - 77期生 - 78期生 - 79期生 - 80期生, 81期生 - 82期生 - 83期生 - 84期生 - 85期生 - 86期生 - 87期生 - 88期生 - 89期生 - 90期生, 91期生 - 92期生 - 93期生 - 94期生 - 95期生 - 96期生 - 97期生 - 98期生 - 99期生 - 100期生, 101期生 - 102期生 - 103期生 - 104期生 - 105期生 - 106期生, 1914年 - 1915年 - 1916年 - 1917年 - 1918年 - 1919年, 1920年 - 1921年 - 1922年 - 1923年 - 1924年 - 1925年 - 1926年 - 1927年 - 1928年 - 1929年, 1930年 - 1931年 - 1932年 - 1933年 - 1934年 - 1935年 - 1936年 - 1937年 - 1938年 - 1939年, 1940年 - 1941年 - 1942年 - 1943年 - 1944年 - 1945年 - 1946年 - 1947年 - 1948年 - 1949年, 1950年 - 1951年 - 1952年 - 1953年 - 1954年 - 1955年 - 1956年 - 1957年 - 1958年 - 1959年, 1960年 - 1961年 - 1962年 - 1963年 - 1964年 - 1965年 - 1966年 - 1967年 - 1968年 - 1969年, 1970年 - 1971年 - 1972年 - 1973年 - 1974年 - 1975年 - 1976年 - 1977年 - 1978年 - 1979年, 1980年 - 1981年 - 1982年 - 1983年 - 1984年 - 1985年 - 1986年 - 1987年 - 1988年 - 1989年, 1990年 - 1991年 - 1992年 - 1993年 - 1994年 - 1995年 - 1996年 - 1997年 - 1998年 - 1999年, 2000年 - 2001年 - 2002年 - 2003年 - 2004年 - 2005年 - 2006年 - 2007年 - 2008年 - 2009年, 2010年 - 2011年 - 2012年 - 2013年 - 2014年 - 2015年 - 2016年 - 2017年 - 2018年 - 2019年, 姿月あさと(1998年1月1日~2000年5月7日) - 和央ようか(2000年5月8日~2006年7月2日) - 貴城けい(2006年7月3日~2007年2月12日) - 大和悠河(2007年2月13日~2009年7月5日) - 大空祐飛(2009年7月6日~2012年7月1日) - 凰稀かなめ(2012年7月2日~2015年2月15日) - 朝夏まなと(2015年2月16日~2017年11月19日) - 真風涼帆(2017年11月20日~), 高汐巴、大浦みずき、若葉ひろみ、但馬久美、朝香じゅん、秋篠美帆、安寿ミラ、真矢みき, 紫苑ゆう、麻路さき、白城あやか、稔幸、真織由季、絵麻緒ゆう、神田智、湖月わたる、星奈優里、月影瞳(東京公演のみ), 真矢みき、純名里沙、愛華みれ、海峡ひろき、美月亜優、詩乃優花、紫吹淳、匠ひびき、渚あき、初風緑, 愛華みれ、大鳥れい、匠ひびき(宝塚公演のみ)、伊織直加(専科)、楓沙樹、春野寿美礼、瀬奈じゅん, 和央ようか、花總まり、初風緑(専科)、安蘭けい(星組・東京公演のみ)、水夏希、大和悠河、遼河はるひ、彩乃かなみ, 阪急コミュニケーションズ『RISING STAR GUIDE 2012』2012年、106-107頁。, 「波瀾爆笑!