4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 例えば「料理を作る」などというように比較的小さなものを作る時や、「行列を作る」と言うような形のないものに対して使われるところがあります。, そして真ん中の「造る」ですが、こちらは船とか大掛かりなものに関して作ることようなイメージが多いですね。, 確かにこの真ん中の「造る」は、船に限らず、家具やお酒など一般の方が作ることができず、機械で作ることが多いものに関しては「造る」が使われます。, 最後の「創る」は、先程の創造にも出てきましたが、芸術作品であったり、新しいものを生み出すという意味合いで使えます。, ただ、常用漢字にはこの「創る」のほうの時はそのような訓読みがなく、公用文ではこのような「創る」は使われません。, 普段は「作る」の方を主に使っていて、あとの2つはそこまで使っていませんでしたが、このような意味があるということで、著者も積極的に使っていこうと思いました。, 著者も実はこの「もと」というのが「本当にこの使い方で良いのか?」と実は悩んでいます。, 例えばですが、麻婆豆腐の「もと」と言うと、どの「もと」が良いのだろう?と悩むことが多いです。, 元の「もと」と言うのは、大自然の第3版によると物事が生まれるものや所のことを指すようです。, そして「基」の「もと」ですが、こちらは物事の根本をなすところとの意味なのだそうです。, 例えばですが、「花の基が枯れる」や「資料を基に回答をする」と言うような使われ方をされます。, このように何通りもある「もと」ですが、著者も気になってこの麻婆豆腐の「もと」がどの漢字に当てはめるのが正解なのかを調べてみました。, このように、同音異義語を探っていくと、本当に奥深くて普段なんとなく使っていたけれどこのような意味があったのかということを再発見しました。. ・友達と相談したり、力を合わせたりしながら、大型の製作に取り組んでいくことで、一人で 5-6造形活動の指導:創造性を育てるための活動 ・ イメージしたことや感じたことをのびのびと表現することから、想像力や創造力 が育つ。 詳しくは、文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。 夢想で終わるか、現実世界に顕現させられるかの違いだと思います。 今こそ『天地創造』の秘話をお話ししましょう。 天地創造 ”はじめに神は天と地とを創造された。” ~中略~ ”そして神は第七日にその作業を終えられた。” 実は、このお話の前に前夜録がありました。 自分が悪いのかも、と思えるのが想像力。 創造的|creative, 創造性|originality[英]、 créateur[仏]、 宝くじで返せた自分を思い描くのが妄想力。  充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) 国語の問題で、      九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。  ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 「答えには『創造』しか書いていないけど、『想像』でもいいよ。 なぜならば、 ☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、  ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。 参考URL:http://gogen-allguide.com/ko/konbanwa.html, 文章の校正をしているのですが、「取組」と「取り組み」と「取組み」の使い分けがわかりません。名詞と動詞で区別するというようなことを聞いたこともあるのですが、名詞と思しき箇所にも「取り組み」とあり、迷ってしまいます。  ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。 ご質問2: 小学生の時にそのようなひっかけ問題がかなりありますが、皆さんを正確にイメージができるでしょうか? 想像力と創造力の意味の違いって何ですか? なぜそのような件がニュースになっているのかなと不思議に思ったものですが、成長してから聞くと、あの「汚職事件」だったということがはっきりとわかりました。. 科学では「あるのかないのか?日本人の創造性、草創期科学者たちの  ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 しかし、以下のネット辞書の説明でも判るように、独創性と創造性には 【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。 小説家になるために必要な全ての知識が、いまここに!【Project Creator’s Ally】. 簡単に教えてください。よろしくお願いします。, 世の中の成功している男性には様々な共通点がありますが、実はそんな夫を影で支える妻にも共通点があります。今回は、内助の功で夫を輝かせたいと願う3人の女性たちが集まり、その具体策についての座談会を開催しました。, 経験を"もと"に話す。 重なる部分が有るようです。創造性は造語の様で、日・英・仏・独の 独創性:独自の考えで物事をつくり出す能力。また、新しい物事が I like to〜.は〜したいという意味なのに、〜が好きという意味もあります. 興味がある方は、ぜひとも検索してみて、その書籍を手にとられてみてはいかがでしょうか? 「創造」でも「想像」でもよいです。 「創造」「想造」「想像」の意味の違い 「そうぞう」という発音を聞いた時、どういった表記を思い浮かべるでしょうか。「想像」や、あるいは「創造」が浮かんだという人が多いでしょうが、場合によっては「想造」が浮かんだという人もい… よろしくお願いします。, はじめまして。 著者なら、初めの「そうぞうは」のほうは「想像」のほうを、「そうぞう」の母の方は「創造」を当てはめます。, この、「そうぞう」は「そうぞう」の母ですが、チンパンジーと人間の子供とでの実験があり、人には実際にはないものを想像で補う能力があるということがわかってきています。, なんと2歳半より前の子はチンパンジーと同じく殴り書きをするところがありますが、2歳半を過ぎると、点で顔の輪郭をなぞるようにすると、ない部分、つまり眼などを補うようになると言うのです。, 例えばですが、顔のシミが顔に見えてどきっとしたような感じになるなど、人間は何もない状態からあたかもあるかのように思い浮かべることができる特徴があり、それがいろいろなものを生み出す原動力になっています。. 普段何気なく使っている日本語ですが、深く考えたことはそこまでないとおっしゃる方も多いでしょう。, 日本語は漢字のバリエーションが豊かだけど、英語の本ように発音はあまり豊かではありません。, このように、英語は発音がバリエーション豊かなのに対して、文字に関してはアルファベットの文字しかありません。, 多くの場合はそのような発音を変えることで意味を変えているところがありますが、言葉には限界があるので、明らかにかけ離れたものを発音と同じようなものにしています。, 例えばあの日本人にもよく知られているデザートの発音、なんと砂漠と言うような意味もあるのです。, あの食事の後や3時のおやつに楽しむデザートと砂漠と言うと少々かけ離れたところがあるので、そのような選択をされているとの所説があるのです。, 日本語の場合は、発音のバリエーションこさんあまり多くないものの、漢字で色々な意味を表すことができるので、同じような発言で全く違う意味の言葉というのがあるのです。, さて、発音の種類が多くないのににもかかわらず、日本語は漢字で色々な意味を表すことができるので、同音異義語なるものがたくさんあるのです。, このように同音異義語と言うとどのようなものかと言うとあまり思い浮かばないところがあるかもしれませんが、具体例を挙げると、「ああ、このことか。」と思い浮かぶ方は多いと思います。, 具体例を挙げると「いどう(移動、異動)」「きかん(期間、機関、気管、帰還)」「こうしょう(交渉、公証)」などです。, 皆さん、政治の汚職事件のニュースを幼い頃に聞いて、「お食事券」を想像した人はいませんか?    『創造力』・・・あなた独自の考え方で表現したり行動を起こす能力。, ただ、『創造力』の方は少しわかりにくいかもしれませんね。これは独自性(オリジナリティ)という言葉をどう捉えるかが難しいためだと思われます。, そういうわけで、ここからは『想像力』と『創造力』を生み出す方法を一緒に考えていくことにしましょう!, 少し回りくどい言い方になってしまいますが、冒頭の意味を踏襲すると『想像する』というのは『不完全なものを考えることで補う』ということなわけなので。, そして、私たちがその『不完全なもの』に関心を抱く時というのは「この事件は何故起きたんだろう?」とか、「どうやったらもっと面白い作品が書けるだろう?」といった『疑問』を伴っていることが多いのです。, 不完全なものがあったとしても「へぇ~」で終わらせてしまうのであれば、考えていないので想像していないのと同じですからね。, つまり、『疑問』というものを種火にして、私たちは想像という作業を行っていくわけです。, ちなみに、想像力のスペシャリストというと『ファンタジー作品の著者』なんかが挙げられると思います。, 彼らは、一体どうやってファンタジー世界を想像しているのかと言うと「ファンタジー世界構築のための質問リスト」といった本を使って沢山の質問に答えていくことで、世界を想像するという独自の手法をとっていることが知られています。, これも全く同じことで、要するに『疑問』さえ持つようにしていれば、想像というのはいくらでも広げることが可能だというわけです。, 「彼は何故ここに居るのか?」という疑問があったとしたら、「タイムトラベルしてきたから」といった突飛でデタラメな解答でも想像するだけならできるのです。, ただ、ここで問題になるのは「どうやって、それらの疑問たちから有益な解答を導き出せるか?」ではないでしょうか?, しかし、実はここで悩んでいるとすれば必要なのは『想像力』ではありません。それは『問題解決能力』と呼ばれるものです。, 問題が解消できないことに無力さを感じているのであれば、それは『問題解決能力』の問題だと捉え直した方が良いでしょう。, とはいえ、このままではなんだか議論を煙に巻かれたように感じる方もいらっしゃるかと思いますので、一応『問題解決能力』についても軽く触れておくことにしたいと思いますね(笑)。, 問題解決能力といえば、どんなに苦手であったとしても私たちは義務教育の頃から多かれ少なかれ『算数・数学』という科目で勉強させられてきていたりします。, そして、基本的に数学のテキストの作りを見直してもらえばわかるのですが、どれも最初に問題と解答をみせた後、似たような問題を解かせる構成になっています。, 人は一度経験すると、二回目はもっと簡単に解ける傾向にあります。このように作業を繰り返しながら、いろんな問題に出会うことによって、それらを組み合わせて多種多様な問題が解けるようになっていきます。, そのため、『問題解決能力』を付ける最短の道は、すでに解答を持っている人に聞いて問題と解答の組み合わせをたくさんインプットしていくことと言われています。, 逆に、人の意見を聞かず断固として自力で考え解答がでないままにしている人ほど、問題解決能力は低くなってしまいます。要するに、人に意見を聞いて一度そのままやってみることが大切だというわけです。, さて、ここまでは想像力の高め方について話してきましたので、続いては『創造力』の意味と鍛え方についてみていくことにしましょう。, 先述の通り、『創造力』とは「あなた独自の考え方で表現したり行動を起こす能力」ということなので、超わかりやすく言えば、, ここで問題になってくるのが、「オリジナル(独創性)ってなんだ?」というところではないかと思います。わかりやすくするために、一つたとえ話をすることにしましょうか。, いま、みなさんに読んでいただいているまさに『この記事』もある意味、創作物の一種なわけなのですが。, この記事だって「多くの方々が、一体どんなことを考えながら『想像力』というキーワードを検索してくるのか?」想像力を膨らましながら書いています。, また、実際に『この記事』という形を持って表現されているわけなので、その過程では必ず『創造する力』が働いてくれていることになります。, では、私はどのようにみなさんが望むであろう解答を想像した上で、『この記事』を創造しているのでしょうか?そのメカニズムをみていくことにしましょう。, まぁ、メカニズムといっても冒頭に述べた通りで、思いついたことをダラダラと記述していっているだけなんですけどね(笑)。でも、これが一番大切なんです。, とにかく、手を動かしてみることがオリジナルな作品を作る第一歩なんですよ?もう少しだけ噛み砕いて、お話していくことにしましょう。, オリジナリティ(独自性)とは、「創作者が作品を創りあげるまでに辿ってきた道のりのこと」だと思います。, 以前、「いまこの瞬間、この場所で息をしている人生の一場面を創作しているのは、絶対に自分しかいない。人生だけは、完全にオリジナルな体験である」という方の話を聞いて、なんだか腑に落ちたことがありました。, たまに創造力が凄まじい人をみると、「すげぇー、よく思いつくよなぁ」とか「頭の作りが違うのではないか?」と思うこともありますが、これは体験という小さな階段を登り続けているかどうかで見渡せる景色の広さに差が出ているだけのお話だと思うのです。, 私は普段記事を書いているとき、「できる限りわかりやすく」、「読んでるだけで楽しい」、「いますぐに使える即戦力的な内容で」、「正確または、論理に筋が通っていて一定数の賛同を得られそうな内容」を「悩んでいる人の代わりに言い切る」ように心がけているのですが。, それこそが『この記事』のオリジナリティに、つながっているのだと思うんですよね。でも、もちろん最初からわかっていたわけではありませんでした。, 最初の方の記事なんて、傍から見たらタダのパクリ記事も良いところだったかもしれませんね(笑)。, それでも、書いていくうちに読者様から「ここってどういうこと?」とか、「うーん。よくわからん」と言われたりしていくうちに、次はもっとこういう工夫をしてみようと考えていったわけです。, したがって、今の貴方にしか観えていないものもあるわけで、できることから積み上げていった先に見えてくる新たな景色というものがあるのだと思うんです。, まずは、目先のことを考えていきましょう。随分と遠くをみるのも大事ですが、それは自信をつけてからでも十分なのではないかと思います。, 『想像力』を高めるためには、日頃からよくわからないものに触れて想像してみて、人を頼ってでも良いので答え合わせを繰り返していくと良い訓練となるでしょう。, また、『創造力』を鍛えるためには、とにかく出来そうな目先のことから手当り次第やっていきましょう。その過程でオリジナリティが生まれ、あなたにしか見えないアイデアが出現してくれるようになるでしょう。, 一つだけ例をあげておくと、もし小説を書く際に想像力がほしいという方は「まずは小説を読んで、自分の書き方と照らし合わせること」、創造力を鍛えたいのであれば、「とにかく書きまくること」が最短の道ということです。, 最後に、頭ではわかったけれど何故か行動に移せないで、手が止まってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。そのときは、以下のモチベーションに関する記事をおすすめしておきますね!, タイトルは「小説家が長編でモチベーションを保つ最もシンプルな方法とは?」となっていますが、一般の方にとっても同じ話なので少しは参考にできるかと思います。それでは!. 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 ☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 皆さんは、この「そうぞう」力豊かなストーリになっていると言う言葉に、どのような想像を当てましたか? 「参考資料」→「国語表記の基準」→「送りがなの付け方」 【創造性】と【創造力】の違いって何ですか?「創造する側(人)」にある「能力」が「創造力」。「創造性」は「創造的な要素・性質・特徴」のことなので、「創造する側」よりも主に「創造されるもの」に使う。「創造力がある」のは芸術家と (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"筆を折った人のための創作論: 一時間で作れる『物語の作り方』とは? 作家の味方プロジェクト","b":"","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/519A3eXTTIL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B08MCXZMWZ","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1802548"},"eid":"B7L4v","s":"l"}); 想像力と創造力をすぐに高める意外な訓練法とは?|想像力がない人・豊かな人の違いと鍛える秘訣!, 小説・物語冒頭の書き出しが難しくて書けない方へ!|ライトノベルの導入・物語出だしの書き始め方とは?, センスのいい小説タイトルの付け方!|売れる・秀逸なラノベの題名とは?~物語に惹かれるかっこいいタイトルをつけよう!~. 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 Society 5.0は「創造社会」 8 デジタル革新を人々の多様な生活や幸せの追求のために活用すべき。 今後、人々には世の中を変える「想像力」と「創造力」が必要。 Society 5.0とは創造社会であり、「デジタル革新と多様な人々の想像・創 「今までにない新しいものをそうぞうする」の「そうぞう」は、 「創造」と「想像」の違いは、「創造」は「新たなものをつくりだす」のに対し、「想像」は「現実にはないことを思い浮かべる」ということで、英語に言い換えるのが一番わかりやすいかもしれませんね。 「創造」と「想像」の使い方では、 どうやって振り向かせるかを考えるのが想像力。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 との区別と思います。 創造性:新奇で独自かつ生産的な発想を考え出すこと、またはその能力。 「新規のものを想像する」   ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。 やはり、これらも、普通の日本語です。 もつそのような性質。独創性のある作品。 自分は完全に悪くないのが妄想力。 (1)特定の領域の語で,慣用が固定していると認められるもの。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。   「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 皆さんはどうでしょうか? 子供が鍛えるべき「想像力」と「創造力」 さて、この2つの「そうぞう」を見てきましたが、子供にはどちらも鍛えるべき力です。 やはり、物事を考える力と言うのは、対人スキルにおいても何かを生み出す事においても大切なことです。 参考URLの「カタカナ表現」には、残念ながら「クリエイティブ」は載ってませんでしたが、今後役立つこともあるかも知れません。 「今までにない新しいものをそうぞうする」の「そうぞう」はどういう漢字を書くのかという質問の答えです。解答は「創造」なのですが、どうして「想像」では×なのかと聞かれています。私は、直感的に、今までにない新しいもなので創造であろうと思ったのですが、想像ではどうして間違いであるのかを明確に答えられません。 「想像力」と「創造力」でデジタルを駆使. ☆この二つの文字の違いは何か? 宜しくお願い致します。, 極論ですが、 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 業績から探る」飯沼和正 ブルーブックの様に使われています。 よろしくお願いします。, こんばんは。 よろしくお願いします!     としたいところです。  ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 私だったら、 また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります., 辞書で語句の意味は調べてみたのですが、いまいち「想像」と「空想」の違いが理解できないので、解りやすく教えていただけませんか?, [想]はおもう、おもいえがく事ですね。 【通則 6】 「そうぞう」と言う4つの文字に対して、頭で思い浮かべる想像と、何かを作り出す創造とどちらを思い浮かべますか?  ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 『想像力』を高めるためには、普段から「よくわからないもの」へ接して考える癖をつけると良いでしょう。そして、考えた結果と解答をできる限り繰り返し照らし合わせてみましょう。, あんまり難しく考える必要はなくて、たとえば本屋で何が面白いのかよくわからず普段は立ち入ることのない本棚を眺めてパラパラと本をめくってみたり、休日に博物館の展示を見に行って館員さんに面白さを教えてもらうのも効果的だと思います。, とにかく、自分の知らないこと。よくわからない不完全な状態のままにしてきたことへ触れる回数を増やしていくと、想像力は自然と豊かになっていくでしょう。※この訓練法の論拠については、後述していこうと思います。, また、『創造力』を鍛えるためには「まずは思いついたことを手当たり次第でいいので、とにかく形にしていく」と良いでしょう。下手くそでも大丈夫です。, 想像力&創造力が足りない人と、想像力&創造力が豊かな人の決定的な違いは『行動してきた量』と『人の意見に耳を傾けてきた回数』にあると思われます。, 先述の結論へ至るまでの経緯についてお話をする前に、まずは『想像力』と『創造力』という言葉の意味や違いを軽くだけおさらいしておきますね。, 『想像力』と『創造力』の意味を辞書で引いてみると、それぞれ以下の通りに記載されています。, 想像力(そうぞうりょく、英語: imagination、フランス語: imagination)は心的な像、感覚や概念を、それらが視力、聴力または他の感覚を通して認められないときに作り出す能力である。 想像力は経験に意味を、知識に理解を提供する助けとなり、人間が物事や現象を理解するための基本的な能力の一つである。 やはり、業績に大きく影響するというのは実際に何かを成し遂げないとなされないことだと思いますので、やはり作り上げる方の創造が適切なのではないかと思いました。, あの思い浮かべる方の想像の方が先で作り上げるほうの創造は後についてくるものですので、初めの思い浮かべるほうの想像でも、決して意味は通じなくは無いのかもしれません。, これは、人によってこの当てはめる文字が違うのではないかと言うような一例なのかもしれませんね。, 彼の考え出す力が凄いのか、何かを生み出す力がすごいのかと言うのは、その時々でないと、適切に判断できないかもしれません。, 例えばですが、思い浮かんだことを彼が話してくれたと言うことであれば、イマジネーションの方の想像を当てるのが適切です。, ですが、彼がアーティストや何かの作家と言うことであれば、生み出すほうの創造を当てることが適切なのではないかと思われます。, このように、この一文ではどちらの想像を当てるのが適切なのかというのがよくわからないと言うものがあります。, ですので、もし文字に書かれているとすれば、その漢字の意味を頼りに同音異義語の想像すると言うことになります。, このように、「そうぞう」の2つをとってもいろいろな意味取れるようなものがあります。, ですので、その時々によってどちらの感じを当てるのが適切かというのを判断する必要があります。, また、文字に書かれているのであれば、正しい文字を与えることで、その意味がどのようなものなのかを推し量ることができるようになります。, やはり、物事を考える力と言うのは、対人スキルにおいても何かを生み出す事においても大切なことです。, 例えばですが、想像する方は、自分が体験してなくても相手がどのような気持ちかというのを想像できなければ、円滑な人間関係を築くことができません。, こちらは、学校のみならず将来働くことになっても、主婦になって子育てをするにおいても、想像する力は一生必要なものになってきます。, そして、今はいろいろな道があるとは言え、何かを作り出す力がある人はいつの世にも必要とされているものです。, やはり考える方の想像は、先ほども触れたように学生ではなくなっても大切になってくる力です。, 考える方の想像力があることで、自分が実際に体験しなくても相手がどのような気持ちかを推し量ることができるようになります。, また、社会人になって接客業など人と接するような力が仕事するとしたら、そのような力は必須条件です。, ですので、よく「勉強ばかりができても…。」なんて言われますが、それはこの想像力のほうのことです。, やはり、今は、就職難という事もあり、何か抜きん出た力があった方が良いに越した事は無いのです。, やはり、答えは1つというものにこだわりすぎるがあまりに、新しいアイデアを生み出せないようになってはいけません。, 例えば妻が申しておりましたが、とても正解にこだわる厳しい上司の下では、なかなか臨機応変な力は生まれてこないって言うのです。, その上司が、歴代のアシスタントの人が「臨機応変さがなかった。」ということを言ってたのですが、その時妻は、その人の下ではそのような臨機応変な力は生まれないだろうと言っていました。, 何か、違うことをやって怒られることが増えていき、だんだんと以前の方法のままで…と言うような感じになり、ものを考える力があまりなくなってくるところがあったようです。, ですので、正解と言うのも大切なのかもしれませんが、こだわりすぎるのも考えものだということです。, いろいろな社会人の人を見てきましたが、やはり、なかなか従来通りの方法やってくれないような人ほど何かを生み出す力があったりします。, そのような人は、少々型破りなところがあって、部下としては少々扱いにくい人が多いです。, でも、そのような人こそが何かを生み出すところがあり、やはり適材適所なのだななんて思ってしまうこともあります。, もし、まだ幼いお子さんがいるのであれば、その「そうぞう」力を伸ばすチャンスがあります。, もちろんそれができなかったからといって、「そうぞう」力が育たないわけではないので、無理をする必要はありません。, もちろん無理のない範囲で良いのですが、なるべくテレビを見せず、いろいろな活動する時間に変えてみるのも良いでしょう。, あとかのスティーブンジョブズも、何かを生み出す時は散歩しながらディスカッションをする事もあったようです。, ですので、お子さんと散歩を楽しみながらいろいろなことを話すと言うのも良いでしょう。, ですので、そのことについて「もっと知りたい!」とか「もっとやりたい!」と言う好奇心も大切です。, ただ、子供を育ててみて思いますが、あまりにもその能力を身につけさせようと無理強いをしてはいけません。.