Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. サントリーの泡だつチューハイ「awa's どこかで聞いたことがある女性グループのミュージシャンを有名だと思われる順に並べてまとめてみました。売れた曲や,テレビ,ラジオ,cm,番組で扱われた曲ほど上の方に表示しております。代表曲,ヒット曲,定番曲,名曲,ヒットソング,おすすめ,一番ソング,人気曲まとめサイト。 『コーラス(ハモリ)が秀逸な洋楽10選』! あくまで独断と偏見と好みということでお楽しみください。 順不同でーす。 やっぱりハードロック系が多し。(笑) ・will you be there :heart. & Q. ツイート. Band – (I Could Never Say) It’s Over (1982), #5 Maze feat. 80年代から2000年代まで、洋楽女性ボーカルの名曲を30曲集めました。cmや映画などで誰もが聞いたことがある曲もたくさん。曲調も感動のバラード系からノリの良いダンサブルな曲まで幅広く紹介して … 世界中で人気のおすすめ洋楽女性アーティストをまとめました。2020年の今もっとも人気がある洋楽女性アーティストがわかるように、検索回数のランキング形式で紹介します。洋楽にあまり詳しくない方は、ランキングの上位から順番に女性アーティストの曲を聴いてみてはいかがでしょうか。 – We Are On The Move (Official Video), The Whispers – Rock Steady (Official Music Video), Shalamar – "A Night To Remember" (Official Video), Shalamar – Dancing In the Sheets (Official Music Video), Jody Watley – Looking For A New Love (Official Video), [I Could Never Say] It's Over [Full Length Album Mix], 80年代兄弟グループを代表する存在として数々の名曲を残した Debarge (デバージ)。ジャクソン5の70年代後半以降の名称であるJacksons(ジャクソンズ)やThe Jets(ザ・ジェッツ)と共に80年代を盛り上げていました。そんなデバージの中でも代表的な、絶対に押さえていてほしいメロウR&B6選をご紹介します。, #1  The Whispers – Keep On Lovin’ Me (1983), #2  Shalamar – A Night To Remember (1982), #4  B.B. 『これ聴け』シリーズ第2弾!前回"【まずはこれ聴け】洋楽 80年代 r&b 7選"では80年代ど真ん中の、まさに80年代を代表するアーバンコンテンポラリーを中心にお送りしてきました。そしてこの第2弾は、「グループ」をテーマにお届けします。 スターズ(Pointer Sisters), マーサ&ザ・ヴァンデラス(Martha&The Vandellas), バック・ストリート・ボーイズ. シェア. 泡!泡!と女性コーラスが入るcm曲? 2007/07/04掲載. 『これ聴け』シリーズ第2弾!前回”【まずはこれ聴け】洋楽 80年代 R&B 7選“では80年代ど真ん中の、まさに80年代を代表するアーバンコンテンポラリーを中心にお送りしてきました。, 70年代~80年代はR&Bソウル、ディスコ、ロック、ファンクバンドやコーラスグループが全盛期でもありました。そんな中から比較的ライトなところ・・・とでもいうんでしょうか、ポップでハーモニーが美しいグループを中心に選んでみました。, ウェストコーストR&Bレーベルの雄、ソーラーレコードの売れっ子ボーカルグループから。この曲もウェストコーストっぽくて良いんですが、MVがカッコイイですよね。, このMVは、Zo!の”We Are On The Move“やMad Skillzの”In A Minute“でオマージュされてます。, と、いきなり一発目から話が逸れてますが、彼らの80年代後半のヒット曲、当時若手プロデューサーとして波に乗っていたBaby Faceのプロデュース曲“Rock Steady”, The Wispersと同じソーラーレーベルより、70年代から80年代にかけて活躍したソウルトレインから生まれた3人組グループ。この曲はディスコヒットとして有名ですね。, 当時社会現象にもなった映画『Footlose』のサントラに収録の“Dancing In The Sheets”, そして、メンバーの紅一点、Jody Watleyはその後、80年代後半にソロアーティストとして大ブレイクしましたね。ソロデビュー曲、“Looking For A New Love”今聴いてもこのイントロ、カッコイイ!, 73年結成のオクラホマ・ファンクバンド。かなり太めのベースラインが特徴のファンクを得意としていますが、今回取り上げるようなメロウなミディアムヴァイヴの名曲も多いバンドです。この時代のファンクバンドはこういう剛/柔両軸で名曲を残すグループが多いですが、その代表格でしょう。, 「Brooklyn, Bronx and Queens band」名前の通りニューヨークのセッションミュージシャンを集めたディスコバンド。ニューヨークらしい艶やかな曲が売りでした。, Eath Wind & Fire “Let’s Groove“に引けを取らぬディスコの名曲、“On the beat”  (1981), 70年結成のいぶし銀ベテランソウルグループ。日本でいうところの内山田洋とクールファイブ・・・ってちょっと違うか。数々の「シルキーソウル」な名曲を残しています。, そんな中でもFrankie Beverlyの伸びやかな歌声が聴ける代表曲がこの“Before I Let Go”ではないでしょうか。, 名盤「Silky Soul」から。甘く切ない“Can’t Get Over You”  (1989), 80年代兄弟グループの代表はJacksonsではなくDebargeで決まり。メインボーカルのEl Debargeのピュアで甘い歌声は誰が聴いても癒されてしまいますね。, ヤバい、この曲は本当にヤバい。美しすぎる。“Who’s holding Donna now”(1985), ミネアポリスの兄弟姉妹グループ。85年デビュー。Debargeをより勢いよく爽やかポップにしたようなグループでしたね。このグループのバラードも甘く切ない青春の味がして好きです。, なんか当時は何とも思ってなかったような気がしますが今すごく好きな曲。“Crush on You” (1985), 以上、第2弾は「グループ」縛りで選んでみました。今後もいろんなテーマで80年代R&Bを掘り下げていこうと思います。, 横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。, 今でも掘り続ける元プロDJの視点からJazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indieを中心に少し濃い目の洋楽をお届けします。, The Whispers – Keep On Lovin' Me (Official Music Video), Zo! Frankie Beverly – Before I Let Go (1981), 【70年代】Breezin'な女性シンガー フリーソウル & AOR 12選【80年代】.