難易度やカリキュラムから調査しました。 今回は、itパスポートから勉強するより、基本情報技術者から勉強する方がいい3つの理由についてお話していきます。あなたはこういったことはないでしょうか?「基本情報技術者は難しそうだし、まずはitパスポートから取得しようかな・・・。」確かにit という順で学習を進めます。, なお、過去問サイトには下記の通り、たくさんのサイトがありますので、自分に合ったものを利用してください。(個人的には、一番上のサイトが一番使いやすいと思います。), 過去問サイトで最低3~5年分は解き、2年連続で8割以上取れているようであれば、合格レベルに達していると言えます。, 上の方で「問題集を不要」と言っているのはなぜか?というと、問題集を購入してまで例題を解く必要がないからです。, また、過去問サイトも充実しているため、アウトプット(演習)も過去問サイトで十分な量をこなせると思うからです。, なぜなら、ITパスポート試験に出題される内容は基礎中の基礎の内容であるため、その内容はほとんど不変なものだからです。, ただし、IT関連資格の書籍は驚くほど誤植が多いため、最新版の方がその誤植が訂正されている可能性が高いということだけは、お伝えしておきます。, ITパスポート試験を取り扱う予備校としてはいくつかありますが、値段と学習効率を考えるのであれば「スタディング」が良いと思います。, スタディングは格安の受講料として知られるweb予備校ですが、個人的にスタディングの売りは「受講生サイトの作りの良さ」だと思っています。, 正直スタディングのテキストはあまりイケていませんが、受講生サイトが秀逸で、自分の学習の進捗状況が一目で分かる機能が付いてたり、自分の不得意な問題だけ抽出する機能が付いていたりと、学習効率を高める工夫がされています。, ただし、スタディングでは、有料による質問しかできず、また、質問方法もメール質問に限られるため、その点には注意が必要です。, ITパスポートの価値は、①学生、②社会人、③職種によって異なります。下記では、いくつかの立場に分けて「ITパスポートの有用性」についてお話をしたいと思います。, あなたが高校生で、大学へ推薦入学で進学をしようと考えているようであれば、ITパスポートは力になります。特に情報処理関連の学部へ進学を考えているような場合はよりその価値があります。, したがって、推薦入試で進学を考えているようであれば、ITパスポート試験を合格している価値は高いでしょう。, 基本的にITパスポートだけで採用されることはないと思いますが、他の難易度の低い資格(例えば簿記3級やFP3級)よりも断然評価をされるようです。, 実際に、私の周りの人事担当や転職エージェントに聞いても、同じ難易度の「簿記3級」や「FP3級」よりも高く評価しているところが多いと口をそろえて言います。, ただし、古い経営者は存在自体を知らないことが多いためほとんど価値が無いこともあります。一方で、若い経営者はITリテラシーの高い人を好む傾向があります。, したがって、募集をしている企業の時期や状況によっては、ITパスポート試験に合格をしていることが採用の決め手になることもあり得えると思います。, これは個人的な見解になりますが、これから少なくとも数十年という単位では、ITスキルがある人の方が重宝されることは間違いないと思います。, 例えば、2010年以降に上場した企業のほとんどが「ITを利用した企業」であることからも、ITの重要性が高いことが分かります。, 仕事柄、経営者や富裕層とお話をする機会が多い筆者ですが、そこで思うのは、企業が求めてるITスキルの高い人材とはプログラミングスキルのある人というわけではないということです。, 企業が求めているのは、ITリテラシー(ITに対する理解力)の高い人を求めているということです。, このITリテラシーを高めるためには、ITの基本的な特性や情報を理解しておく必要がありますが、そのとっかかりとして丁度良いのがこの「ITパスポート試験」だと思います。, 自己啓発のために何らかの資格を取ろうと考えているようであれば、筆者は積極的にITパスポートをお勧めします。, 一方で、ITパスポート試験で問われる問題は、プログラミングスキルを問う問題ではなく、財務やマネジメント、IT戦略、ネットワークなど、ITに関する多様な知識を問うものです。, そのため、ITパスポート試験を通じて学ぶ知識は、IT全盛の昨今においては、その有用性は計り知れず、ある意味、今後の世の中の「パスポート」と言える資格だと思います。, FPよりも、簿記よりも、何よりもこのITパスポートが汎用性が高く、かつ、今後の世の中で求められている資格だと、筆者は思います。, 大学を卒業後、IT業界でDBエンジニアとして、その後は不動産鑑定士として、現在は税理士として働いています。, 資格くらぶは、筆者の職務経験と受験経験を下に、資格に関するリアルな情報を発信することを目的としたウェブサイトです。, [blogcard url=”https://licenser.club/fp3-all-about/”], [blogcard url=”https://licenser.club/book3-about/”], (例えば、暗号化方式などの情報セキュリティ、SEOなどのIT戦略、インシデント管理などのマネジメントなど、様々な知識が問われます。). 年間受験者は約10万人と非常に多く、毎年+10%(対前年比)の増加率で受験者が増加しています。まさに、昨今のIT全盛を象徴する資格となっています。, この記事では、そのITパスポート試験の難易度や合格率、勉強スタイル(独学or予備校)、資格としての価値などをご紹介します。, ITパスポート試験はIPA|独立行政法人-情報処理推進機構が実施する国家試験です。CBT方式による試験のため、ほぼ毎日全国のいたるところで試験が実施されています。, CBT(Computer Based Testing)方式とは、コンピュータを利用して実施する試験方式のことで、受験者はコンピュータに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答することになります。, CBT方式の場合、受験希望者が受験日と受験地を予約登録することで受験をすることができるため、いつでも受験をすることができるというメリットがあります。, 試験では、プログラミングスキルは不要で、ITに関する幅広い知識が問われます。(例えば、暗号化方式などの情報セキュリティ、SEOなどのIT戦略、インシデント管理などのマネジメントなど、様々な知識が問われます。), そのため、ITパスポート試験を通じて、ITの有用性やリスクを学ぶことができるため、IT企業以外の一般企業にとっても重要性・有用性の高い資格として認知されるようになってきています。, なお、肝心のITパスポート試験の難易度ですが、資格くらぶの分類としては一番難易度が低い易にカテゴライズされます。(理由は下記), ただし、50歳以上の人やITと関わりの無い人にとっては、もっと難易度が高く感じられるかもしれません。, ちなみに、ITパスポート試験と同じような難易度の試験には「FP3級」や「簿記3級」などがあります。, 2011年に初めてITパスポート試験が導入されて以来、ほぼ毎年受験者が増えています。2018年度も前年度と比較して約10%増加することが予想されています。, なお、直近8年間における平均合格率は47.5%であり、他の国家試験の合格率と比べても、かなり高い合格率となっています。, 2016年に出題形式などが変更されたことから、それ以降は徐々に合格率が上昇をしていて、直近の2018年度の平均合格率は52.2%に達しています。, 基本的に、IT産業が集積する首都圏と関西圏は合格率が高く、地方圏については合格率が低いという傾向があります。(ただし、北陸地方と中国地方は合格率が高い地域となっています。), なお、トップは東京都であり、その合格率は61.4%と、他と比べて突出して高い合格率となっています。, 傾向としては2つあり、1つ目は社会人は学生よりも合格率が高いというものです。これにより、ITパスポート試験では社会人経験が活きるということが言えることになります。, 2つ目は、社会人の中でも非IT系の社会人の方がIT系の社会人よりも合格率が高いというものです。恐らくIT系の社会人の何割かは無勉強で試験を受けているのではないかと思います。, ITパスポート試験の合格に必要な勉強時間は、ITの教養がどれだけあるか?によって差が出てきます。, 例えば、学生の場合、ほとんどの人がITパスポート試験に出てくるような情報とは無縁の生活をしていると思いますので、言葉の意味から覚えていく必要があるため、60時間~80時間(1月~2月)くらいの勉強時間が必要になってくるでしょう。, 一方、社会人の場合は、社内研修などによって既に一定のITリテラシーがあると思いますので、短ければ20~40時間(2~3週間)程度の勉強で合格可能でしょうし、長い人でも40~60時間(半月~1月)くらいあれば合格レベルに達すると思います。, ITパスポート試験の勉強スタイルには、大きく分けて次の3つの勉強スタイルがあります。, 基本的に、ITパスポート試験の勉強は「独学」で大丈夫ですし、そもそも独学が主流です。, なぜなら、ITパスポート試験は合格率が約50%と高く、内容も他の試験と比べると平易だからです。, また、ITパスポート試験に出てくる用語については、インターネット上の色々なサイトで説明がされているので、たとえテキストで分からない言葉が出てきてもググればすぐに解決ができます。, 過去問サイトに至っては、下にも紹介していますが「ITパスポート 過去問」と検索をすれば、いくつものサイトがヒットしてきます。, したがって、ITパスポート試験については、既に独学でも合格ができる環境がある(無料の過去問サイトや対策サイトが充実している)ため、あえて受講料の高い予備校を選択する必要がありません。, 特に、ある程度ITに教養のある人の場合は、予備校は無駄な出費になる可能性が高いです。, なぜかと言うと、独学は分からない所があれば、(当たり前ですが)全て自分で調べ、理解する必要があり、誰も教えてくれません。, 一方、大手予備校の場合は、教室クラスで受講をすれば、講義終了後に講師に直接質問をすることができ、これによってITに苦手意識のある人でも、着実に学習を進めることができます。, したがって、ITに苦手意識があり、かつ、金銭的に余裕のある人は大手予備校という選択もありです。, ちなみに、ITパスポート試験対策のテキストはたくさんありますが、他のテキストは、分からないことを分からない言葉で説明をしていたり、内容が唐突過ぎたり、文章がたくさんあり過ぎたりと、初学者の人にはあまりお勧めできないものが多いと思います。, 上記のテキストは、比較的分かりやすいと思いますし、テキストの中に丁度良い間隔で例題があったり、分量が丁度良かったりと、他のテキストと比べて使いやすいと思います。, なぜなら、ITパスポート試験の勉強は「テキスト → 過去問サイト」という勉強が一番効率的かつ効果的だと思うからです。, したがって、上記のテキストを購入したら、 同じ国家資格(情報処理技術者試験)である『itパスポート 』はユーザー向けの試験なのに対し、基本情報技術者試験は 開発者向けの資格 に分類されています。 基本情報技術者試験の試験要項. 2018/2/18 勉強時間. 何故ならば、基本情報技術者試験の難しさは、 ITパスポートの比ではなく、試験の方式も違うといった特徴もあるからです。, そこで今回は、 ITパスポート合格から基本情報技術者試験を受験する場合の注意点について解説します。, ITパスポートとは違い、技術者目線で話が進むため、専門的な知識が必要になる難しい試験となっています。, だからこそITパスポートから基本情報技術者試験へのステップアップを考えている人は、 念入りな受験勉強が必要だという点を頭に入れておいてください。, ITパスポートの合格率が大体50%だから、 難易度に結構な差があるという事が分かるね, 基本情報技術者試験の場合、ITパスポートには無かった、アルゴリズムとプログラミング言語という問題が追加されます。, また基本情報技術者試験に出題される問題の中でも、飛び抜けて難しいのがこのアルゴリズムとプログラミング言語であり、 多くの受験生が勉強を挫折する要因でもあります。, 基本情報技術者試験は、ITパスポートの倍ぐらいは勉強時間が必要になるため、 できる限り早い段階で勉強を始めて、 アルゴリズムとプログラミング言語に勉強時間を確保しておきましょう。, 基本情報技術者試験とITパスポートの違いは、 以下のページにまとめてあるから、気になる人はチェックしてみてね, 試験方式に問題数。 かなりのポイントに違いがあるから、 必ずチェックしておいた方が良いぞ, 基本情報技術者試験の問題は、 基本的にITパスポートで出題された試験範囲がベースとなっています。, そのためできる限りITパスポート合格から、間を置かずに受験した方が合格する確率が高くなるでしょう。, またできれば、ITパスポートの合格した直後に 基本情報技術者試験の午前試験の問題を解いてみてください。, そしてその流れで基本情報技術者試験の勉強を始めれば、 情報処理の知識を保ったまま、有利な状態で勉強が開始できるでしょう。, ちなみに個人的な経験になりますが、 情報処理系の試験は、一度間を置くと勉強するのがとても面倒で難しくなります。, 勉強も1から始める手間が増えるため、 できるならば連続して受験した方が、「金銭的」「肉体的」「時間的」といった要素において余裕ができるでしょう。, 大体3年から4年くらいって言っているね。 結局参考書を買い直す羽目になったし、 勉強も一からやり直す必要があったら、かなり面倒だったらしいよ, その時は、試験に大きな変更は無かったから、 そこまで苦労しなかったらしいけど、 2020年以降に再受験する人は大変だろうね, うん。 今回の改正は試験が大幅に変更になるよ。 詳しくは以下のページにまとめてあるから、 是非ともチェックしてみてね, 「問題の難易度は基本情報技術者試験の方が遥かに上」の見出しでも話題に出しましたが、 基本情報技術者試験の鬼門は、アルゴリズムとプログラミング言語です。, どちらも基本情報技術者試験における午後試験の中でも、配点が高く、難易度も高い問題として知られています。, そのためITパスポートから基本情報技術者試験の受験を考えている人は、 アルゴリズムとプログラミング言語の勉強をメインに進めていきましょう。, また以下のページでは、 基本情報技術者試験を初めて受験する人へ、午後試験の勉強法を解説しています。, アルゴリズムとプログラミング言語における勉強の始め方についても、 解説をしているため是非ともチェックしてみてください。, ちなみに基本情報技術者試験では、 2020年からの試験改正によりアルゴリズムとプログラミング言語の配点が、20点→25点へとアップします。, つまり2つの分野を合わせて、50点もの配点が設定されるため、 今後はよりアルゴリズムとプログラミング言語の勉強が重要になると言えるでしょう。, ITパスポートから基本情報技術者試験の勉強に 移ってきた人の中には、 「午前試験の勉強はどうするの?」 って思う人もいるかも知れないね。, 基本情報技術者試験の午前試験は、 ITパスポートで出た問題の延長線上でしかない。 だからあんまり気負うことは無いぞ, もし不安だっていう人は、 以下のページに午前試験の勉強法をまとめてあるから 是非ともチェックしてみてね, 基本情報技術者試験とITパスポートの大きな違いとして、試験時間の長さが挙げられます。, そのため基本情報技術者試験を勉強する場合は、試験時間を考慮した勉強が必要だと言えるでしょう。, といった勉強法が有効となっているため、 是非とも参考にして勉強に取り組んでみてください。, ITパスポートと基本情報技術者試験における試験時間のギャップは、 受験生が思っているより、試験に与える影響が大きい要素です。, 試験時間はできるだけ余らせるような勉強をしておかないと、 本番の試験で時間が足らなくなるから注意してね, 難しい問題にパソコンの操作、 メモを取る時間や見直す時間を考えると、 どう考えても時間は余らないからな, 特に午後試験では、時間があまりことが稀なぐらい難しいから、 念入りに勉強するようにしてね, 今回はITパスポート合格から基本情報技術者試験を受験する場合における 注意点について解説しました。, 基本情報技術者試験は、ITパスポートの延長線上にある試験ではありますが、試験形式や試験時間、勉強する内容といったポイントに違いがあるため注意が必要です。, だからこそITパスポートから基本情報技術者試験を受験しようと思っている人は、 勉強時間を多めに確保しておいて、余裕のある勉強計画を立ててください。, またITパスポートに合格してから、間を置かずに勉強に取り掛かれば、 基礎知識が頭に含まれているため、 他の受験生と比べて大きなアドバンテージを得るようになります。, だからこそITパスポートから基本情報技術者試験を受験する場合は、間を置かずに勉強するというポイントを頭に入れて、勉強計画を立ててみてください。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 基本情報技術者試験の合格率を調べてみるとちょっとした法則が。…… また昭和44年からの合格率をまとめて見ると、現在の試験に至るまで様々な変更が有ったことが読み取れました。, 基本情報技術者試験とITパスポートは、どのような違いがあるのでしょうか? 難易度は基本情報技術者試験の方が高く、試験形式や問題形式といった点に大きな違いがあります。, 基本情報技術者試験は、2020年試験より内容に大きな改正が入ります。午後試験の内容見直しに加えて、選択言語の変更も予定。大規模な改正が予想されるため、これから基本情報技術者試験の受験を考えている人は、必ずこちらのページで概要をチェックしておきましょう。, 基本情報技術者試験の午後試験、初心者向けの勉強法とコツとは? 単純で地道ですが基本的な勉強法が合否を分けるでしょう。, 基本情報技術者試験の初心者はどんな勉強法をすればいいか? まずはテキストを流し見るところから始めましょう。, 基本情報技術者試験の受験生に年齢は関係ありません! こちらではそんな基本情報技術者試験における受験生の年齢について解説しています。, 基本情報技術者試験は、数学の経験が無いと合格はできないのでしょうか?いいえ、数学の経験は有れば有利ですが、無くても十分に合格できます。, 基本情報技術者試験を取得すると、就職や就学で有利に。学生で合格していれば抜群のアピールポイントに。また、資格手当による給料アップといった特典もあります。, こちらのページでは、基本情報技術者試験における午前試験を範囲とした参考書の選び方を解説しています。午前試験を対象とした参考書を選ぶ場合、重要なのは分かりやすさと問題の量です。. ITパ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 基本情報技術者試験に合格するためには、どのくらいの勉強時間が必要でしょうか。難易度やカリキュラムから調査しました。基本情報技術者試験の難易度一般的なイメージ基本情報技術者試験は、エンジニアを目指す人だけが受ける試験というイメージがあります。 難易度やカリキュラムから調査しました。 応用... ITパスポート試験に合格するためには、どのくらいの勉強時間が必要でしょうか。 基本情報技術者試験とitパスポートは、 難易度だけでなく、 試験形式や試験時間も違う ため注意が必要となります。 どちらの試験を受けようか悩んでいる人は、 キッチリ基本情報技術者試験とITパスポートの違いを頭に入れておきましょう。 カテゴリー. ② テキスト中の例題を解き (しっかりと理解する) itパスポート試験 の ... 基本情報技術者: 応用情報技術者 : itストラテジスト: カテゴリー it系資格, 情報処理技術者 タグ 国家資格, 試験勉強, 難易度・合格率. ① テキストを読み (サラっと読むだけ) 情報処理・パソコン, 基本情報技術者試験は、エンジニアを目指す人だけが受ける試験というイメージがあります。, ITパスポートであれば教養として取得を目指す人がたくさんいますが、基本情報技術者試験はプロのエンジニアを目指す人でなければ滅多に受験しません。, 情報処理試験の中ではベーシックな内容だとしても、専門的な内容が問われる試験であり、それなりに難しい資格であると認識されています。, 通信講座や専門学校では、基本情報技術者の勉強スケジュールをどのように設定しているでしょうか。, 週1回の受講で計算すると、約12か月の勉強スケジュールとなります。週2回で半年ほどです。, 午後のアルゴリズムは苦手とする人が多く、初学者にとってはハードルが高くなります。140時間ほどの勉強時間を確保した方が望ましいです。, ゼロから情報処理を学ぶ「初学者」の場合は、1年がかりで資格取得を目指すくらいのスケジュールにした方が良さそうです。. itパスポートから基本情報技術者試験を続けて受験する場合、問題の難易度によるギャップや勉強する内容に気をつける必要があります。そこでこちらでは、そんなitパスポートから基本情報技術者試験を続けて受験する場合の注意点を解説しています。 応用情報技術者の試験に合格するためには、どのくらいの勉強時間が必要でしょうか。 ③ 過去問サイトを解く (全選択肢を理解する) 2018/2/19