そして、その食い込んだ選手・監督席のすぐ後ろに位置するのがエキサイティングシートです。 パナソニックスタジアムはサッカー専用なので、遠く感じることも無いでしょう。, 座席数 - ★★★(指定席) ピッチ全体を俯瞰して見れるので、選手のポジショニングやオフサイドラインもよく見え、サッカー好きにはたまらない席かと思います。 ピッチ全体を斜めの視点で見れる席。サイドの攻防を臨場感たっぷりに見れます。 そこで今回は私の実体験を踏まえながら、各座席の見え方、おすすめポイントなどを紹介していきたいと思います。 2019シーズン チケット販売における価格変動制「ダイナミックプライシング」試験導入のお知らせ, ダイナミックプライシングとは 価格 - 2,600円 (当日 3,100円) / 小中高生 1,000円 (当日 1,500円)・サイドスタンド・上層エリア, 指定席の中では一番安価な設定の席です。 高い視点から試合全体を見渡せます。ボールのない所の選手の動きや全体の連動する動きもよく分かるエリア。 前列は柵があって身長によっては少し視界を遮るかもしれませんが、そこまで気になる事は無いでしょう。 陸上トラックのないサッカー専用スタジアムで、ピッチと観客席との間はわずか7m。 コーナーフラッグ付近からピッチを斜めに見る形なので、カテゴリー1、2と比べると見やすさはかなり劣ります。 ・カテゴリー4 フロントビュー 視点は、斜め視点になりますが、独立した中層エリアなので非常に見やすいです。, 中層エリア、バックスタンドの両ゴール裏寄りのエリア こんにちは、takomariです。 今回はガンバ大阪のホームスタジアム、パナソニックスタジアム吹田の座席紹介です。 パナソニックスタジアム吹田(通称:[…] 【初めてでも迷わない】パナソニックスタジアム吹田へのアクセス方法 2019.04.16. これを読めばあなたの希望にぴったりの座席が見つかるはずです!, ※注意※ 視点は縦〜斜め視点になります。サイド、ゴール前の熱い攻防がゆったりと観戦できます。, 中層エリア、ホームゴール裏とバックスタンドの間のコーナ部分に位置するVシート47 バックスタンドになるので、入場時や試合開始前の選手の様子は見れませんが、カテ1より1,000円安くなっています。, 下層でもピッチに近い席と、後方の席では全体の見え方が変わってくるので、選手を近くに見たい時は前方を、ある程度試合全体も見たい時は後方側の席がいいかと思います。 ガンバサポーターの狙い、バッチリはまっていますね!, メインスタンドから見て左側のゴール裏にある座席がガンバサポーターシートです。 ・ホーム側サイドスタンド(ゴール裏) 高い視点から全体を見渡せ、上層エリアの前方なので視界も広く感じ試合全体を見るには最適な席ですね。前方部分なので開放感もあって気持ちよく観戦できます。 VIPルームは利用出来ませんが、通常シート47cmより広い約60cmの幅のゆったりとした肘掛け付シートで観戦できます。 価格 - 3,600円 (当日 4,100円) / 小中高生 2,000円 (当日 2,500円)・メインスタンド・上層エリア, メインスタンド側の上層エリア 確かに、ガンバのゴール裏は一面が青黒の巨大な壁のように見えて、一体感というか圧迫感がすごいです。 真ん中部分はテーブルシートと言う別の券種になっていてその両横部分になります。, 高めの視点でピッチ全体を見渡せます。上層エリアの前方なので視界も広くじっくりとチーム全体の動きが見れます。 価格 - 4,100円 (当日 4,600円)・メインスタンド・上層エリア(前方), メインスタンド側、上層エリアの前方エリアがカテゴリー4 フロントビュー。 大阪府吹田市にあるサッカー専用スタジアム 2015年に竣工、建築費は約140億円、収容数は40,000人 万博記念公園駅から徒歩約15分、大型商業施設とも隣接 タッチラインまで最短で7メートルと、国際大会が開催できる4万人 何度でも言いますがサッカー好きの方はぜひ足を運んでみてください! 中段から後列に掛けては、全体も見えやすくなってきます。それでもピッチ上の選手はかなり近く感じますけどね。 ホーム自由席エリアだけは、中層もVIP席エリアでは無く自由席になっています。スタジアム建築前にクラブとサポーターが話合い、一体感のある応援を生み出す為にホームゴール裏は分断されることの無い青黒の壁になるよう建設されました。, ※ガンバサポーターシートでは、立って観戦される方や、旗を使用されるお客様が多くいらっしゃる事が予想されるお席となりますので、着席して観戦されるのであれば、他のエリアでの観戦をお勧めさせていただきます。, カテゴリー6の中層エリア その名の通り、テーブル付きの観戦席でスタグルやビールを飲み食いしながら観戦するにはピッタリ。 かと言って、遠すぎる事もないので選手の姿もしっかり見れるエリア。 横視点で見れる席の中では一番チケット代が安いエリアです。 また、ガンバサポーターの席に近いので、「サポーターの応援を近くで感じたいけど座って観戦したい」という方に最適な席です。, 料金:前売 3,900円、当日4,400円 市立吹田サッカースタジアム(吹田市)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(113件)、写真(172枚)、地図をチェック!市立吹田サッカースタジアムは吹田市で6位(78件中)の観光名所です。 価格 - 3,900円 (当日 4,400円)・コーナーゾーン・下層エリア, 下層エリア、ホーム側のコーナーエリアがカテゴリー3 Copyright© Jリーグではヴィッセル神戸や横浜Fマリノスが2018年から導入しています。, 2019年のガンバ大阪のホームゲームでは、一部の試合、一部の座席のみでダイナミックプライシングを導入するようです。 価格 - 3,600円 (当日 4,100円)・バックスタンド・上層エリア, バックスタンド上層エリアの前方エリア。 価格 - 3,100円 (当日 3,600円) / 小中高生 1,500円 (当日 2,000円)・バックスタンド・上層エリア, バックスタンド側の上層エリア。 こちらの記事はガンバ大阪のJリーグでの試合のカテゴリー分け、席割図を解説しています。 小さなお子様連れや、お年寄りの方と一緒に観戦する際や、外で試合を見るのがつらい真冬や真夏には良いかもしれませんね。 カテゴリー1と同様、下層エリアなのでプレーが間近で見れる席。 アクセス. 日本サッカーを、そしてガンバを愛する全ての人の協力によって造られた国内最高峰のサッカー専用スタジアムです。2017シーズンまでは「市立吹田スタジアム」と言う名称でしたが、我らがガンバ大阪のメインスポンサーであるPanasonicがネーミングライツ権を取得し、2018シーズンより「Panasonic Stadium Suita」と名称が変更になりました。, DAZN観戦もいいですが、せっかくこんなに素晴らしいスタジアムがあるのなら生で観戦してみたい。 メインスタンドとビジター側ゴール裏席の間に位置しているのがビジター指定席です。 価格 - 2,600円 (当日 3,100円) / 小中高生 1.000円 (当日 1,500円)・サイドスタンド・下層、中層、上層, 選手と共に闘い、スタジアムの「圧」を生み出す下層から上層まで全てが蒼く染まるエリア。, ガンバ大阪の熱いサポーターが集まるのがゴール裏のガンバサポーターシート。 ガンバ大阪のホームスタジアムであるパナソニックスタジアム - Panasonic Stadium Suita(旧・吹田スタジアム) カテゴリー別に別れた各座席ごとの特徴をガンバサポーターが解説。自分の観戦スタイルに合わせた座席を選んで楽しく観戦しよう! 料金は前売3,600円、当日4,100円です。(こちらの席は小中高料金はありません。), 1階席と2階席の間はVIPエリアとなっています。 (前の方の座席だと風向きによって雨が入ってきてしまうこともあるのでご注意ください), ただし、屋根があっても日差しは入ってきます。 ・メインスタンド・上層エリア, メインスタンド上層エリアの真ん中部分の前方エリア ゆったりと優雅に観戦したい方には持って来いのエリアです。, まず、おすすめの席なのですが、Panasonic Stadium Suita(パナソニックスタジアム吹田)はサッカー専用なので正直どこでも見やすいです。まさにサッカーを見るために造られたスペシャルな空間。, ただ、どこでも見やすいと言ってもある程度自分の観戦タイプに合わせた方が楽しめます。, 上層エリア 価格 - 5,100円 (当日 5,600円) ・カテゴリー5 フロントビュー 人気Youtuberの和田さん。もおすすめしています。, メインスタンド1階の中央部分の最前エリアに位置しています。 マップ. 価格 - 2,900円 (当日 3,400円) / 小中高生 1,300円 (当日 1,500円)・コーナーゾーン・上層エリア, ホームゴール裏の応援の迫力を感じながら、指定席で全体を見渡せながら観戦が出来る席ですね。, 今日はカテ7、せっかくなので最後列にきた。この見下ろす角度よ。最後列でも見やすいぞ我らがパナスタは pic.twitter.com/TqIlSWWGov, 座席数 - ★★★(自由席) もし購入をお考えなら、チケット販売開始時刻ちょうどにチケットを購入されることをお勧めします。, 料金:前売 2,600円、当日3,100円 ※小中高は前売 1,000円、当日1,500円, ビジターゴール裏は全面がビジターサポーター用の座席であるビジター自由席という訳ではなく、ビジター自由席とカテゴリー6に分かれています。, こちらのカテゴリー6はリーズナブルに指定席で座って観戦できますが、ビジターサポーターに近いお席になります。 遠征の際はこちらも参考にしてみてください。, 大阪ならではの食い倒れグルメが並ぶスタジアムグルメ紹介はこちらの記事で紹介しています。 ・カテゴリー5, ざっくり分けると上記のようになりますが、実際どこで見ても楽しめるのがパナソニックスタジアムです。やはりあの空間で自分の目でサッカーを見るのは本当に楽しいです。テレビやスマホの画面からは伝わらない臨場感かそこにはあります。 我らがガンバ大阪のホーム「Panasonic Stadium Suita(パナソニックスタジアム吹田)」 (ビジターのグッズを身に着けていなければ、他の指定席に座ることも可能ですが、グッズを身に着けたい場合はビジター指定席に座る必要があります), ビジターのチームを応援しているけど、早くから並びたくないから指定席が良い、ゴール裏自由席で立って応援しながら見るよりも座ってじっくり見たい、という方に人気の座席です。, ただし、席数が限られているので、どのチームも競争率が激しいようです。 見やすさはカテゴリー1と同様に抜群です。 文字通り、ホームチームであるガンバ大阪を応援するサポーターが集まるエリアです。, 1階、中間エリア、2階席すべてがガンバサポーターシートです。 人生を彩りいっぱいにしてくれるサッカー観戦の魅力、楽しさ、コツを取扱説明書のようにお伝えしています。, パナソニックスタジアム吹田(通称:吹田スタジアム、パナスタ)は2016年にオープンしたばかりの新しいスタジアムです。 ただ、ガンバ大阪のHPにも詳細が全然載っていなくて、謎に包まれています…, ちなみに、ガンバ大阪側のゴール裏にはVIP席がありません。 価格 - 15,300円 (当日 15,800円)・メインスタンド・下層エリア, メインスタンドの選手が入場する通路の両横でベンチの真裏にあるエリア。選手入場が間近で見れてベンチに出入りする選手がすぐそこにいます。ベンチのすぐ裏なので監督のコーチングの声も聞こえる席ですね。ガンバの選手やスタッフになってベンチから観戦してる気分になれるかも。, また、座席もドリンクホルダー付の肘掛けシートで前後の間隔も広い仕様になっています。 ただ、アウェイ寄りなので、敵チームの応援の方が音量が大きく聞こえてしまいます。, 座席数 - ★☆☆(指定席) これは、「ガンバサポーター席がVIPエリアによって上下に分断されることなく、ゴール裏一体となって応援したい」というガンバサポーターの要望があったからだそうです。 ・バックスタンド それなのにカテゴリー1より1,000円も安いなんて、かなりお得ですよね。, バックスタンドからは選手・監督席もよく見えます。交代選手の動きや、相変わらずのイケメンのガンバ大阪の宮本恒靖監督もよく見えますよ。笑, 1階のガンバゴール裏とメインスタンドの間と、ガンバゴール裏とバックスタンドとの境目にある座席です。 2020 All Rights Reserved. エキサイティングシートからは選手に指示を出す監督の姿や、アップをする選手を目の前で見ることができ、興奮すること間違いなしの座席です。, ただ、ネックなのは価格です。15,000円は簡単には手を出せないお値段ですよね。。 上層エリアなので、高めの視点から試合全体を見渡せます。席数も多く指定席なので家族連れやグループでも座席を確保しやすいエリアです。小中高生料金があるので家族連れにもオススメですね。 前列になれば、目線が選手に近くなるので、パスコースやポジション取りなど選手が見ている状況に近い状態で見えるので面白いです。, 注意点としては、日中の試合の場合、晴れていると日差しが当たるので暑かったり眩しかったりします。ナイターだと関係無いですが試合開始が日中の場合は日除け対策をして行きましょう。, おすすめはガンバサポーターシート寄りのエリアですね。ゴール裏寄りなので応援の圧を感じられてさらに闘う選手が目の前に!, 座席数 - ★☆☆(指定席) ジェル状なので塗りやすく、白浮きしないので男性でも使いやすいです。 Jリーグのチケットは座席指定できる?チケット購入のコツをご紹介!, 料金:前売 3,100円、当日3,600円 ※小中高は前売 1,500円、当日2,000円, バックスタンドの2階席に位置するのはカテゴリー5です。 パナソニックスタジアム(Panasonic Stadium Suita) 座席ガイド. 基本的に試合中は立って応援するので、座ってゆっくり見たいという方は他の座席にした方が賢明です。 市立吹田サッカースタジアム(しりつすいたサッカースタジアム、英語: Suita City Football Stadium)は、大阪府吹田市の万博記念公園にあるサッカー専用スタジアム。, 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するガンバ大阪(G大阪)がホームスタジアムとして使用する[2] ことを前提に、G大阪が主体となった任意団体(スタジアム建設募金団体)が建設した。完成後に吹田市が寄付を受けて施設を所有し、G大阪の運営会社である株式会社ガンバ大阪が指定管理者として運営管理を行っている。指定管理の契約期間は2063年3月までの約48年間で、スポーツ施設としては異例の長期契約となっている[9]。, 公共施設を民間資金(寄付金等)で建設し、完成後も指定管理に委ねることで、行政が一切経費を支出せず公共施設を保有するという官民パートナーシップ(英語版)(官民連携、PPP)の先駆的事例としても注目を集めている[10][11]。, 大阪府門真市に本社を置くパナソニックが愛称の命名権を取得し、2018年1月1日から「Panasonic Stadium Suita」(パナソニックスタジアム吹田)の呼称を用いている(後述)[12]。なお、Jリーグでの略称は「パナスタ」[13](開場から2018年シーズンまでは「吹田S」)。一部の報道機関からは「吹田スタジアム」の呼称も使われていた[14][15]。, Jリーグ開幕からG大阪のホームスタジアムであった万博記念競技場はJリーグクラブライセンス制度のスタジアム基準を一部満たさず(屋根の不足など)、老朽化も進んでいる上、収容人数などが国際サッカー連盟(FIFA)の国際規格を満たさないことから、2008年にG大阪が出場したスルガ銀行チャンピオンシップ2008は、日本サッカー協会がセレッソ大阪(C大阪)に協力を要請する形で、C大阪のホームスタジアムである大阪長居スタジアムで行われたという経緯があった[16]。このことを踏まえ、G大阪は2008年7月18日に「地域行政に頼る形ではなく、ガンバ大阪が建設への更なる前進を進めるべく調整・検討をしております」とのニュースリリース[17] を出しG大阪主導による新スタジアム計画の推進を公表、当時のホームタウン4市(吹田市・茨木市・高槻市・豊中市)内で建設を目指すことを明らかにした。, 翌2009年7月11日、G大阪は新スタジアム建設について以下の方針をとることを明らかにした[18]。, この計画を受け、吹田市は当スタジアムを使用することを前提に2018/2022年FIFAワールドカップ招致における国内立候補地に名乗りを挙げた[19]。, 事業主体については、G大阪が中心となって任意団体「スタジアム建設募金団体」を設立し(後述)、建設資金の寄付の受け皿となると共に同団体が建設工事を発注することになった[20]。, しかしその後、吹田市は調整の中でスタジアムの寄付採納にあたって以下の4条件をG大阪及びスタジアム建設募金団体に提示した[21]。, このうち、特に1番目の条件については、法人税法第37条の解釈の関係から、寄付のすべてを(仮にスタジアム建設に剰余金が生じた場合でもその剰余金を含めて)吹田市に寄贈する前提でなければ税金の減免対象となる「国等に対する寄附金」に相当しなくなる[22] こと、建設を確実にするためにスペックを落として建設に着手しても「座席数32,000席以上、かつ2面以上の屋根つき」の条件を満たさない限り吹田市に寄付採納を拒否されることから、当初目指していた2010年3月吹田市議会への「スタジアム採納」に関する議案の上程を見送り吹田市との協議を中断、寄付手続き開始も採納予定地方公共団体である吹田市議会による承認が得られないことから先送りするとともに、吹田市もFIFAワールドカップ招致の立候補を取り下げた[23]。建設予定地については、万博記念公園の他、京都大学大学院農学研究科附属農場(高槻市、当時)も視野に入れながら再検討を行うこととなった[24]。, スタジアムの設計・施工については指名形プロポーザル方式による「設計・施工一括発注方式」を採用し、「30,000人以上収容のサッカースタジアムおよび陸上競技場の建設実績の有無」「経営事項審査評点 1,800点以上」の条件を満たす大林組・鹿島建設・清水建設・大成建設・竹中工務店の5社にプロポーザルへの参加を依頼、大林組・鹿島建設・竹中工務店の3社が応諾しプロポーザルを実施[25]、2010年8月6日に設計施工者が竹中工務店に選定された事が明らかにされた[26]。, 2011年5月に吹田市が新スタジアムに対する受け入れ姿勢を示したことで、2010年3月以降中断していた吹田市との協議を再開。2011年10月24日に新スタジアムを万博記念公園内の南第1駐車場横のスポーツ広場に建設する方針が固まり、吹田市にスタジアム建設決定の報告書を提出[27]。12月26日、吹田市議会で万博公園内でスタジアムを建設するための関連議案が承認された[28]。, その後、2013年2月にスタジアム建設募金団体が実施した地盤調査の結果、建設予定地の地下に旧日本海軍山田地下弾薬庫跡とみられる大きな空洞が見つかったことで建設開始がずれ込むも[29]、吹田市の環境影響評価条例に基づく環境アセスメント評価の手続きを経て、2013年12月15日にスタジアムの起工式が行われた[2]。建設中の仮称は「吹田市立スタジアム」(すいたしりつスタジアム)であった[30]。2015年7月、吹田市はスタジアムの指定管理者として運営・管理を委任する契約を株式会社ガンバ大阪と締結した[9]。2015年8月、正式名称が「市立吹田サッカースタジアム」と決定した[4], 2015年9月30日に竣工し、スタジアム建設募金団体から吹田市にスタジアムが寄贈された[1]。10月9日にスタジアムの夜間照明としてパナソニック製のLED投光器が納入され[5]。10月10日にスタジアムの竣工イベントが行われた[31]。, 観客席最前列からタッチラインまでの距離は日本の国際Aマッチ開催が可能なスタジアムでは最短の約7m(埼玉スタジアムは約14m、カシマスタジアムは約15m)となっている[33]。全席が屋根で覆われている。屋根の南側はガラス素材により太陽光が芝生に届くようになっており、スタンドの下部には通風口が設けられ風通しをよくするなど芝生の育成に配慮した作りになっている[10][33]。, 観客席は下層フロア・VIPフロア・上層フロアの3層構造となっており、VIPフロアの座席はホームゴール裏(メインスタンドから見て左手)を除いて他のフロアの席より幅の広いものが用いられる。当初の建設ではホームゴール裏を含めたすべての2層目部分がVIPエリアとなる予定だったが、サポーターとの意見交換会で「ホームのゴール裏で(下層フロアと上層フロアがVIPフロアで分断されることなく)一体になって応援したい」という要望によりホームゴール裏のみVIPエリアを外された。G大阪のシートマップでは席種が16種類に細分化されている[34]。, スタジアム内には万博記念公園内の練習場から移転したクラブハウスおよび、G大阪のオフィシャルショップ「Blu SPAZIO」(ブルスパジオ[注 1])と、スタジアム開場前にオープンしたG大阪の歴史を展示したミュージアム「Blu STORIA」(ブルストリア[注 2])が常設されている[35]。また、吹田市からの要望により、スタジアム内に災害用備蓄倉庫を設置しており、災害時にはスタジアムを避難所として使用できる機能を有している[10]。, 建築物としての特徴として、工期の短縮と圧迫感の軽減・意匠性の向上のために、圧縮強度200N/㎜2の超高性能コンクリートを用いたスリムタイプのプレキャストコンクリート (PC) 柱[36] をはじめとするプレキャストセグメントを多用、さらには屋根には世界初となる超軽量・免震屋根架構(3Dトラス構造)を採用していることが挙げられる[37]。PCの大量導入により現場作業員(鉄筋工・型枠工など)の人件費を大幅に抑え[38]、デザイン面でも曲線を極力排し直線を多用することでコンパクトになりコストダウンにつなげている[39]。加えて、屋根部分にソーラーパネルを敷設、夜間照明にはLED照明を採用することで、CASBEE(建築環境総合性能評価システム)Sランクの「エコ・コンパクトスタジアム」を目指して設計された[37]。道路を挟んで隣接する大規模商業施設「EXPOCITY」とは関西電力の受電施設を介して繋がっており、大規模災害時には「EXPOCITY」にて発電された電力が受電施設を通じて供給されるなど、複数施設でのエネルギーの面的利用を実現している[40]。建設時には施工管理にマルチコプターを使用していることも特徴として挙げられる[32]。, 建物として、2018年度の第59回BCS賞[41]、2020年度の日本建築学会賞の作品賞を受賞した[42]。, 2015年10月26日よりスタンド部の貸し出しを開始、2016年2月14日からグラウンドを含めた貸し出しが開始された[1]。, G大阪は同年のJ1リーグ開幕から使用を開始[4]、トップチームの主催全試合を本スタジアムで開催し、2016年のJ3リーグに参戦するU-23チームは主催15試合中9試合を開催する(残り6試合は2015年までのホームスタジアムであった万博記念競技場で開催)となっている。, 使用1年目の2016年は、芝の状態を考慮する見地から、基本としてサッカーでの利用のみにとどめていた。2年目(2017年)以降は、芝の状態が安定していることを条件に、芝に影響の少ない催事を誘致している[10]。同年10月9日(月曜日・体育の日)には、スタンドおよびピッチの一部を利用する格好で、『おはようパーソナリティ道上洋三です』(ABCラジオ)の放送開始40周年記念公開生放送を実施した。その一方で、公共施設という一面も擁することから、「地域交流の拠点」としての活用も想定している[10]。, 施設を保有する吹田市では、2018年1月1日以降使用するスタジアムの愛称にかかる命名権者(ネーミングライツパートナー)を募集した。「日本国内に本社・支社がある企業・公益法人を対象」「年間1億円以上の5年契約」「愛称および愛称の略称に『吹田』の文字を入れる(アルファベット・かな可)」等の条件で2017年8月21日から9月28日の期間で募集した[43][44] ところ、門真市に本社を置きG大阪の親会社でもある大手電機メーカーのパナソニックから唯一応募があり、同社が優先交渉権者に決まった[45]。愛称は「Panasonic Stadium Suita」で、命名権付与期間は2018年1月1日から5年間、契約額は5年総額10億8,000万円(年額2億1,600万円・いずれも消費税込み)[46]。吹田市ではこの英語表記のみを命名権に基づく愛称として「推奨する略称や日本語表記の設定はございません」としており[46]、Jリーグでは日本語表記として「パナソニックスタジアム吹田」(パナソニックスタジアムすいた)、略称として「吹田S」(命名権導入前と同一)を使用することが発表されている[12]。一部報道機関では「パナスタ」表記も見られていたが[47]、2019年1月よりJリーグでも「パナスタ」表記を用いることとなった[13]。, なお、命名権採用後は、基本的に上記の名称を使うことになっているが、クリーンスタジアム規定が適用される国際サッカー連盟及びアジアサッカー連盟主催の国際試合・大会(AFCチャンピオンズリーグなど)では、例外として正式名称を使用する。, 上述のとおり、完成後のスタジアムを吹田市に寄付することでふるさと寄附金をはじめとする各種税制の優遇を受けられるようにするため、募金の募集と建設主体はガンバ大阪とは別の任意団体を設立して事業を行うことになった。, スタジアム建設費用のうち、toto等の助成金を除く全額を「スタジアム建設募金団体への募金」により賄うこととし、(助成金を含めた)建設費の目標額を140億円に設定した[62]。, 一口あたりの募金額は任意としているが、5万円以上募金した場合にはスタジアム内に募金者(個人名、法人名、非営利サッカーチームまたは自治会名)を記したネームプレートを掲出することとしている[63]。また、企業によるタイアップ企画による募金[注 3]も受け付けていた。, 2012年4月より募金活動を開始し2013年12月の起工式時点の募金額は113億円と伸び悩んでいた[2][37] が、G大阪が2014年シーズンのトレブル(J1リーグ戦・ナビスコカップ・天皇杯)を達成した直後から募金額が急増、2014年12月21日の時点で不足額が6億5千万円にまで圧縮されており、4万人収容のスタジアムの本体建設(大型ビジョン、VIPルーム以外)に必要な金額のめどは立ったという[65]。, 2014年12月31日で個人による募金の受け付けを終了。2015年3月14日ですべての募金の受け付けを終了した。最終的な募金額が138億2728万8626円となったことを公表[6]。目標額に約1億8000万円届かなかったものの、バックスタンド側のVIPルーム以外はほぼフルスペックでの建設を行うことが決定した。並行して国土交通省と環境省に助成金(国土交通省:住宅・建築物省CO2先導事業、環境省:自立・分散型低炭素エネルギー社会構築推進事業)を申請。2015年6月、申請していた助成金の受給が決定したことで総事業費は140億8566万5383円となり、目標額の140億に達し予定していたフルスペックでの建設が決定した[66]。事業費の内訳は、法人からの寄付金が99億5018万6535円(721社)、個人からの寄付金が6億2215万2091円(3万4627人)、助成金が35億1332万6757円[7]。, https://web.archive.org/web/20151117022902/http://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-chiikikyoiku/sports/_65048.html, https://web.archive.org/web/20141129033852/https://www.decn.co.jp/?p=3100, http://www.field-of-smile.jp/news/news_detail.php?id=191, http://news.panasonic.com/press/news/data/2015/10/jn151009-1/jn151009-1.html, http://www.field-of-smile.jp/news/news_detail.php?id=184, http://www2.gamba-osaka.net/s-stadium/guide.html, http://www.asahi.com/articles/ASH7Y5Q70H7YPTIL020.html, http://www.nikkei.com/article/DGXLASJB25H4N_W5A121C1AA2P00/, https://www.jleague.jp/release/post-52103/, “2019明治安田生命Jリーグ ホーム開幕カード決定!~ 2019年も平日金曜開幕! ~”, https://www.jleague.jp/release/post-57633/, http://www.cerezo.co.jp/news_detail_backnum.asp?c_idx=3817&contents_code=100&date_s=2008/04&iPage=2, http://www.field-of-smile.jp/news/news_detail.php?id=26, http://www.field-of-smile.jp/news/news_detail.php?id=23, http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/f-sc-tp2-20100114-585808.html, http://www.field-of-smile.jp/news/news_detail.php?id=22, http://www.field-of-smile.jp/news/news_detail.php?id=24, http://www.field-of-smile.jp/news/news_detail.php?id=25, http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/10/24/kiji/K20111024001883350.html, http://www.field-of-smile.jp/news/news_detail.php?id=33, http://www.field-of-smile.jp/news/news_detail.php?id=37, http://www.field-of-smile.jp/news/news_detail.php?id=60, http://www.asahi.com/kansai/sports/news/OSK201112270013.html, http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2015101000254, http://www.takenaka.co.jp/news/2015/03/04/index.html, http://www.nikkansports.com/soccer/news/1504672.html, http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/3949/, “圧縮強度200N/㎜2の超高性能コンクリートを用いたスリム柱 (仮称)吹田市立スタジアムで取付け完了”, http://www.takenaka.co.jp/news/2014/11/02/index.html, http://www.yasui-archi.co.jp/ys-today/20131319.html, http://www.nikkei.com/article/DGXMZO77281700Z10C14A9000000/, “「EXPOCITY」と「市立吹田サッカースタジアム」におけるエネルギー効率的利用”, http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2015/1116/, 市立吹田サッカースタジアム ネーミングライツパートナーの募集に係る優先交渉権者の選考結果について, https://www.nikkansports.com/soccer/news/201809290000821.html, http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/3831/, “第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝は市立吹田サッカースタジアムで開催”, Alibaba E-Auto プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016 大会会場決定、市立吹田サッカースタジアムで初開催, http://www.gamba-osaka.net/news/index/c/0/no/4408/, “月間1億円に迫る!