4× nba オールスター ... この呼び名が「ペニー」と聞こえたため、のちにあだ名として残ることになった。 ... 以後ハーダウェイは、前シーズンにマジックに1位指名されていたシャキール・オニールとともにチームの中核となった。 最終絶叫計画4; Scary Movie 4: ... またバスケットボール選手のシャキール・オニールがフリースローで罠を解除しようとするシーンは、フリースローが苦手なシャキール本人を皮肉ったギャグ。 10 ティロン・ルー | Ain't nobody beatin this team in a seven games series, DR. SHAQUILLE O'NEAL Ed.D. 8 コービー・ブライアント | 【NBAヒストリー Vol.9】”無敵の巨人” シャキール・オニール 2018-04-30 12:00 NBAの歴史を語る上で、シャキール・オニールを外すことは絶対にありえないと言って良いでしょう。 コーチ:パット・ライリー, 中山恵『スーパスターに学ぶバスケットボール』株式会社ナツメ社、2003年、206ページ、, “CBS Sports' 50 greatest NBA players of all time: Where do LeBron, Curry rank?”, https://www.cbssports.com/nba/news/cbs-sports-50-greatest-nba-players-of-all-time-where-do-lebron-curry-rank/, “All-Time #NBArank: Shaq comes in at No. 42 ジェームス・ポージー | 5 デレック・アンダーソン | 2002`2003ƒV[ƒYƒ“‚Í‘½­‚̉ü‘P‚ªŒ©‚ç‚ê‚é‚à‚̂́A 8 コービー・ブライアント | 34 シャキール・オニール (ファイナルMVP) | 32 シャキール・オニール | 40 ユドニス・ハスレム | 23 ミッチ・リッチモンド | 35 マーク・マドセン | デニス・キース・ロッドマン(Dennis Keith Rodman, 1961年 5月13日 - )は、アメリカ ニュージャージー州 トレントン出身のバスケットボール選手。. 14 スタニスラフ・メドベデンコ | 34 シャキール・オニール (ファイナルMVP) | 51 マイケル・ドレアック | 54 ホーレス・グラント | ‚Å‚àl‚¦‚½‚瑼‚̃rƒbƒOEƒvƒŒƒCƒ„[‚½‚¿‚Ì’†‚É‚Í 元nba選手のシャキール・オニールさん、「僕が考えた最強のバスケチーム」を発表し大顰蹙を買う ... shaquille o'neal ed.d. 8 アントワン・ウォーカー | ƒVƒƒƒbƒN‚ªƒoƒXƒPƒbƒgƒ{[ƒ‹‚ð‚‚©‚ñ‚Å‚¢‚é—lŽq‚́A 3 デヴィン・ジョージ | ‚Ü‚é‚Å•’ʂ̐l‚ªƒOƒŒ[ƒvƒtƒ‹[ƒc‚ð‚‚©‚ñ‚Å‚¢‚é‚悤‚È‚à‚́B 3 デヴィン・ジョージ | そんな化け物プレイヤー、シャキール・オニールの唯一ともいえる弱点は、 フリースロー。 その確率は、キャリア通算で何と53.7%(2003.2現在)、 彼のフィールドゴール・パーセンテージ *7 よりも低い。 2002~2003シーズンは多少の改善が見られるものの、 NBAには古今東西、数多くのスタープレイヤーがいます。 そしてそれぞれにニックネームやカッコイイ呼び名が存在していて今回はNBA選手の愛称をまとめタン! ・あわせて読みたいおすすめ記 … 30 アール・バロン | 3 ドウェイン・ウェイド (ファイナルMVP) | ‚»‚̃Vƒ…[ƒg‚ª‚«‚ê‚¢‚ȃA[ƒ`‚ð•`‚¯‚¸A 34 シャキール・オニール (ファイナルMVP) | 身長203cm、体重105kg。1980年代から90年代にかけて、NBAに於いて当時を代表する優れたディフェンダーであり、歴代でも屈指のリバウンダーであった。 シャキールオニール オーランドマジック 直筆サイン入り 1992-93 アッパーデッキ社 rc #474 カード - アッパーデッキ社の通販ショップ販売ページです。 NBAƒ`ƒƒƒ“ƒsƒIƒ“‚Æ‚¢‚¤Å‚à‹P‚¢‚Ä–Ú‚ÉŒ©‚¦‚éŒ`‚ð‚Æ‚Á‚ÄŒ»‚ꂽ‚Ì‚¾‚ÆŽv‚¤B 4 ロン・ハーパー | ƒtƒŠ[ƒXƒ[B 最終更新 2020年8月14日 (金) 12:23 (日時は個人設定で未設定ならばutc)。; テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。; プライバシー・ポリシー 24 ジェイソン・カポノ | 10 ティロン・ルー | 14 スタニスラフ・メドベデンコ | 2–{‚É1–{‚µ‚©Œˆ‚Ü‚ç‚È‚¢‚Ì‚¾B ‚»‚ñ‚ȉ»‚¯•¨ƒvƒŒƒCƒ„[AƒVƒƒƒL[ƒ‹EƒIƒj[ƒ‹‚Ì—Bˆê‚Æ‚à‚¢‚¦‚éŽã“_‚́A var nend_params = {"media":35118,"site":186637,"spot":519720,"type":1,"oriented":1}; ファッション系のネットショップでデザインしたり撮影したりしています。あまりに大変そうな受注側にはなりたくないと思いながら日々頑張っています。ブッチという名は親戚の愛称。響きが好きという理由で勝手に使用しています。NBAが好き!. 3 デヴィン・ジョージ | 9”, http://www.espn.com/nba/story/_/page/nbarank9/all-nbarank-9, SLAM 500 Greatest NBA Players of All Time | Basketball-Reference.com, “Male Hollywood stars don't stand as tall as we imagine”, http://www.post-gazette.com/stories/ae/oscar-watch/male-hollywood-stars-dont-stand-as-tall-as-we-imagine-424208/, Heat retire Shaquille O'Neal no.32 jersey, ヒート、レイカーズ戦でシャキール・オニールの永久欠番式典実施へ NBA JAPAN, シャックの銅像がステープルズ・センターでお目見え、除幕式にはコービーも出席 NBA JAPAN, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=シャキール・オニール&oldid=80070135, 3×シーズン通算最多得点:1995 (2315) 1999 (2289)2000 (2344), 5×シーズン最多フィールド・ゴール:1994 (953) 1995(930) 1999(510)2000(956)2001(813), シーズン通算最多得点:1995年(2315)、1999年(1289)、2000年(2344), シーズン最多フィールド・ゴール:1994年(953)、1995年(930)、1999年(510)、2000年(956)、2001年(813), フィールド・ゴール%:1994年(.599)、1998年(.584)、1999年(.576)、2000年(.574)、2001年(.572)、2002年(.579)、2004年(.584)、2005年(.601)、2006年(.600), フィールド・ゴール成功率のタイトルを9回獲得、または5年連続獲得しているのはNBA史上, 史上初となる13年連続で1シーズン平均20得点10リバウンドを記録(チェンバレン、, プレイオフ史上唯一、通算記録がフィールド・ゴール55%以上で4,700得点、2,200リバウンド、500アシスト、400ブロック、100, 最高の選手の1人と言われるオニールだが、彼の所属するチームはプレイオフで対戦チームに1勝も出来ずに全敗する事が多い。, オールスター戦出場15回:1993年、1994年、1995年、1996年、1997年、1998年、2000年、2001年、2002年、2003年、2004年、2005年、2006年、2007年、2009年, レギュラー・シーズンで40得点以上を記録したのは48回。50得点以上が3回。60得点以上も1回。, 2000年12月8日の試合ではフリースロー全11投を全て外し、ウィルト・チェンバレンが持っていた10投の記録を更新した。, ニックネームは「Shaq(シャック)」のほかに、「The Diesel(ディーゼル)」、「The Big Aristotle(大きなアリストテレス)」、「 The Big Baryshnikov(大きなバリシニコフ)」、「M.D.E (Most Dominant Ever)」、「Superman」、「Big Easy 」、「The Big Daddy」、「黒いハリケーン」、「ジェントル・ジャイアント」など。2005年にMBAを取得したので「Doctor Shaq」と自分で言うこともある。, 自宅に「シャックの親戚」と名乗る人がやたら訪れるので、自分が不在の時も常に家は開けっ放しで食べ物や飲み物が大量に用意してある。シャックは「自称親戚」を追い返したりはせず、その面倒見のよさから「ビッグ・ダディー」と呼ばれる事もある。, とにかく、なんとしても優勝したい、喉から手が出るほどチャンピオン・リングが欲しい、というベテラン選手は、オニールがいるチームに移籍したいということが多い。オニールがいるチームを優勝候補から外す事は出来ないからである。, 公式試合でゴールを2回壊したことがある。1度目は天井から吊るされた支柱が折れて危うくバックボードの下敷きになるところであった。2度目は垂直に立つ支柱を支えるフレームが壊れ収納する状態になった。またヒート時代にも2度目の様になりかけたこともある。現在は構造が改良されたため、よほどのことがない限りゴールが壊れることはない。, FG成功率よりもFT成功率の方が低いという特異な成績は有名だが、長年チームの中心として活躍したが故にチーム成績にも大きな影響を与えており、シャックが在籍したチームはFG成功率では安定して上位に入る一方でFT成功率は漏れなく下位(2008年に途中加入したサンズと現役最終年のセルティックスを除いてチームのFT成功率は全て20位以下)に低迷するという極端な成績がチームにも大きく反映されていた。なおフリースローについては自身でも弱点として認識しており、引退後のインタビューで「想像してくれよ。俺が, 自分の実力に関しては「神がボクに与えたのは48%の才能であり、あとの52%は努力で得たもの」と語っている, Shaq Fu - Da Return (1994, ゴールドアルバムとして認定された). ”ނ̃tƒB[ƒ‹ƒhƒS[ƒ‹Eƒp[ƒZƒ“ƒe[ƒW*7‚æ‚è‚à’á‚¢B ‚»‚ê‚Å‚à‚悤‚â‚­60%‚ð’´‚¦‚½’ö“xB NBAで一時代を築いた“怪物”シャックことシャキール・オニールの息子シャリーフ・オニール。 シャリーフはclass of 2018の学年19位にランクされる有望選手で、父と同様NBA入りが期待される。 20 ブライアン・ショウ | 25 ウェイン・シミエン | 41 グレン・ライス | シャキール・ラシャウン・オニール(Shaquille Rashaun O'Neal、1972年 3月6日 - )は、アメリカ合衆国・ニュージャージー州 ニューアーク出身の元プロバスケットボール選手。 「Shaquille Rashaun(シャキール・ラシャウン)」とは、アラビア語で「小さな勇士」という意味である。 20 ゲイリー・ペイトン | 10 リンジー・ハンター | アンファニー・ハーダウェイ(Anfernee Deon Hardaway、1971年7月18日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれの元バスケットボール選手。バスケットボール指導者。NBAのオーランド・マジック、フェニックス・サンズ、ニューヨーク・ニックス、マイアミ・ヒートでプレイした。愛称は「ペニー (Penny)」。現在は、メンフィス大学(英語版)でヘッドコーチを務めている。身長2メートルの大型ポイントガードとして活躍。1996年にはドリームチームⅢのメンバーとしてアトランタオリンピックで金メダルを獲得するなどリーグを代表するスター選手の一人だったが、2000年以降は負傷によりプレイを制限され、以前のような活躍を見せることはなかった。, 幼少時に父が家族のもとを去り、母は歌手になるため実家を離れたため、ハーダウェイは祖母に育てられた。祖母はハーダウェイを「可愛い」という意味の "puitty" ("pretty" の訛り)で呼んだ。この呼び名が「ペニー」と聞こえたため、のちにあだ名として残ることになった。, 高校時代のハーダウェイはテネシー州を代表するバスケットボール選手で、大学は地元のメンフィス州大学(現在のメンフィス大学)を選んだ。大学1年の時には学業の不振により大学のチームでプレイできなかった。また同じ1年生の時にハーダウェイは強盗に銃で足を撃たれたことがあった。, 2年生になると成績が向上しチームへの参加が許された。ハーダウェイはチームを代表する選手として活躍し、シーズン後には1992年バルセロナオリンピックに出場する初代ドリームチームの練習相手として組まれた学生選抜に選ばれた。ハーダウェイ同様長身のポイントガードだったマジック・ジョンソンは、「鏡を見ているようだ」とハーダウェイを評した。3年生の時には平均22得点、8リバウンド、6アシストを越える成績を残し、プロ入りを決意した。, ハーダウェイがプロ入りする1993年のNBAドラフトではオーランド・マジックが1位指名権を持っていた。マジックはクリス・ウェバーを指名し、ゴールデンステート・ウォリアーズが3位でハーダウェイを指名したが両者はドラフト当日中にトレードされ、ハーダウェイはマジックに入団した。以後ハーダウェイは、前シーズンにマジックに1位指名されていたシャキール・オニールとともにチームの中核となった。1994年には "スコッティ・ピッペン・オールスター・クラシック" でマイケル・ジョーダンと組み、52得点を記録し、ジョーダンを再びNBAに呼び戻すきっかけとなった。, 1993-94シーズン、シューティングガードで起用されることも多かった。オーランドのファンは、ウェバーがチームに加入することを期待していたためハーダウェイには冷たかった。ハーダウェイの活躍により徐々にファンからも実力を認められるようになった。ハーダウェイは、例えるならばカモシカのような身体能力で、スリーポイントを打ったかと思えば、リングに切り込んで力強いダンクを決めてみせ、ジョーダン並みのダブルクラッチもやってのけた。細身でありながらも、どんなプレーも難なくやってのけるハーダウェイに、次期ジョーダンの期待をしたファンも大勢いた。 45 A.C.グリーン | コーチ:フィル・ジャクソン, 1 ドレル・ライト | 17 リック・フォックス | 55 ジェイソン・ウィリアムス |