最前線で活躍するサッカー選手は、莫大な額の年俸をクラブから受け取っている。特に欧州5大リーグでは代理人を説得させ選手を引き留めるために、クラブが高額な年俸を支払っているケースが多々ある。, 選手がその年俸に見合う活躍を見せれば、サポーターから不満は噴出しないだろう。しかし、そうでない場合は批判の対象となることが多い。フィナンシャル・フェア・プレー(FFP)など、経済的な足かせの多い現サッカー界では致し方ないだろう。, クラブ:アーセナル週給:35万ポンド(約5050万円)年俸換算:1820万ポンド(約26億2500万円), 2013年に当時のクラブ史上最高額でアーセナルに加入したエジル。移籍初年度は、マドリード時代に見せていた輝きをイングランドでも発揮。2015/2016シーズンはリーグ歴代2位の19アシストを記録した。, しかし、ウナイ・エメリ監督が指揮を執っていた2018/2019シーズンから出場機会が減少。出場機会が減ると同時に、パフォーマンスも落としていった。今シーズン途中まで構想外に近い状態にあったエジルだが、エメリ監督の解任1ヵ月前頃から先発に復帰している。今シーズンはリーグ戦16試合で1ゴール、1アシスト。ベテランの巻き返しに期待だ。, クラブ:トッテナム・ホットスパー週給:20万ポンド(約2880万円)年俸換算:1040万ポンド(約15億円), 昨夏にクラブ史上最高額でオリンピック・リヨンから加入したエンドンベレ。昨夏の市場では大人気銘柄の1つだった。同選手の年俸はエースのハリー・ケインと並びクラブの最高額となっている。, 攻守力の底上げが期待されたエンドンベレ。しかしながら、負傷に苦しむシーズンとなり、試合の中での存在感も薄くなっている。ジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を掴むことができず、復帰後もベンチを温める時間が長い。ポテンシャルは高いだけに、サポーターは活躍する姿を早く見たいはずだ。, クラブ:バルセロナ週給:25万ポンド(約3600万円)年俸換算:1300万ポンド(約18億7500万円), クラブ史上最高額でボルシア・ドルトムントからバルセロナに加入したデンベレ。ドルトムント時代には、将来のバロンドール候補として輝きを放っていた同選手だが、バルセロナでは負傷に苦しんでいる。, バルセロナの数少ないサイドアタッカーとして期待のかかるデンベレ。しかし、ハムストリングの負傷と筋肉系の負傷により出場したのはわずかに5試合(リーグ戦)。才能や実力に疑いの余地はないが、負傷がキャリアを狂わせる可能性も大いにある選手だ。, クラブ:マンチェスター・ユナイテッド週給:29万ポンド(約4180万円)年俸換算:1500万ポンド(約21億6000万円), 4年前に、当時の史上最高額でポグバを獲得したユナイテッド。ユベントスで輝きを放っていた同選手が、イングランドでも躍動するだろうと思われていた。しかし、その力を最大限発揮できていないのが現状だ。, 今シーズンは負傷に苦しみ、リーグ戦7試合の出場に留まっているポグバ。モチベーションの低下など、様々なネガティブな噂が飛び交っている状況だ。真偽はどうあれ、不甲斐ないシーズンを送っているのは事実。完全復活に期待したい。, クラブ:インテル(マンUからレンタル)週給:40万ポンド(約5770万円)年俸換算:2080万ポンド(約30億円), 2018年冬の移籍市場で、アーセナルからユナイテッドに移籍したサンチェス。ユナイテッドは同選手の獲得のために好待遇を用意し、年俸はそこそこ実力のある選手を獲得できるほどの額になった。, ただ、ユナイテッドのサンチェス獲得は失敗だったと言わざるを得ないだろう。同選手が18ヵ月間で記録したゴールはわずかに5つ。不良債権状態だ。年俸の高いサンチェスの引き取り手はなかなか現れなかった。しかし、ユナイテッドが年俸の3/4を負担することで、インテルへのレンタル移籍が実現している。, スター選手に愛される国、日本。メッシ、Cロナ、デルピエロ…親日家サッカー選手11選, Jリーグで最も高給取りな選手は誰? 1位は年俸6億円…Jリーガー年俸ランクTOP26, 知れば知るほど面白い。マンU、バイエルン、PSG…サッカークラブのエンブレム誕生の秘密【後編】, 各クラブを支える様々なオーナー。石油王、中華資本、実業家…各国ビッグクラブオーナー20選, サッカー、野球など130種類以上のスポーツに加え、スポーツ関連コンテンツが見放題!. 2020.01.26 2020.10.18 トッテナム・ホットスパーtakasaka, メガクラブと呼ばれているクラブに所属している選手は、年俸何十億という金額をもらっています。, レアル・マドリードでは、かなり高額の年俸をもらっていますが、怪我が多く、コンスタントに活躍できていません。, 今回は、高額年俸をもらっているベイルの年俸の推移について書いていきたいと思います。, 16歳275日でデビューをしたことで注目を集めました。デビュー時からインパクトある活躍を残し、2007年には多くのクラブが獲得に乗り出すほど!, その年の冬に、右足靭帯負傷し、長期離脱をすることになりましたが、ベイルの能力を高く評価したトッテナムは契約を延長。, 2009年には、膝の手術も行い、思うような活躍ができませんでしたが、2009-2010シーズンには完全復帰。, 2012-2013シーズンには、リーグ戦33試合に出場し、キャリアハイの21ゴールを決め、PFA年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀若手選手賞、FWA年間最優秀選手賞を受賞。, 移籍から3シーズンは、まずまずの成績を残せたベイルですが、2016-2017シーズンに足首を手術してから結果が伴わなくなりました。, 監督の構想外ということもありますが、年俸が高い割に見合った活躍ができず、レアル・マドリードサポーターから批判をされ続けています。, さらに、レアル・マドリードよりもゴルフとまで言われてしまい、ベイルは居場所がなくなっている感じがしますね。, そんな中、ベイルのもとに超高額のオファーが舞い込んできました。中国のクラブですが、高額年俸!, 現在も、レアル・マドリードに在籍しています。アレクシス・サンチェスも高額年俸のわりに活躍できずに批判を浴びています。, ただ、高額年俸を提示したクラブにも責任はありますので、選手をかばってあげなくてはいけませんよね?, 最近は、移籍のシーズンになると話題になるベイル。今後は、どこに移籍をするのか?注目です。, そんな、高額年俸をもらっているベイルですが、どんな年俸の推移をしてきたのでしょうか?, ただし、今後の年俸の推移は上がっていくのか?気になるところ。中東や中国に行けば年俸は上がるでしょう。, 欧州に残るのであれば、年俸の推移は下がるはず。ベイルの年齢や怪我が多いことを考えれば間違いなし!, サウサンプトンでの年俸を調べると、出ていませんね・・・。プロデビュー仕立てなので出ている可能性は低い。, ベイルが、デビューしたてとクラブの規模を考えれば、そこまで大きな額ではないと思います。, ここまでの年俸の推移は出ていないので残念です。ただし、レアル・マドリードへ移籍をしてからは年俸の推移は出ています。, レアル・マドリードに移籍後は、年俸の話は出ていませんでした。少なくとも、トッテナムでの年俸の倍いようであったはず。, ベイルのレアル・マドリードでの年俸は、2016年に契約延長をした際に出回りました。, 5年契約で、年俸が40億円!凄い金額ですが、この時のベイルであれば、もらっていても批判は出てこなかったと思われます。, ちなみに、週給換算で、約7660万円。税引き後、約4770万円という計算になるようです。, あるところでは、年俸21億円ぐらいと出ていました。契約内容が変わったのでしょうか?, これだけの年俸をもらっていて、活躍できないとなれば、レアル・マドリードサポーターは怒りますよ(笑), ベイルの年俸の推移は、ありえないことになりますね!普通は、30歳を超えると下がるもの。, 選手によって、年俸の推移は変わりますからね。ベイルの推移は成功者と呼べるものです!, 最後に、ベイルが中国移籍をした際には、どのくらいの年俸になるのか?書いていきたいと思います。, ベイル、レアル・マドリードにとって良い話あったが、怪我人の関係で話がなくなりました。, 先ほども書きましたが、レアル・マドリードでもらっている年俸の倍以上になりますからね!, 想像もできない世界の話です。これなら、ベイルは自宅のコースに新たなコースを作れますね。, できれば、もう少し、欧州で頑張ってもらいたい!ベイルには、それだけの力があるので!, この冬には移籍はなさそうですが、夏に話が出てくることでしょう。その時、どんな決断をするのか?楽しみですね。, 順調な年俸の推移をしていると思われます。ただ、この先、中国へ行くのか?欧州に留まるのかで年俸の推移が変わります。, お金に走るのもプロ選手なのでよいですが、もう少し、欧州の舞台でベイルの活躍を見たいですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.