APSのCO2マガジンは仰る通り、銀色のパーツを締め込む事によってCO2カートリッジに穴を空ける仕様になっています。, この蓋(マガジンベース)は、1個1400円程で売られているので、漏れたら修繕パーツを買うのが一番手っ取り早いかと思います。, お世話になります 本日注文のマガジンベースが到着、早速装着致しました銀色の部分を締めあげ穴が開くと同時に前と同じく漏れ始めましたなんででしょうね袋に入った状態できましたのでショップでは漏れ確認はしてないと思いますがスカを引いただけかなこれまでガスボンベ5本無駄にしてしまいました最終てきにマガジン買い替えたほうが早いですかねマガジンは漏れ確認しているみたいです。, 自分もマガジンベースは3個買って1個ハズレ(最初からガス漏れ)でしたり、他のユーザーからもちらほらそういった話を聞くので、個体差による当たりハズレは結構あるような気がします。, 確実性を取るなら、新品のマガジンを買い直すか、修理を依頼するの2択かと思われます。 それが、リコイルの衝撃で左側にズレていくという事。, これ、根本的にネジが緩いんですよね・・・。 ブローバックエンジン、即ちシリンダーの内圧が高まるとフローバルブが閉じ、チャンバー側にガスが流れなくなります。そしてさらにシリンダー内圧が高まる事でピストンが後端まで押し出され、ブローバックが完了すると同時に内圧が解放され、スプリングの反力でスライドが前進し、発射可能状態に戻ります。, ここで考えてみて欲しいのですが、初速を上げたい、つまりはチャンバー側へ流れるガスを増やしたかったらどうすれば良いか?という事です。 また情報楽しみにしております。, いつもありがとうございます。 まあ、ガスガンの内部カスタムの中では一番楽に交換でき、弾の伸び具合や集弾性の変化が直ぐに現れる部分ですね。 初速を上げたい場合、ロケットバルブのような開口部の大きいフローバルブに交換し、バルブスプリングを固いものに交換するのが手っ取り早いです。 メインウェポンは、センチネルナイン、HK45、AKです。 (プチ流速っぽいので鬼ホップの調整した結果、適正HOPだと現状は75と80となっていますが・・) 高圧ガスのリキッドチャージが可能かどうか(現実的であるかどうか)は不明です。, マルイのマガジン放出バルブ外して APSCO2マガジン放出バルブ入れ替え無理でした。Oリング硬く、マルイのと入れ替えると入るけど? ガス漏れします, マルイタイプのCO2マガジンに入っている放出バルブは高圧ガス用の物なので、CO2程度のガス圧が無いとしっかりバルブが閉鎖出来ず、ガス漏れを起こしてしまいますね。 LayLax NINE BALL インジェクションバルブ へ交換してみるぞ!! ガス漏れの位置をよく見ると、どうやらバルブの本体と、アルミのぽっちとの隙間から漏れているようです。 と言うことは、このバルブをさらに分解して、中を確認する必要があります。 バルブは一般的なガスガン用と同じサイズなので、レンチも一般的な物が使えます。 これがaps dragonfly bsp用のバルブ。 ガス放出穴は大きく切り抜かれているタイプで、ガス放出量を上げたカスタムバルブでよく見かけるタイプになっています。 わたしは、ライラクスさんのガスルートパッキンとタニオコバさんのバルブを愛用しています。, 分解が終わったら、シリコンスプレーをマガジンに吹き付け、綿棒などできれいに掃除します。, 後は、逆の手順で部品を組立てて完了です。 ここまではコインドライバーを使うことで分解する事が出来ます。 バルブは一般的なガスガン用と同じサイズなので、レンチも一般的な物が使えます。 これがaps dragonfly bsp用のバルブ。 ガス放出穴は大きく切り抜かれているタイプで、ガス放出量を上げたカスタムバルブでよく見かけるタイプになっています。 やっぱり、マガジンによって初速というか、ガスの放出量にばらつきはあるみたいですね・・・。 また、蓋の形もフロンガス用の物は平らなのに対し、CO2用は尖っています。, このように形状に違いが生じている理由は、CO2のガス圧が非常に高い為です。 79~80m/s程度で安定しました。, ノーマルの状態よりも初速は安定している印象です。 LayLax NINE BALL インジェクションバルブ へ交換してみるぞ!! 前回「ハンドガンのガス漏れ修理のしかた」の続きです。 前回は放出バルブの部分がガス漏れしている場合でしたが今回は 注入バルブ ここがガス漏れを起こしている場合についてご説明しますが、 放出バルブとほぼ一緒です。 私が愛用する長物ガスガン、マルイのm870ブリーチャー。久しぶりに手に取ってみると、どうもガス漏れしていることに気がつきました。マガジンからではなく、レシーバ… 放出バルブをバルブレンチで外します。 CO2のガス圧が掛かると。フロンガス用の放出バルブはまずOリングが完全につぶれてしまいます。 したるの巻! 東京マルイ Glock34の内部パーツを交換して、初速の変化を見ていきます | エボログ, 東京マルイのGlock 34をちょっといじってみました。 ちなみに交換する時にOリングに若干グリスを塗布しておくと良いです。, バルブを交換した状態での結果はこんな感じ。 ガスガンで使われるフロンガス(液体ガス)は気化する時に周囲の熱を奪います。 気化するガスの量が多ければ多いほどマガジンはよく冷えるので、ガスの放出量を増やす放出バルブを組み込む時はマガジンの冷え具合にも注意する必要があります。 バレルとチャンバーを弄った時から2m/s程度増えています。, 続いて弄ったのはピストンヘッド。 ちなみにHOPの量は目分量で適度に凸を出しているだけで、別に適正HOPという訳ではありません。 更に初速が上がりました。 修理 交換 分解 取付 レビュー!! 2.マガジン上部の分解. マガジン内のガスの量が減ってきたせいではなく、単純にマガジンの冷えが純正バルブの比じゃない位に早いという事です。, 真夏日であれば全然問題ないのかもしれませんが、春や秋等のまだ涼しい季節には辛いですね。 したるの巻! 左がマルイ純正、右がAプラス AirSoft製です。, フローバルブを交換した状態での初速はこんな感じ。 尚、自分は以前修理を依頼した所、新品のマガジンになって帰ってきました。(修理代は無償でした), こんにちは 放出マガジンバルブの、CO2とフロン用互換あるならフロン用のマガジンバルブノーマルから外してCO2のに取り替えて、デジコンみたいに? アダプターかいしてリキッドチャージすれば同じ様に撃てルカな?それだとロングマガジンにもいけるかなぁ これで上手いことBB弾をバレルの中央で保持してくれるハズ(あくまで理想論ですが), とりあえず、ここまで弄った状態での初速の変化はこんな感じです。 仕様でしょうかこの構造でしたら ガスブロハンドガンのメンテナンスや修理に! 初心者の方でもできるようにご説明したつもりです! LayLaxスタッフと共に、交換してみましょう! 見ての通り、穴の大きさがだいぶ違う事が分かると重います。, Aプラス AirSoft製のフローバルブは、東京マルイ純正に比べて多くのガスをバレル側に流すような設計になっているのが分かります。, 尚、こちらのカスタムフローバルブに付属してきたスプリングが妙に長い物で、組み込みに手こずったので結局スプリングに関してはマルイ純正を使うことにしました。 つまり、ガスの放出量が上がります。結果初速は上がります。, ガスガンで使われるフロンガス(液体ガス)は気化する時に周囲の熱を奪います。 !』 でございました(*゚Q゚*). 注入バルブは、オーリングがちぎれますので締め込み過ぎ注意してくださいね!, いかがでしたでしょうか? それより10m~20mのような近距離での集弾性の方が重要だと思っているので、それをやるには初速とHOPの安定化が重要だと思っています。, 前回、Glock 34をサバゲーで使ってみて見つかった問題点。 まず、シリンダーのポートから吹き込まれたガスは最初、ブローバックエンジンとチャンバーの両方向に流れていきます。 また、若干ですが初速が上がっています。, 続いて、マガジンを弄っていきます。 しかも、永久固定の方で。, まず、リアサイトの左右位置を調整するためのネジを目一杯まで回し続けて外してしまいます。 ガスブロハンドガンのメンテナンスや修理に! 初心者の方でもできるようにご説明したつもりです! LayLaxスタッフと共に、交換してみましょう! もちろん、マルイやKJ Works、WE等にさせば動かす事は可能です。(耐久性や初速に問題が起きてしまうので、使いたい人はそこら辺要調整ですが・・・), という訳で、マガジンをバラしていきます。 こちらも簡単に交換できるパーツですが、ガスケットの交換をしてみました。, 左が東京マルイ純正、右がライラクス製です。 締め上げると同時(ボンベに穴が開くと同時に)漏れ LayLax NINE BALL インジェクションバルブ へ交換してみるぞ!! ブローバックの反動も大きく違うのが気になりますよねぇ。 放出バルブをバルブレンチで外します。 !必要な道具・あれば便利・六角レンチ(ミリ)・バルブレンチ(Φ5mm)用・マルイ 低/高粘土グリス・その他必要工具・芋ケンピ・ブラックコーヒーなどなど(゚ω゚:), 仲間のM4A1箱出し1発目wMWS初めて触った色々ヤバ\( 'ω')/オレも早く買おうw pic.twitter.com/SSsNMy9iqM, ・LayLax (ライラクス) NINE BALL インジェクションバルブ ブラック, てな感じで今回は 『東京マルイ MWS M4A1 GBB マガジン ガス漏れ修理!! こちらもAPS DragonFlyに組み込んだ物を外して使ってみました。, ライラクスのダイナピストンヘッドの方は丁度いいサイズで問題ないなと思ったのですが、初速を測ってみるとなんだか残念な結果に・・・。 まず、バルブレンチを使って放出バルブを外します。, バルブは一般的なガスガン用と同じサイズなので、レンチも一般的な物が使えます。 したるの巻! 是非とも原因の解明よろしくお願いします。, いつもありがとうございます。 ただ、今回は「調整」とか「チューンナップ」とかそういうたぐいの物ではなく、あくまでパーツ交換による初速の変化を確かめる為の物になります。, で、ノーマルの状態での初速はどんなものなのかと言うと、これくらい。 当方もガス漏れで数本ガスを無駄にしております さて、問題は本体です。このオート9はハンマーが降りた状態で可動しない状態。 ググってみたけど特に同様の症例の修理情報なし。 というかエアコキと電動ガンは分解しまくってますが、なにげにガスガンは幼少の頃含めて分解したことなんざありません。 ガス漏れもないでしょうね ある程度出てきたら、ペンチなど挟めるもので軽く取れます。, ※マガジンによってはバルブレンチで注入バルブとマガジンバンパーを取り外さないとピンが露出しないものがあります。その場合は先に取り外しておきましょう。, 底部分を外したらマガジンフォロアーとバネが元気良く飛んで来るので、ゆっくり外してください。, ピンを外すと、マガジンリップ(写真右)とガスルートパッキン(写真左)が取り外せました。, これでガスルートパッキンや、放出バルブの交換が簡単に行えますね! 形状は同じですが、色が違うので”カスタムパーツが組み込まれている”という事がよく分かります。, ガスルートパッキン・エアロはガスケット内部の突起を丸めてガスの流れをスムーズにするという効果があります。 MAGPUL TYPE DYTAC ENHANCED AR MAGAZINE RELEASE & ACE 1 ARMS P-MAG FOR MWS GBB!! 当然、社外製品に交換すればなんでも良いという訳ではなく、パーツ同士の愛称はもちろん、弾やガス圧との愛称も大きく出るので、パーツ選びが難しい部位でもあります。, なぜこの2つのパーツを選んだのかと言うと、辛口なまこの2点の凸と参式滑空銃身の1点の凸を使った3点保持による弾の集弾性の変化を試してみたかった為です。, 普段ならマルイ純正バレルをそのまま使い、パッキンのみ自作の2点掛けの物(マルイ純正パッキンの凸の真ん中を削って2点がけにする)を組み込むだけなのですが、今回はちょっと冒険してみようと思いました。 また、ゴムハンマーでバルブを叩いてみましたがびくともしないので、恐らくハンマーノッカーがバルブを叩いてもガスは放出されないでしょう・・・。, ちなみに、ここまでで薄々気づいている方もいらっしゃるかと思いますが、APS DRAGONFLY BSPのマガジンは国内仕様にはなっていないと思います。 )のCO2マガジンを分解していきます。, APS DRAGONFLY BSP専用として販売されているマガジンですが、別に専用品ではなく設計は東京マルイのGlock用マガジンに非常に近しいです。 どうせ左右の調整なんてしないので、ネジロック剤で固定してしまう事にしました。 マガジンバルブ(放出バルブ)かガスルートパッキンからだと思われます。 マガジン上部の分解と清掃 どちらが悪いのか特定はできていませんが、各パーツ経年劣化もあるだろうということで、一度すべて分解してメンテナンスすることにしました。 まあ、イマイチならいつも通りの設定に変えます。, それと、APS DragonFlyに入れていたHOPダイアルも組み込んでみました。 82m/sだった初速がから87m/sに向上。+5m/sです。 東京マルイ MWS M4A1 GBB マガジン ガス漏れ修理!! そちらもマガジンのバラツキありましたか。 という訳で、割とタブーなネタかもしれませんがAPS DRAGONFLY BSP専用(? 2.マガジン上部の分解. その為、初速を上げたいならシリンダーの気密は上げない方が良いと思われます。 エアガンを直したり、遊んだりするブログにしたいなぁそして時々、ミニカーとかチョロQとか水族館とかキャンプとか、、、色々楽しみたいなぁ玉子は焼きません!, WA M92FS スーパーブローバック マガジン修理 | たまごやきの玉子焼かないブログ, この頃のガスブロに使われているマガジンは、ガス漏れが酷いという噂を耳にしておりました。, しかし、私の個体は予備マグ含め、大きなトラブルもなく順調だったのですが、ここに来て噂通りの症状に見舞われました。, 我が家には3本のスーパーブローバックのマガジンが有りますが、1本は放出ノズルが無い、ジャンク品です。, おそらく左のものが古いタイプ、右の物がリファインされたものでは無いかと思いますが、定かでは有りません 笑, 四角いパッキンを煮て、シリコンにつけて、シールテープ巻いて、パッキンつけて終わりです。, ガス漏れの位置をよく見ると、どうやらバルブの本体と、アルミのぽっちとの隙間から漏れているようです。, バルブの溝にシールテープを貼ってかさ上げし、Oリングは、煮てからシリコンに漬け込みました。, これで、この古いガスブローバックは、マガジン2本体制で今後も遊べそうです(o^^o), 今回修理したWAのM92FSは、私が初めてジャンクから起こした記念すべきエアガンです。, ラッキーなことに、マルイのM92Fはマガジン4本(元々あったマガジン1本を追加して)体制となったため、次回のゲームでは本格的に投入したいと思います♫. て来ます。 LayLax NINE BALL インジェクションバルブ へ交換してみるぞ!! ガスの放出量やガス圧等は海外製のAPSのCO2マガジンと同じだと思います。, 続いて、ガスルートを見ていきます。 87m/sから95m/sと8m/sも上がってますね。, ガスの放出量が増えるタニオコバ製のブラックバルブと、バレル側へ流れるガスの量が増えるAプラス AirSoft製のカスタムフローバルブの相乗効果でしょうか。 購入 開封 取付 検証 レビュー!. 左がAPS DRAGONFLY BSP、右が東京マルイ。, ただ、形状は同じなので東京マルイのガスルートパッキンをAPS DRAGONFLY BSPに取り付ける事は可能です。, マガジンフォロワーやフォロワースプリング等も外して行きたかったのですが、こちらはピンが抜きづらい構造(貫通タイプではなくて片側から圧入されるだけの構造)だったので、分解はしていません。, という訳で、APS DRAGONFLY BSPマガジンの分解レビューはこんな所です。, ちなみに、APS DRAGONFLY BSPのマガジンはマガジンによって初速が大きく変動する疑惑が私の中で浮上しており、まだ色々と検証中の状態だったりします・・・。 でも、ガスシートパッキンいかれる可能性有るか?以前KSCのグロックマガジンでそれ単体で混合ガス入れっぱでなったから, 仰る通り、通常のマガジンの放出バルブをCO2用の物に交換する事は構造上は可能です。 正直これは必要ない気もしますが、何となく・・・。, という訳で、こんな感じに面白い感じに3つの凸が出来上がりました。 初速が一気に上がりました。 というか、CO2カートリッジを詰め替える為には必要な分解です。, ここからが特殊な工具を使う必要がある箇所です。 これはバルブ本体が飛び出しているのではなく、蓋が通常以上の圧力で押された結果、Oリングを潰してしまう為、このように1mm程バルブが飛び出しているようです。, この状態だとバルブがグリップ内に干渉してしまい、マガジンを銃に収める事が出来ません。 一方、本来シリンダーの気密を上げる事によって生まれる効果は何かというと、初速ではなくフローバルブの閉塞を早め、少ないガスでブローバックを行えるようにする、という事です。つまり、低燃費志向のカスタムなんです。 HILOG ORIGINAL 3D マグリリースボタン簡易的交換ツール制作!! 次にマガジン上部のピンを取り外します。 ピンを外すと、マガジンリップ(写真右)とガスルートパッキン(写真左)が取り外せました。 3.放出バルブの取り外し. APS DRAGONFLY BSPのマガジンを分解、使われているパーツを見ていきます | エボログ, 分解防止対策がされていないのであれば、バラすのが一番でしょう。 次にマガジン上部のピンを取り外します。 ピンを外すと、マガジンリップ(写真右)とガスルートパッキン(写真左)が取り外せました。 3.放出バルブの取り外し. 初速が9m/s近く下がってしまいました。, この後、グリスの種類や量を変えてみたり、Oリングのサイズを変えてみたり色々試したのですが、大きな変化は見られず初速は下がったままでした。 こっちも2本のマグが最弱HOPで初速85と90と大きく差がありました。 夏場は問題ないかもしれませんが冬場などガス圧が低下した時ではスライドの動作不良を起こしそうな気もします。, 最後に、マガジンの放出バルブを交換してみました。 これがAPS DRAGONFLY BSP用のバルブ。, ガス放出穴は大きく切り抜かれているタイプで、ガス放出量を上げたカスタムバルブでよく見かけるタイプになっています。, CO2マガジンを何度か見たことがある人なら見慣れた形状だと思いますが、いわゆるフロンガス用の放出バルブとは形状が若干異なります。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. とりあえず、手元に初速が異なる3本のマガジンがあるので、バルブやガスケットなどを入れ替えてどこが原因なのかを探っていこうと思っています。, 初めまして、いろいろ参考にさせて頂いております。 ガス漏れの時にも活躍しますので、持っていない方は手に入れておきましょう!, サバゲ歴4年 物書き歴0です。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. フローバルブはノズル内に組み込むバルブで、バレル側に流れるガスの量と、ブローバックエンジン側に流れるガスの量をコントロールするためのパーツになります。, 左は東京マルイ純正で右がAプラス AirSoft製になります。 修理 交換 分解 取付 レビュー!! どう見ても動作不良しか起こさない気がしたので、こちらの検証は中止。, もう1つはライラクスのダイナピストンヘッドを試しました。 気になるような初速のバラつきも無く比較的安定しています。, ただ、初速が上がった分、若干ですがブローバックのスムーズさが無くなってしまいました。 これで紹介している先のとがったバルブは 修理 交換 分解 取付 レビュー!! その後、ネジ山にネジロック剤を塗布して戻します。, 最近知り合いがグロックを購入したのを期に自分もガスブロが欲しくなり、どうせならカスタムも楽しもうと思いマルイGBBの基本的な構造について少し研究してみました。, ガスの流れは次のようになります。 以前、APS DragonFlyやWE Glock17に組み込んだ時は初速UPに貢献していたのですが、相性の問題なのかGlock 34には合わなかったようです。, WE用パーツですが、Aプラス AirSoftから出ているカスタムフローバルブを試してみます。 修理 交換 分解 取付 レビュー!! 今回試してみたのはタニオコバ製のブラックバルブです。, Aプラス AirSoft製のカスタムフローバルブと同様に、穴が大きいです。 気化するガスの量が多ければ多いほどマガジンはよく冷えるので、ガスの放出量を増やす放出バルブを組み込む時はマガジンの冷え具合にも注意する必要があります。, 正直、そこら辺でいい塩梅が取られているのがマルイ純正の放出バルブな気もしますが・・・。, こちらのパーツは工具(バルブレンチ)さえあれば簡単に交換できるパーツなのでサクッと交換してしまいます。 東京マルイ MWS M4A1 GBB マガジン ガス漏れ修理!! ガスルートはマルイなど一般的なGlockマガジンと同じでピン1本で固定されているので、ピンポンチを使って簡単に外す事が出来ます。, ガスルートパッキンは東京マルイのとほとんど同じ形ですが、若干穴の大きさが東京マルイに比べて狭いです。 これは中々に良いデータが取れた気がします。, 今回、5発撃っての最大値を掲載しているので、”初速が上がった”という結果になっていますが、3発目辺りから急激に初速が下がり始めました。 左からAPS DRAGONFLY BSP、WE Glock、KJ Works Glockの放出バルブ。, バルブの蓋の部分がかなり特徴的で、フロンガス用のバルブは蓋にOリングが付いているのに対し、CO2用(APS DRAGONFLY BSP用)のバルブにはOリングは付いていません。 よろしくお願いします!. マガジンに締め込んでから底を叩いて穴を開ける さて、問題は本体です。このオート9はハンマーが降りた状態で可動しない状態。 ググってみたけど特に同様の症例の修理情報なし。 というかエアコキと電動ガンは分解しまくってますが、なにげにガスガンは幼少の頃含めて分解したことなんざありません。 前回の記事、「ガスハンドガンの簡易メンテナンス」では本体の簡単なメンテナンスを紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?, 用意する物は、バルブレンチ、ピンポンチ、ペンチ、ハンマーの変わりになるもの、シリコンスプレー。それに加えて綿棒 など拭き取るものあれば準備万端です。, 初めに底のピン2本を外します。 放出バルブと注入バルブは、取り付ける前にシリコンスプレーを一吹きしましょう。 バルブレンチがあればマガジンのメンテナンスは簡単だと思います。 ガスガンだと連射するとガス圧が低下して連射出来なく成ります。 従って、電動ガンが良いです。 東京マルイの電動ハンドガンM93R、グロック18C、H&K UPKの3種が発売されています。 命中精度ですがどれも大差有りません。 やはりバルブの銀色の部分からと思います また、個体によってはガスルートの気密が向上し、初速が大幅に向上する事もあるパーツになります。, 結果、初速は更に向上。 ピストンの気密を上げると、シリンダーの内圧が即座に上がるようになるため、フローバルブが閉塞されるまでの時間(即ちチャンバー方向への吐出が行われる時間)が結果として短くなるのです。 76m/s~78m/s程度という結果になりました。, まずはチャンバー、バレル周りから。 WEやBELLなど他社メーカーも同様の仕様です。, ※コメントは管理者の承認を受けてから公開されますので、コメントを投稿頂いても直ぐには表示されません。管理者がコメントを確認するまでには数時間〜1日程度時間を要しますので、コメントの反映まで暫くお待ち下さい。尚、不適切と思われるコメント(スパム、悪意のある内容など)は公開されません。, 【イーグル模型】 EAGLE FORCE ガン用バルブレンチセット(3本SET) #5299★1セットでWA/KSC/マルイのガスブローバックガンに対応!. 金をかけるな、手間をかけろ!ガンショップがない、よしホームセンターで調達だ!!弾がなければフリーズだ!!!, 東京マルイ M870ブリーチャー ガス漏れ修理 | これは遊びだ!マジでヤレッ!!, マルイのM870は、レシーバー内に大きな気化室があるため、そこから漏れているのかと思います。, また、夏場の初速の上がりすぎ防止策として、ガスが高圧になると排気する仕組みになっているとか。, 分解過程で、ガス漏れの可能性がありそうなOリングは片っ端からグリスアップしておきます。, マルイのM870は、ガスルート中にバイパスが多すぎて、どこからガス漏れしても不思議ではありません。(^_^;), ハンマーで押し出され解放されたバルブは、セットされた太~いリターンスプリングで押し返されて閉鎖します。, 気化室内の圧力が上がりすぎると、バルブリターンスプリングのテンションが負け、自動的にバルブが解放されるわけです。, バルブリターンスプリングの下にOリングを噛ませて嵩増し、リターンスプリングのテンションを上げてみます。, この状態でシリンダーだけ組つけてみると(メカボを開け絞めするのが面倒で……)、ガス漏れは感じませんでした。, 気化室からガス漏れする場合、バルブリターンスプリングのテンションを上げることが有効なようです。, しかしこれ、室温だから大丈夫ですが、夏場の屋外はやはり漏れるかもしれませんね。(^_^;), また、リターンスプリングのテンションを上げた分、ハンマースプリングが負けて初速の低下に繋がる恐れもあります。, この負圧弁が、銃身内の弾が一定まで加速するとバレルを閉鎖することで、不要な初速アップを押さえます。, そのため、M870は、3発発射モードと6発発射モードを切り替えた際の初速低下が意外と少ないのです。, そのため、発射モードを切り替えても弾道が大きく変わらなかったり、3発時は余分なガスをカットするので燃費があがるのですが、せっかく出せるパワーを押さえてしまってはもったいありません。.